緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パタヤ・マラソン(前編)
pattaya marathon 2008

今年前半のメイン・レース“パタヤ・マラソン”
昨年に続き二度目の参加。
昨年は5時間以内を目指していたのに結果5時間5分。
その悔しさから、雪辱を晴らす為、バンコク走遊会に入会。
このパタヤを克服する為に、1年間それなりに頑張ってきた。
今年の目標
サブ3.5達成できれば、めでたし。あわよくば、T本会長に勝てれば大満足。
自己ベスト(’07バンコク3:45)更新できれば、まずまず。
最低限サブ4。
パタヤ前々週の30kmレース、前週の10kmレースも満足の結果が出せて、調子は上向きで臨めた。

パタヤ市内にはいると、のぼりや横断幕がたくさん見られ、結構な盛り上がり。
スタート午前4時30分。
午前3時に起きてご飯を食べて準備しないといけないから、6時間の睡眠時間を確保するために、逆算して午後9時には寝ないとと思ったのが…

全然寝れない。  

結局、寝た気がせず、気がつくとはげしい雨と雷の音が。

ホテルからスタート地点まで、1km弱。
ウォームアップを兼ねて歩いていこうと思ったが、ホテルの前の道が水浸し。
歩きは諦めてソンテウで会場に向かう。
スタート1時間前についたが、ここもスタート付近の道路も足首まで水が溜まっている。
小雨になって道路の水も引き、スタート時間も迫るが、今度は会場の準備が整っていない。
スタート地点に並んだが、なぜかフル参加の人は、ゼッケンに(濡れるとすぐ消えそうな)スタンプを押せと意図がわからないアナウンス。
しかもスタンプを持った係員は2名くらい。
大勢のランナーが詰め寄りとても対応しきれていない。
そんな中いきなりスタート。
僕を含めた大半が(チップ計測だから、どうにかなるだろうと)スタンプを諦め、走り出す。
序盤は、スローペースを心がける。
距離表示がみつからず、どれくらいのペースで走っているのか分からなかったが、走遊会T本会長やM谷さんの集団ができていたので、(集団に混ざると、プレッシャーがかかると思い)後ろ50~100mくらいをついて走る。
10kmの表示をみつけ50分19秒で通過。さすが会長、ぴったり5分ペースで走っていると感心。
13kmくらいで折り返し。
たぶんここからT本会長がペースをあげたのか?前の集団のペースがあがる。
僕もついていくためにペースをあげる。
このペースで最後まで走りきるの?と思いながらも、15kmくらいで前の集団がばらけた。
T本会長に、これ以上離されたら勝負できないと思い50~100mの距離を保っているうちに、T本さんとずっと並走していたM谷さんをこっそり追い越す。
その後も、スクンビット通りの緩やかな上り下りの繰り返し。
去年は、この辺で力尽きたなと思い出す。
今年は、30kmを中間点と肝に銘じ、ジョムティエンの丘を克服したいと頑張る。
でも25km過ぎから、徐々にT本会長に離される。
またペースアップ?と思いながらも、ここからは、ついていけずどんどん離される。
まったくペースが落ちる気配なし。

この時点で、完敗を確信。
足元にも及ばず  。

ここからは、勝負を諦め、自己ベストを目標に走る。
そんななか、

お腹が減った…。

給水所は20km過ぎから1kmごとにあったが、置いてあるのがのが水とスポンジ。
この雨の中スポンジ必要?それよりスポーツドリンクが欲しいと思いながらも、途中で見かけたスイカを取らなかったことを後悔。
(それよりアミノバイタル(粒状)をホテルに忘れてきたことを、もっと後悔)
エネルギー切れを心配しながらも、30kmをおよそ2時間25分で通過。
サブ3.5ペースで貯金はたったの5分。

この時点で、サブ3.5達成は微妙…。

(続きは後編へ)
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/90-8e8a9873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。