緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントン・スーパーハーフマラソン 久しぶりの30km。
5月4日(日)。5日(月)の国王即位記念日とタイは連休で、近場のルンピニ公園で開催される10kmの大会に連日参加するつもりでしたが…。
 アユタヤの北に位置するアントン県でも、31kmレースがあり、しかも5歳刻みのカテゴリで参加人数が少なく入賞確率の高い大会という情報を前日に入手。
7月開催のパタヤ・フルマラソン前に30kmくらい走って実力を試すのもいいだろう(気持ち1%)、先週取り損ねたトロフィーがほしい(気持ち99%)で、早起きしてアントンに向かいました。

大会パンフレットを熟読しておらず、スタート地点の寝仏陀があるお寺へ。
アントン市内を通り過ぎ、たぶんこの先だろうと思っているとだんだん道が細くなり、道を間違ったか?と思って戻ったり、辺りをぐるぐる回ってもわからずスタート時刻がせまり次第に焦りが。
なぜか午前3時ごろに開いている食堂を見つけ店員に聞いてみると、店長らしき人のタイ語と英語の混ざった説明でようやく分かりました。
 会場に着いて、慌てて受付を済ませたがここで回りの様子がなんか変。
そろそろチャックイン時刻なのに人が少ない。
テントに泊まっているタイ人が余裕でテントを片付けたり歯を磨いていたり…。
そこで受付にスタート何時?と聞くと午前4時45分とのこと。
(ここでパンフレットに書かれていた午前4時の受付時間開始をスタート時間と勘違いしていたことに気付く。)
おかげで入念なストレッチを終え、スタートできました。

久しぶりに参加者の少ない大会で田舎道。
序盤は真っ暗で、はぐれない様に集団を見つけて走りました。
集団の中に頭にライトをつけて走っている人がいて、大変助かりました。
6人ぐらいの集団のなかで、自分のゼッケンを意識して走っているランナーがいて、彼のゼッケンを見ると同じカテゴリー。体型も細身で速そう。
しかもこの集団のなかで意図的にペースをあげたり、落としたりの繰り返しでかなり余裕がありそう。
徐々に集団がわかれ、僕と彼が前に出る感じに。
しばらく併走する間も、彼は給水を取ってくれたり、追いかけてきた野良犬を追い払ってくれたりとても紳士的。
11.5kmの折り返しで、順位確認。
なかなか同じカテゴリのランナーが見えず、ここで僕らが1位、2位争いをしていることが分かりました。
だけど、この折り返しを過ぎると彼が今まで以上にペースを上げ、すぐに取り残されました。
その後、徐々にペースが落ちていくランナーを3、4人抜き、21.5kmの折り返しで、また順位確認。
現在2位。ここで入賞確信。
ここからは、前後のランナーの間隔がかなり開き、孤独な一人旅です。
田舎の情景に癒されながらも、だんだんペース維持が辛くなりました。
時計をみながら何とかキロ5分を維持できる様、踏ん張り。
途中ずっと左足人差し指の爪がはがれそうな痛みと、ふくらはぎの張りで、また肉離れなどで棄権がよぎりましたが…。
なんとかキロ5分ペースを維持して、ゴール。年代別2位入賞。
(表彰式中も同年代は4人しか完走しておらず、たぶん走れば入賞していたことがあとでわかりました。)

タイムを振返って、このペースを維持してフルを走れば、今年の目標の3時間30分内は狙えそうですが、30~35kmの壁を乗り越え、このまま残り11kmをペース維持できるかと考えると、とても心配です。


【レース経過】
5km 23’51’’ (4’46”/km)
10km 47’48” (4’47”/km)
15km 1:11’17” (4’42”/km)
20km 1:36’23” (5’01”/km)
25km 2:01’10” (4’57”/km)
30km 2:26’15” (5’01”/km)
31km 2:30’42” (4’27”/km)
(Ave. 4’52”/km)

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/71-4cee272e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。