FC2ブログ
緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオヤイヒルクライム第6弾
今回は走遊会からS氏、E氏そして最近ロードバイクを購入したJOGNOTE仲間(TREK仲間でもある)のnorizouさんとtazaさん5名でカオヤイヒルクライム。
S氏には、前日の走遊会合同練習を雨・風邪気味で見学した事を、今回の勝負?の為と脚の温存疑惑を掛けられ牽制してくる。
今回もS氏に引っ張ってもらい、ペダリング、ギアチェンジのタイミングなど勉強させてもらおうと思っているだけなのに…。
S氏の提案でE氏、norizouさん、tazaさんが5分先行でスタート。
そして5分後にS氏とスタート。
しばらくS氏の後ろにつけるが、ずっと風避けになってもらっては悪い(卑怯な)感じがして、上り坂で前に出る。
S氏は前半温存して後半勝負を掛けてくる策なのか?ぴったりついてくる感じでもない。
8km付近の上りでtazaさんに追いつく。
やはり2週間前ロード購入、前日ビンディングペダル、シューズ購入、これまでの走行距離40kmでのカオヤイ・ヒルクライム挑戦はマラソンで鍛えた心拍機能、脚でも辛そう。
僕が初めて来た時と同じくカオヤイの洗礼を浴びている。
9km付近でE氏。
走遊会の飲み会で、泥除け、スタンド付きと酷評されたクロスバイクでかなり健闘している。
しかもビンディングなし、ランニングシューズでたぶん引き足は全く使えていなにのに。
バイクとペダルを換えたら、どれだけ速くなるのだろう。

10km付近のタイムが31分台。
前回の暑さから比べれば、ボトルの水もまだ若干冷たさを感じるし、気持ちよく走れている。
時々後ろを確認するが、S氏の姿はまだ見えない。
それより先行するnorizouさんの姿が全然見えない。
恐るべしTREKマドン+マラソン脚力。
このまま逃げ切られるのか?と不安になる。
18km付近の上り坂でようやくnorizouさんを捕まえた。
何とかロードバイク暦1年先輩の面子は保った。
次回負けたらバイクの値段のせいにしよう。。。
まだ脚は残っているし、S氏の気配も感じない。
やはりS氏は前日のマラソン大会で10kmの後、ロードバイク20km,夕方走遊会練習会と疲れが残っていたのだろう。
今日はS氏に勝てそうだ。
勝つなら、1時間20分を切ってと思って、時間を確認するとすでに1時間23分をまわってしまっていた。
結局1時間24分50秒でゴール。
期待した好タイムが出なかった。。。
でもS氏からの初勝利は嬉しい。

20120813-2b.jpg
【トレック仲間3台。ただし自分が撮った写真では識別不可能…】

20120813-1b.jpg
【こちらはnorizouさんに撮ってもらった写真 有難うございましたm(__)m】


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

カオヤイヒルクライム第5弾
一人ぶらりとカオヤイへ。
朝起きて思いつきで来た為、すでにプラチンブリ側ゲート手前のホテル到着が午前11時を過ぎていた。
もっとも暑い時間帯。バンコクではこの時間からの練習はまず無理だろう。
カオヤイならば追い込んだ練習ができると、恒例のタイムトライアルを強行。
バイクの準備をしていると何故か、タイヤが入らない。
ブレーキシューの間隔が狭すぎる。
20120721-1.jpg
いつもの事だが、車のトランクにバイクを積んできたので曲がったのか?
ノーブランドのブレーキだから、それなりの剛性なのか?
いろいろボルトをいじって調整し、ブレーキのワイヤーの張りを代えてみたら、それなりに戻った。
こんな足止めがあり、ヒルクライムスタートはすでに正午近い。
やっぱり暑い。
ヘルメットの中も熱気がこもる。
水を頭からぶっかけたいが、そうすると飲み水が不足する。
やはりカオヤイでもこの時間からの練習は無謀だ。
チェックポイントで引き返そうかと誘惑が生まれる。
灼熱のパタヤマラソンで何度も歩いた事を思い出し、こうしたメンタルの弱さがあっては速くなれないと鼓舞する。
チェックポイントは32分を過ぎていた。
いつもより2分ほど遅い。
前回の1時間21分台というベストを出した時は、やはり走遊会Sさんの引っ張りがあったからだろう。
ペース配分、ギアチェンジのタイミング、ペダリングなど参考にしながら走れた。
途中、頭の中がしびれる感覚に襲われる。
酸欠か…。
あまり無理しないで走ることにすると、若干楽になった気がした。
そしてタイムは1時間27分台。
まあ1時間30分は切れたから良しとする。
20120721-2.jpg

