緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンケンマラソン2016
最近まわりのラン、トラ仲間の3時間20分切り達成という報告を多く目にし フルマラソンサブ3.5での優越感はなくなりつつある。
昨年のバンコクのような3時間50分という様な辛うじてサブ4は達成しましたという結果では面目が立たない。
ライバル視してくれる仲間に、まだまだ走力衰えていないと一矢報いりたい。
最低限サブ3.5、目標3時間20分切り、できれば昨年のタイム3時間18分、あわよくば自己ベストの3時間15分。
設定ペースは3時間15分イーブンペースの4分37秒/キロとし大会にのぞむ。
としながらも最近の練習では4分30秒前後のペース走でも呼吸を荒げ汗だくになりながらの5km続けるのがやっと。
大会でどれくらいのペースで走れるのか予想がつかない。
とりあえず2~3km走っての調子で判断することにする。
大会当日の朝は最近の蒸し暑さが嘘のような涼しさ。
というよりランシャツ一枚では寒ささえも感じる。
巷で話題になるような寒気が来ているらしく、日中も気温15℃くらいまでしか上がらないらしい。
これまでタイで経験したことのないマラソンに適した気候の中でのスタート。
調子見の最初の数キロ。
涼しいと呼吸が楽。
汗の量も少ない。
給水も僅かな量で満足。
容易にキロ4分30秒前後のペースで走れる事に驚く。
そこそこ走れると判断し、記録を狙う事にした。
昨年はペースに固執し過ぎ、終盤失速した感じがある。
中盤にも微妙なアップダウンがあり多少のペースの乱れは気にしてはならない事を思い出す。
25km過ぎからの長い平らな直線。
昨年は、まわりにランナーがいない広く真っ直ぐな道を一人旅。
スピード感覚はなくなり気付かないうちにペースが落ちてしまった。
今年は中盤からずっと50代ランナーがいいペースで並走。
周りを気にせずお互いペースに合わせるだけという単純作業で長い直線も難なく走れた。
そして33km付近から始まる長い坂。
ここが正念場と思い、腕を振りながら駆け上がる。
坂でもペースが思ったほど落ちないし、昨年より余力がある感じがする。
(ガーミンのデータをみると37km通過タイムは昨年より数秒速かった)
ここまで何もかも順調。
ようやく坂をのぼりきって安堵したあたり、右のふくらはぎに痛みが走る。
足が攣る脱水症状傾向なのかと思い、急いで塩熱サプリ(賞味期限切れ)を頬張る。
が賞味期限切れの為か、効果はない。
このもたもた間に並走していた50代ランナーは先を行く。
着地の度に痛みがあり、何とか誤魔化して走れないものかとフォームを模索。
この痛みは過去の大会でも何度か経験して、まだ我慢すれば普通に走れるレベル。
ペースを抑え給水所の水でふくらはぎを冷やし痛みを誤魔化す。
これなら普通に走れそうと思った数百メートル。
今度はさらに強い痛みを感じ、思わず急ブレーキで立ち止まる。
この痛みも何度か経験しているが、こうなると普通に走れなくなるのも経験済み。
ここまで順調だったのに、悔しさで涙が出そうになる。
右脚をかばいながらのキロ7分のジョグ。
残り4km弱、キロ7分でもサブ3.5は達成できると気を取り直しての我慢の走り。
途中の医療スタッフのところでは、鎮痛のクリーム?を貰い、給水所の度に水をかけて痛みを誤魔化す
ミニ、ハーフのランナーが入り乱れる終盤、歩くランナーを、同じようなスピードでかいくぐりながら追い抜くにも脚に負担がかかり辛い。
160124-01B.jpg
【優雅にウォーキングするお姉さんと変わらないスピードでの悶絶ジョグ】

スピードに乗れそう下りでも、着地に強い衝撃がかかり悶絶しそう。
何とか3時間25分内でとラスト200mは右足をかばった無様なフォームでラストスパート。
3時間24分で最低限の目標は達成できたが、悔しさが残る。
クセになりつつある右ふくらはぎの痛み何か対策を講じねば…。
ターサーは負担が大きくもう無理か?、スカイセンサーを買って試してみようか?
ふくらはぎもサポーターよりテーピングのほうが効果あるのでは?
来年のリベンジに向け、すでにワクワクしている。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/370-df40ddfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。