緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名誉ある棄権か?完走の美学か?
ランシットの自宅前の道がハーフマラソンコースの一部となっている最寄の大会があるにもかかわらず、自宅から約90km、車で1時間30分離れたナコンパトム県のカセサート大学で開かれるスーパーハーフマラソン32kmに参加。
大会運営はタイ人から不人気のタクトチーム。
不人気のゆえ参加者少なく入賞が狙えやすし、年代別カテゴリーが3歳刻みと狭い。
参加費が700バーツと割高なのは、デカくて気味悪いトロフィー代込みか?
今回が走遊会T下会長の駐在期間のラストランということで、このデカいトロフィーを走遊会で独占しようと盛り上がっている。
自分も当然そのデカくて気味悪いトロフィーを持って帰るつもりだったのだが…。
150322-01.jpg

暗い、直前の大雨で木が倒れているなどの理由でスタート時間が30分以上遅れたり…
チェックイン時間にようやくコース案内表示の看板や水を積んだトラックが出発していったり…
このくらいのことは、タクトチーム主催の大会では、普通らしい。
そしてスタート。
大学敷地内で外灯がなく、まだまだ暗い。
スタート直後からトレイル?と思わせる不整地が続く。
たぶん考えていなかったのであろう直前の雨で地面はぬかるみ何度も足が滑る。
ずっとこのまま不整地を走らされるのかと思ったが、ようやくの舗装道。
足の裏について重くなった泥を地面にこすり付けて落とす。
そして先週勝てなかった年代別4位のランナー(自分は8位)と並走。
今回は3歳刻みの為カテゴリーが違い敵対心を持つことはない。
それに十分入賞圏内だろうと余裕をもって走る。
それが10km過ぎ右のふくらはぎが張った感じで着地の度に痛みを感じる様になる。
走っていればそのうち回復するだろうと楽観する間もなく12km付近で突然プチッと嫌な感覚がふくらはぎに生じる。
この感じ数年前に途中棄権したチェンマイマラソンで味わった事がある。
「肉離れっぽい…」
ただチェンマイの肉離れは歩くことも困難で復帰にも1~2ヵ月要した。
今回は、ふくらはぎの筋を伸ばさない様にゆっくりなら走れる軽い症状。
ここから「名誉ある棄権」か「完走の美学」のどちらを選択するか悩みながらゆっくり走る。
「残り20kmゆっくり走るにも距離長すぎるだろう」
「入賞がなくなったらこのレースを走る意味がない」
「悪化しないうちに早くやめて、次のレースに備えるべき?」
ここは「名誉ある棄権」か…と思う一方
「走れるのに棄権って?そんなプライドってまだあるの?」
「途中棄権って後ろめたさで精神的にあと引くぞ~」
「完走した仲間の話題について行けないぞ~」
とりあえずしばらくは走って考えることにした。
ペースはキロ4分30秒から、キロ7~8分へ。
地面を蹴り出すと痛みがありスピードを上げることはできないが、キロ7分ペースくらいなら痛みはそれほど感じない。
給水所ではふくらはぎのサポータと脚の間に氷を挟み込んだり、水をかけたりアイシングしながら走る。
走遊会のメンバー、他のランナーも大丈夫?といった暖かい声をかけてもらう。
自分はもうすっかり心拍数も落ち着いて体が冷えない程度のお気楽ジョギングなのに気遣ってもらって申し訳ない。
前日の雨で、この時期には珍しく涼しく気持ち良いジョギング日和。
いつもなら追い抜かれないであろう人たちが前を行く。
皆一生懸命それぞれの目標に向かって頑張ってるんだなと良い刺激を受ける。
自分も完走を目指すことにした。
トロフィーは貰えなくても、いい経験ができた。
やっぱり棄権せず、完走目指して良かったと思う。
それに肉離れ?の症状もホント軽く翌日には完治した感じでホント良かった。
150322-02b.jpg
【走遊会ですでに梱包済みトロフィー独占。自分は貢献できず凹】

【結果 フルマラソン?】
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/349-69070807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。