緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントン県でのハーフマラソン(走りきれてないけど…)
20150607-1.jpg
アントン県の巨大な大仏のある地獄の光景が広がるお寺で開催されたハーフマラソンに今年も参加。
スタート前の顔ぶれで年代別入賞きわどく厳しいレースになると焦ったのか。
スタート直後で飛び出すランナーが僅かなのを見て、入賞圏内維持しなければというプレッシャーがあったのか。
序盤並走するランナーの息遣いが荒いのに惑わされ、自分もオーバーペースで走っているのに気付かなかったのか。
折り返しでは年代別4位。
2~300m後ろには同年代ランナーが軽快に走っていて逃げ切れるか不安があったのか。
自分のペース感覚に反してキロ5分まで落ちていくペースに動揺したのか。
案の定、同年代ランナーにも追い抜かれ年代別5位に下がって気持ちが切れたのか。
まだ入賞圏内にいて6位とは差がわからないほど距離があったはずなのに、いずれ追い抜かれるだろうとあきらめてしまう。
気が付けば、脚のバネがまったくなく、身体が重い。
ペースが更に落ちていくし、心拍は上がりっぱなし。
一度給水所で気持ちを落ち着かせようと休憩しようと立ち止まる。
入賞あきらめてジョギングしようと走り出しても次の給水所が遠い。
また給水所で休憩し、走り出すも次の給水所までジョギングでさえたどり着けないのではないか不安になる。
で、歩いてしまった。
心拍が落ち着くまで歩くことにするも、1~2km歩いても落ち着かない。
給水所で十分に休んで、再び走ろうとしても予想以上に脚が重く、また歩く。
体調不良や故障でもない。
フルマラソンの失敗レースの終盤と同じような苦しい状況。
まさかハーフで経験するとは、情けない。
ハーフは無理だったけど、次週の10マイルだったら走り切れるだろうか…。
20150607-2.jpg
【どんどん落ちていくペース…。結果2時間…。】
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/352-9566a3dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。