緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



TRI DASH July 2017
2週間前のチャレンジでのハーフディスタンス年代別優勝の達成感から燃え尽き症候群に陥らないためにTri Dashに申し込んでみるが…
もしこのDashで今までずっと目標としていた年代別、総合優勝を果たしたとしてもあの達成感や感動は味わえるのだろうか?
オリンピックディスタンスの半分以下の距離の為、完走できるかどうかのプレッシャーもない。
なんとなく練習に身が入らない。惰性での参加となってしまった。

スイムは最終組の一番スタート。
最終組は皆レベルが高く、左右を泳いでいる人が先行しているのが分かるし、自分の10秒後でスタートしている人にも追い抜かれる。
しかも左のレーンは見た目は速そうにもない白人女性。
きっと自分のテクニックはまだまだ未熟なのだろう。
それでも800m程度では大差つかず、バイクでのトランジションが込み合う。
短い距離の為トランジション時間を節約すべくペダルにシューズをつけて漕ぎながら履く戦法をとるも
履くのにもたつきペダルからシューズが落下、大会スタッフに拾ってもらう事になる。
もうこの戦法は封印しようと心に誓う。
バイクのレベルも似通っているのか込み合い、道幅の狭い区間では前後にバイクが連なり行き場なくほぼドラフティング状態。
20170709 Tri Dash-04b
20170709 Tri Dash-07b
【醜いお腹も凹まさなければ(汗)】

そしてラン。
前回の様に太ももに張りを感じることなく走ることができた。
20170709 Tri Dash-01b
しかしスイムで10秒後スタートですでにスイムで追い抜かれている人が2~300m先行しているのが分かる。
彼もまた速いペースで追い越して10秒差をつけるのは無理。
総合1位の可能性は無くなった。
せめて年代別で…と思うも
上位5名が同じ40代で自分は総合4位、年代別4位という結果。
20170709 Tri Dash-02
タイムはまた1時間6分台。
1時間6分を切りたい。
そして年代別優勝、総合優勝へ。
まだまだ課題が多いぞ…(汗)
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/385-7d7a5ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)