20120721-3.jpg

休憩後パクチョン側へ。
ここからは気負わずゆっくりと。
だけど今度は後ブレーキが効かない。
ビジターセンターで止ってみてみると今度はブレーキとリムの隙間が広すぎる。
またワイヤーの張りを直して出発。
スタートから40km付近のビューポイントで引き返す。
20120721-4.jpg

途中食事をして、戻る途中に寄ってみたいところがあった。
ここから11kmが本当のカオヤイ登頂ヒルクライムの入口がここらしい。
20120721-5.jpg

とりあえず行けるところまで行ってみよう。
最初は、緩やかな下りが続き、本当にヒルクライム?道間違えてる?と疑心暗鬼で進む。
それが、動物?の置物が沢山並んでいる家を過ぎたあたりから道幅が細くなり、上りが続き、おまけに所々舗装が悪い。
20120721-6.jpg

まだ先は上りが続いてそうだが、入口から5km進んだところできりがいいと表向きの理由で、内心は怖気ついて引き返す事にした。
下りは恒例の象渋滞につかまったが、トータル90km走行。
疲れたが思う存分バイクに乗れて満足。

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

カオヤイ ヒルクライム 第4弾
20120623-2.jpg
バンコク トライアスロン以来バイクに乗る時間が無かった。
2週間ほど間があくと無性にバイク乗りたくなる。
休業日となる土曜日が待ち遠しい。
思う存分バイクを楽しむ為、カオヤイでのヒルクライムを計画。
当初一人の予定だったが、前日走遊会S氏から仕事の都合がつき行けそうとの知らせあった。
自転車好きが集まるプラチンブリ側料金所手前のホテルで待ち合わせ。
他にハイソっぽい数人のタイ人が高級バイクの準備をしている。
その中にS氏がペダリングを伝授してもらったというタイロードバイク界で有名な日本人K氏がいて、挨拶。
K氏の話では、今日はパクチョン側ゲートまで往復する為グループでゆっくり1時間20分くらいかけて上るらしい。
1時間30分の実力の自分にとっては次元の違う話。
でもS氏は何処までついていけるか試したいらしい。
それに上手い人の後ろにつけば、ペダリングやギアチェンジのタイミングなど勉強になるとのこと。
そしてヒルクライム開始。
自分は皆の邪魔にならない様最後尾からスタート。
S氏が頑張って先頭の5人くらいのグループについていっているのが分かる。
バイクやバイクジャージをみると格段に速く見えても、中にはそんなに速くない人もいた。
2~3人序盤で追い抜く。
今日の課題は、後半までペース配分を考え、何としても1時間30分切りを果たす。
そのうちS氏が見えてくる。
スタートから集団に着いて行っていてバテてるのか?しばらく後ろにつく。
自分の存在をアピールしようと、上り坂で前に出る。でも下り坂で差を縮められ再び前に出られる。
12km付近のチェックポイント。
通過が30分切るか切らないかのタイムで通過。
このままバテなければ1時間30分きれる。
そして前回1時間23分で走っていたSさんに出来るだけついていけば1時間30分切りは確実。
その後も隙を狙って2度ほどS氏の前に出るが、すぐまた前に出られる。
まだバテてないようだ。
25kmくらいまでついていけた感じ。
そこから長い下り坂が続いてノーマルクランクとコンパクトクランクのギア比の差が出たのか若干差が開く。
最後の上りはたち漕ぎが出来るだけの体力が残った。
そしてS氏の背中もまだ見える差でゴール。
タイムはS氏の1時間20分台に対し1時間21分台。
(スタート直後ストップウォッチの操作にもたつきはっきりした秒までは計測できず。)
あれほど苦労してた1時間30分の壁が何故かいとも簡単に越えられた。
しかも10分ほど大幅短縮。
かなりうれしい結果。
前にお手本となるペースメーカーがいたからだろう。
たぶんひとりではこのタイムでは走れなかっただろう。
それにしても1時間20分くらいでゆっくり走るはずの集団は何処へ。
全く見えなかった。まだまだ速い人達がいることに感心。
20120623-3.jpg
【昼食後シカに遭遇】
20120623-1.jpg
【帰りの下りの途中、野生の象の群れに遭遇。危険なので森に戻るまで足止め】

