緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクトライアスロン2015
20150704-06.jpg
昨年は開催されなかったバンコクトライアスロン。
やはり都心での開催は交通規制などで無理があるのだろうか?
もう開催されないであろうと思っていたバンコクトライアスロンがISUZUが主催者となり復活。
最近のISUZUトライアスロンに積極的に力を入れ、今年はThailand Tri-Leagueとしチャーム、バンコク、パタヤ、プーケットで大会を開催する。
20150704-01.jpg
以前にも増して華やかな大会に変貌した。
華やかさは表舞台だけで、スイムコースのチャオプラヤー河の汚水の酷さは変わらないだろうと思っていたが…
スイムコースを750mを2周の周回コースにし幅5m程のコースロープを設定。
そのコース内は徹底してゴミを取って掃除している。
狭いコースで込み合い必死と思いきや、申請タイム順で9名づつ10秒間隔でスタートさせる為、バトルや混雑が少ない。
スイムが苦手で100m 2分45秒以上かかると申請している人には、キャップの色も変え、浮き袋もつけさせる。
監視員も10m毎にいたのではないかと思うくらい安全面を徹底している。
水質は最近の雨の少なさか、以前より透明感があったように思える。
あまりにも快適に泳ぐことができ、以前のチャオプラヤーを泳ぐという醍醐味が薄れてしまったという寂しさもあった。
20150704-07.jpg

バイクコースはバンコクマラソンでお馴染みの高架道路を走る。
マラソンではつまらないコースだが、バイクで走れば路面状況も良くほぼ真っ直ぐなコースは快適。
片道は向かい風となるが、圧倒的なスピードで追い抜かれる。
見慣れたTri Dashの入賞常連者も、この大会では目立たないほど強者揃い。
路面状況は良いはずと油断していたのか、唯一アスファルト陥没していた場所に乗り入れてしまった。
ガツンと大きな音と衝撃が前輪から伝わる。
自転車が無事で~と祈りながら走り続ける。
その嫌な衝撃を忘れ安心した矢先、バイクの挙動が乱れふらつく。
みれば前輪が凹んでいるのがわかる。
やっぱり…。
ここまで調子良かったのに…。
何とかタイムロスを最小限に抑えるため路肩に自転車を止めひっくり返し急いでタイヤを外す。
ある程度パンク処理も経験しているし、5~10分でレース復帰できるはず…
と思いきや、携帯ポンプを取り出し、空気を入れようとすると空気が入っていかない。
焦るが時間だけ経過していく。
予備タイヤまでもパンクしているのか?あるいは携帯ポンプが壊れているのか?
いずれにしても終わった。
バイクに乗ることさえも出来ない。
バイクコース1周目の26km付近で棄権…。

丁度バイクコースの1周目Uターン付近。
スタッフが回収車を待つか?またはバイクを呼ぼうか?と声をかけてくれる。
次のトランジションまでは3kmほど。
歩いて戻ることにする。
次々と2周目を終えトランジションに向かうバイクが通り過ぎる。
ラマ8世橋の最上まで2kmほど歩いただろうか?
これまでスタッフ、警官、選手いろいろな人に声をかけられパンクしたと説明していく。
そんな中マウンテンバイクで来て応援していた人が、これ使うかと携帯ポンプを差し出してくれる。
空気漏れが携帯ポンプの原因ならば…と祈る気持ちで使ってみるとタイヤがみるみる硬くなっていく。
バイクであっという間にランへのトランジションエリアにたどり着く事ができた。
2周目走ってないのですでに失格だが、まだランを走る時間はたっぷりある。
折角なので走ることにした。
王宮周辺を走るのだが、土曜の午後近くは交通量、観光客が多い。
道を横断する時は必ずといっていいほど、交通規制で止められて時間ロスするが、
スイムコース、バイクコース、ランコースともに良かったと思う。
結果を見ると
スイム1.5km28分36秒 年代別(40-44男)5位
ラン10km 51分22秒 年代別(40-44男)3位
バイクを1時間40分前後で走れていれば年代別(40-44男)3位入賞圏内タイム。
パンクがなければ年代別3位に滑り込み入賞できたかもしれないと思うと悔しくてしかたない。
20150704-04.jpg

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/356-ef23e95d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。