緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



ホアヒントライアスロン2016
今年のトライアスロンはこの大会を目標としてきた。
ところ12日の母の日前日深夜、ホアヒンで爆弾事件発生で複数の死傷者ありとのニュース。
タイ南部の複数の場所でも爆弾の爆発や発見があったり、12日朝にもホアヒンでまた爆弾事件。
トライアスロンチームのメンバーも家族連れでの参加が多く、安全の為、参加を諦めるとの連絡が相次ぐ。
せっかく今年はいつもよりチームからの参加者があり、楽しく盛り上がれると思ったのに残念極まりない。
またホアヒン中心部では検問、強制Uターンあり向かう車と引き返す車で渋滞、交通麻痺しているとの情報も。
家族の反対もあり、自分も参加するかどうか悩んだ。
いっそ大会延期にしてくれないかと願う。
しかし12日夕方、運営側は県庁と保安隊と協議して予定通り大会開催を決定したとのアナウンス。
不安はあったが13日早めに自宅を出て会場に向かうことにする。
交通の混乱は収まっていたのか、検問は1か所で道も空いていて予想よりかなり早く会場に到着。
すでに警察、警備員もかなり動員されていて安心、レースに集中出来そうな環境が整っていた。
0814 HuaHin_07FB
【警察犬、金属探知機も使って入念なトランジションエリアチェック。】
【レース後分かったが、パチャラキティアパー王女も大会に参加されていて厳戒態勢の警備だった】
夜も街の中心部やビーチには行かず、ホテルで寂しく夕食をとり早めの就寝、大会に備える。
そして睡眠十分で迎えた大会当日。
0814 HuaHin_10FB
今年のスイムスタートは年代関係無しに、スイムの申請タイムでスタートグループを分けたのだろうか。
自分は第1グループで第2グループとは20分の開きがある。
2周目は第2グループの参加者らに紛れて泳ぐことはない。
それでも最初は込み合い泳ぎづらかったが、1週間前のチーム監督に教えてもらった実践に向けたトレーニングの成果か慌てることなく落ち着けた。
むしろスイムが速そうな人に積極的に近づき、水流を利用して楽に泳ぐことを心がける。
くっついてくる自分を周りが嫌ったのか2周目くらいから単独で泳ぐことになる。
今年はコースロープが全周に張られ、方向音痴の自分でも前方確認を頻繁にする必要がなく無難に泳げた。
0814 HuaHin_03FB
【スイム1.5km結果 31分01秒】

続けてバイク。
このコース序盤と終盤は路面状況が悪いので、パンクしないかビビりながらのスタート。
去年序盤で追い抜かれ離された同年代2位のタイ人がどこで追い抜いてくるか後方も気になる。
路面状況が良くなる広い道に出ると視界が開け気持ち良い。
ひょっとしてトップを走っているのではと思うほど前には誰もいない。
やはり思い過ごしで折り返し時には10台ほど先行していた。
しかし昨年2位のタイ人は、折り返しで少し後方を走っているのが分かる。
これがトライアスロン用バイク効果か、アルミバイクだった昨年よりは張り合えている気がする。
ただ後半風が強く、またアップダウンで辛い。
完成車付属の重いアルミホイールでは高速巡行が難しく、すぐに失速するスピードを頻繁にギアを変えて走る。
来年は高速巡行が楽といわれるディープリムのカーボンホイールを購入して参戦したい。
再び終盤の路面状況が悪いコースへ。
まるでパンクしたかのような嫌な振動が伝わってきて最後まで気が抜けない。
ようやく会場が見え安堵、しかも昨年年代別2位のタイ人から逃げ切ってバイクパートを終え上出来。
0814 HuaHin_05FB
【バイク40km結果 1時間09分35秒】

ランパートまでくれば完走が見え安心。
1km弱で昨年年代別2位のランを得意とするタイ人に追い抜かれるが想定内。
むしろここまで先行していた事のほうが驚き。
あとは無理せず自分のペースでと思っていた矢先。
突然予兆もなく右のハムストリングが攣る。
動けず急停止。
一番安心していたランパートでまさかのトラブル。
傍にいたスタッフにも誰か呼ぼうかなど心配される。
ここで終わりかという絶望感。
痛みが引くのをじっと堪える。
マラソンでは攣ることがないのに、バイクの影響か脱水気味だったのか。
ようやく歩き出すと筋肉がほぐれた感じがあり、幸いにもペースを戻すことができた。
0814 HuaHin_01
【ランパート 突然襲った3分弱の悶絶時間】
この間、多くの人には追い抜かれていない。
レースペースで走ることは出来ないが、無理せず走れば大丈夫そう。
アップダウンのあるコースでいつ攣るのが再発するかわからないハムストリングとこまめな給水を気にしながら慎重に走る。
2,3人に追い抜かれ入賞圏外かと思いつつも、すれ違う知り合いのトライアスリートの励ましに助けられ我慢の走り。
年代別5位までであろう入賞圏内に入りたいと願いを込めながらのフィニッシュ。
【ラン10km結果 50分57秒】
【トータル2時間34分57秒】
直後チップ返却で立ち止まった瞬間、今度は左のハムストリングが攣りしばらく動けなかった。
スイム、バイクと順調ながらも終わってみれば完走できたかどうかの厳しい展開。
でも結果は昨年に続いての年代別3位入賞(2位のタイ人には8分ほど離されたが…)
情勢が不安のなかでも参加して良かった。
0814 HuaHin_09FB

【今年は入賞は3位まで。そして期待の賞金はなし…警備にお金を費やしたのだろうか】
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/374-40441526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)