緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サメット-バンペー チャレンジ・トライアスロン 2015
気さくなタイトライアスロン協会会長の娯楽で開催しているのでは?とも思えるラヨーンでのトライアスロン大会に2年ぶりに参加。
チップ計測無しという大ざっぱな運営感はあるが、全部で200名ほどの参加者にも関わらず、5.5kmスイムを含むチャレンジ部門、オリンピックディスタンスのスタンダード部門、その半分のスプリント、ラン5kよりスイム5.5kと距離が長いアクアスロン、5.5kmスイムマラソン、そしてキッズ部門とカテゴリーを細分化し、誰でも気軽にトライアスロンに取り組める環境を作っている。
20151206-11B.jpg
【この大会を牛耳るタイ トライアスロン協会会長】
この大会名物はサメット島からバンペーの海岸まで5.5km泳ぐチャレンジ部門。
そのチャレンジ部門では今回、全日本トライアスロン宮古島総合3位、デュラスロンアジア選手権2連覇の経歴をもつ日本人トップアスリートを差し置いて若いタイ人女の子が総合優勝!
20151206-12B.jpg
【チャレンジ部門総合優勝のタイ人女の子と総合2位の日本人トップアスリート】
このようなアットホームな環境でも将来有望な若いタイ人トライアスリートも育っていている。
前夜はこの凄い経歴をもつ日本人トップアスリートでもある先生方そのトライアスロンスクールで指導されている生徒さん達と会食。
レース前日のピリピリ雰囲気で気を遣わなければいけないのかと心配したが、気さくな方々でシーフード料理、ビールをたらふく満喫。
まったくレース前夜の緊張感はなく楽しい雰囲気で盛り上がる。
20151206-04B.jpg
【前夜祭】

そしてレース当日。
早朝のバイクセッティング。
ここでタイヤに傷を発見。
20151206-06.jpg
代わりのタイヤも持っていない為レース中パンクしないことを祈るだけ。

朝6時30分、まずはサメット島へスイム5.5km泳ぐ為に船に乗り込むチャレンジ組参加者を見送る。
20151206-05B.jpg
【日本のスイムレベル高し!ほとんどの方が入賞】
そして自分らのオリンピックディスタンスが午前7時にスタート。
まずはスイム。
海は果てしないほど遠浅。
300mほど沖まで膝上ほどの水位しかなく、泳げない。
そこでオープンウォーターで効果的なテクニック。
ハードルを跳ぶような感じで足を横から回して水の抵抗を避けながら走る。
地面を蹴ってバタフライの手の動きで飛び込んで進むドロフィンスルー。
練習皆無の状態でいきなり実践できるわけがなく、ぎこちないバラバラな動きで進まなかった。
しかも泳ぐ以上に息があがる。
ようやく泳ぎ出すも中盤くらいの位置だろうか?
最初のブイを回り、次のブイを目指す。
ブイを回ったあたりから前に人が減った?次のブイはどこ?と感じたがそのまま気にせず泳ぐ。
すでに岸へ向いて泳いでいるので、遠浅な海のため、また地面に足がつく状態。
ん?もう終わり?距離短くない?走っていた距離が長いとしても短すぎる。
立てる場所だったのでゴーグルをとって辺りを見回す。
ようやく状況が理解できた。
皆の腕には見慣れないアルファベットの文字がマーキングされている。
皆スイム750mのスプリント部門で自分の1500mスイムとカテゴリーが違うのである。
スプリントとスタンダードも同時スタートで途中自主的にコース選択しなければならなかったのがスプリント部門についてきてしまった。
振り返るとはるか沖にスタンダード部門の折り返しのブイ。
まさかのスイムでコース間違い。
レース序盤で途方にくれる
入賞は早くも絶望的。
レースあきらめてこのまま岸を目指すかと考えたが、あきらめるにも早すぎる。
泣く泣く引き返して、スタンダード部門の折り返しを目指すことにした。
500mほどのロスか…折り返しのブイでようやく最後尾と思われる人達に追いつく。
しかしほとんど歩きのスイムパートでごぼう抜きできる事はなかった。
手元の時計でスイム1.5km(+α)とT1で35分26秒。
20151206-03B.jpg
【スタート前には他の選手にコース説明しているにも関わらず、まさか自分が間違えるとは…情けない。】
続けてのバイク。
先頭とは数分差くらいか?
比較的タイムロス少なく安堵。
幸い心配していたパンクからも免れ無事ランへ。
バイク40kmとT2で1時間16分42秒。
暑く苦しいながらも、数人追い抜いく。
確認できたゼッケンで年代別3位と思える位置でゴール。
ラン44分39秒
トータル 2時間36分46秒
しかし実際には更に2名先行でゴールしていた外国人がいて年代別5位の入賞圏外だった。
スイムコース間違いしながらも入賞という妄想を描くことで挽回できた。
結果は完走だけだったけどレースを捨てず最後まで諦めなかったのは良かったと思う。
20151206-07B.jpg
【チームメイト(バンコクスターズ&走遊会)のF村氏と】
20151206-01B.jpg
【表彰式後。日本人チームとフランス人チームがトロフィーで独占!自分も仲間入りしたかった…。】
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/368-8608d983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。