緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンケーンマラソン 2015
4年ぶり4回目となるコンケーンマラソンに久しぶりに遠征。
昨年のフィニッシャーズTシャツがスポンサーのSKINSデザインで羨ましかったというのがあったのか久しぶりに参加したくなった。
少ない練習量でも昨年末のアユタヤマラソンで3時間18分という好成績。
なんだか自己ベスト3時間16分も更新できそうな気がするという根拠のない自信があった。
このコンケーンマラソンIAAF(国際陸上競技連盟)やAIMS(国際マラソン・ロードレース協会) の公認大会ともなっている。
公認大会のタイムで参加資格を年代別に設けているというボストンマラソンへの道も開ける。
ボストンマラソンへの参加はまったく考えていないが、BQ(ボストン・クオリファイ)というのが世界の市民ランナーの憧れであり、目標のひとつである様だ。
サブ3は絶望的となった今、今後BQという称号を目指したい。
今年のボストン・クオリファイ40~45歳で3時間15分以内。
キロ4分37秒のイーブンペースで達成可能。
ガーミン910の表示を時間・距離・ペース・平均ペースで4分割しペース重視でのぞむ。
マラソン参加者は300名ほどと少ない。
それでもアユタヤと違い、スタート直後からひとりぼっちということはなく、前、周りにもランナーがいる。
参加人数少なくてもレベルは相変わらず高い。
戦略は、前半はペース抑えて後半上げれたらラッキーという大崩れしない最近のフルの戦法は封印する。
前半から4分30秒くらいのペースを意識して久しぶりに記録を狙う。
タイのマラソンシーズン最後の大会と位置付けている為、故障を恐れず多少の冒険もできる。
最初の1~2kmは速すぎたのか息があがるが、数kmで呼吸も落ち着き普通に会話も出来そう。
そしてペースは4分30秒前後。
涼しいし比較的楽にペースが刻めている。
終盤の上り坂を考慮しても貯金は十分にある。
3時間15分なんて楽勝と思いながらのレース中盤。
いたるどころにある沿道の応援を受け、久しぶりのコンケーンを満喫していた。
25km過ぎから数km続く長い直線に出る。
少し前から引きつれていた2~3人は後退して、給水所以外、応援も少なくなり孤独となる。
これまでの若干のカーブ、若干のアップダウンの道で意識していなかったが、平地でまっすぐな道でのペースが4分45秒前後まで落ちている。
今までと同じようなスピード感、息遣いで走っていたつもりなのに、ペースがもう上がらない。
すでに脚のバネを使い切ってしまった様だ。
やはり、30km走などやっていなかったのが痛かった。
思ったより脚のバネがなくなるのが早かった。
でもガーミンのペース表示を見ながら踏ん張る。
前半の7秒/kmの貯金で、ここから4分45秒前後のペースを刻んでも帳尻が合う。
でもその4分45秒ペースでなかなか走れない。
一番キツイ長い上り坂付近で、ここまでの平均ペースが4分37秒となってしまった。
ここからは返せる当てもない借金生活。
4分37秒から超過した分だけ、3時間15分に加算されていく。
キロ5分ペースで走ったとしても3分以上加算される。
3時間20分も切れないのではという焦る。
3時間20分以内と目標を下方修正し、気力をつないで3時間18分54秒。
やはり自己ベストを狙うには相応の練習をしないといけないと痛感させられた。
そして、今年はSKINSはスポンサーになっておらず、今後も着ないであろう完走ポロシャツを貰った。
練習して、来年の完走Tシャツがカッコ良くなることを期待してまた出直そう…。
520150126-04b.jpg
【ラスト3km付近】
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/344-6f3712db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。