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

カオヤイ ヒルクライム 第3弾
バンコク走遊会の特別練習会として企画されたカオヤイ30km走。
今の自分にはアップダウンの激しいカオヤイを30km走れる自信がない。。。
そんな中、走遊会S氏が抜け駆けして自転車で登るらしい。
自分も便乗して、抜け駆け走遊会メンバー5名でヒルクライム。

3度目の正直で、今回こそ1時間30分切りを達成したい。
1週間前の反省。シッティングでの登りにこだわりすぎ、12km付近のチェックポイント通過タイムが35分台と遅すぎた。
今回は、ダンシング+シッティングの組み合わせで、勾配のきつい序盤頑張ること。
中盤以降は何とかなるだろう。

S氏を先頭にスロースタート。
このペースではチェックポイント通過タイムが遅くなることを心配し、序盤からダンシングを多用し、S氏の前へ出る。
どんどん攻めて、結構行けると自画自賛。
それでもS氏がじわじわ差を詰めてきて、8km過ぎにパスされる。
その後もじわじわ離されるが、12km付近のチェックポイントは31分弱。
今までで一番良い。しかも先週と比べ、序盤で4分貯金ができた。
1時間30分切りは余裕だろう。

ところが20km過ぎるとかなり苦しくなる。
何度も目の前が白く感じ、意識失うのではという恐怖を感じる。
小雨で若干救われた感じはあったが、思うようにスピードに乗れない。
そのままゴールして、タイムは1時間30分53秒。
また切れなかった。。。

近くのビジターセンターで食事を済ませ、走遊会30kmRUN組みゴール地点で遭う。
皆、平然と完走してくる。すごい。

RUN組と挨拶して別れ、ゆっくり下る。
途中S氏に自分の乗り方を見てもらう。
引き足が十分に出来ていない様だ。
S氏の教えでは、う○こを踏んだとき、靴の裏のう○こを地面にこすりつける様にペダリングするとの事。
自分のはペチャペチャその場でう○こを踏んでいる感じらしい。

次こそは、う○こ走法で1時間30分切りを目指す。
IMAG0770.jpg

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

カオヤイ・ヒルクライム 第2弾
20120428-1b.jpg
久し振りに一人自転車でヒルクライムに挑戦。
前回のタイムを更新し約30kmを1時間30分切りが最低限の目標。
前回はランニングシューズでフラットペダルだったが今回はペンディングペダルが威力を発揮してくれるだろう。
どれだけタイム短縮できるか楽しみ。

20120428-2b.jpg
12km付近の滝の入口。
ここの通過タイム30分前後ならば1時間30分切りの目安となることを前回教わった。
しかし中々辿り着けず、時間が過ぎる。
通過タイム35分過ぎ。
前回のランニングシューズ+フラットペダルでの通過タイム32分より遅い…。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

引き足が使えるのになぜ?
増えた体重のせい?
心拍機能の低下?
理解に苦しむ。

後半挽回もできず、1時間31分。
前回よりわずか1分ほどしか短縮できず、、、

20120418-3b.jpg
【タイムアタック終了後の休憩場所】

20120428-4b.jpg
【タイムアタック終了後はゆっくり8km離れた滝へ。
またこの坂で自転車を降りて歩いて上るという屈辱を味わう】

本日の走行距離 77km

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。