緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nong Sua 病院 ミニプラスマラソン 14.2km
自宅から車で30分ほどの病院で開かれたミニプラスマラソン(で、14.2km)に参加。
参加費無料で賞金を出すという大盤振る舞い。
どれだけ大きな病院かと思いきゃ、こじんまりとした田舎の病院。
看護婦さんらが受付をするアットホームな会場だった。
(無料のためか完走メダルも入賞トロフィーもなし)
大会案内がタイ語のみで外国人には敷居が高く、日本人は自分一人か?
それでもケニア人が賞金狙いで数人参加している。
この大会、先行で自転車の部門もあり、参加資格として変速ギアのない自転車。
病院だから車イスかと思いきゃスタートラインに並んだのはママチャリや子供用自転車。
微笑ましいが、ライトや安全灯がついていない自転車で子供やおじちゃん、おばちゃんが暗闇に集団で飛び出していくのは危険過ぎる。
その為かスタートは明るくなり始めた6時20分頃。
スタートラインに並んでいると後ろから車が通るので道を開けてとアナウンスで後ろに気を取られていると、いきなり前が走り出している。
スタート直前まで二人でスマホの音楽をひとつのイヤホンを共有するバカップル、
前列に並んでスロースタートするオジサン、オバサン、
そしてジグザグ走行、ストップ&ゴーをかける子供達。
短い距離の部も同時スタートなので、初心者が多い。
道幅もそんなに広くなく追い越しに苦労する。
ようやく、顔見知りがいる集団に追いつく。
女性のタイ人トップ集団。
賞金レースだからだろう。女性の強豪が集まっていた。
安心のペースで華やかな集団で走っていたいと思うが、
後ろから追いつく様に走っていたので、スピードを落とすことも出来ず、前に出る。
前半は誰にも追い越されず走っていたのに、唯一年代が同じランナーに追いつかれ離される。
そして折り返し。
ケニア勢。
何か一般のゼッケンとは違うゼッケンを付けている。
総合順位だけを争う総合枠があるのか?
それとも海外枠?
だとすると自分も海外枠で走らないといけないのでは…。
でも受付の時は普通にアルファベットで名前を書いて、普通にゼッケン貰ったし…。
入賞圏内かも分からないので深く考えないことにする。
そしてタイ人の速い集団。
その中には、30代の四天王と呼ばれるランナーが同じカテゴリのゼッケンで走っている。
そしてまだ30代と思っていた圧倒的な速さのランナーが同じカテゴリーのゼツケン?
彼らいつの間に40代に?
他にも40代のシリアスランナーが続く。
やはり賞金レース。レベルが高い。
あっという間に入賞枠が埋まっていく。
諦めてた所、折り返しで先程唯一追い抜かれたランナーが5位であることが判明。
そしてそれほど差が開いてない事に気づく。それどころか、差が縮みつつある。
ついに並んだ。
彼の荒い息遣いを聞いた時、勝てると確信。
ここでスピードを緩まる訳にはいかない。
追いかける気をなくすくらい離さなければ…。
前にもゼッケンなしの背が高い若者二人。
多分カテゴリは違うのだろうが、不安要素は少しでも拭いたい。
前に出るが、一人の若者の闘志に火がついたのかまた追い抜かれる。
頑張って後ろにつく。
ついていかなければ気持ちが折れて、ズルズルとペースが落ちていきそう。
気持ちを切らさない様に集中。
そのうち落ちてきたケニア女性に追いつく。
頻繁に後ろを気にする。
後ろが見えないところではペースを落とし、そうかと思えばいきなりペースが上がる。
靴ひもも両足ほどけている様に見えるし、蹴り脚も自分の腰の高さまで上がってくる。
フォームもいろいろ気になるし、イーブンペースではないのでついていくのが難しい。
そのうち併走していた背の高い若者もいなくなり、ケニア女性に頑張ってついていく。
正直しんどいが、気を抜くと後ろから追いつかれそうで…腕を振るなどしてペース落ちない様に踏ん張る。
田舎道で車もなく、コースを楽しめそうだろうが、景色を見る余裕すらない。
ラスト2kmケニア女性がスイッチを入れたのか、自分のペースが落ちたのかあっという間に差が開く。
後ろの気配も無かったし、4分20秒くらいのペースで走っていれば追いつかれることはないだろう。
最近ミニマラソン走っていなかった為か、久しぶりの苦しいレースだった。
そして、折り返しで確認していたとおりの5位の札を頂き、普通に入賞登録。
表彰式ではインターナショナルの部でケニア人がアナウンスされる。
やはりインターナショナルの部があるのか?
ひょっとして外国人の自分は入賞資格ないのでは?
タイ人に指摘、非難されて失格となってしまうのでは?焦る
でも普通にタイ人枠の5位で名前を呼ばれ、普通に表彰台でCongratulations!と言われ賞金の千バーツ頂いてしまった。
そして封筒に書かれていた内容…
31~49歳の部 5位。
30歳代も同じカテゴリーだったとは…オッサンよく頑張った。

【久しぶりにガーミン復帰。やっぱり距離とペースが分かるって素晴らしい!!】
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/342-f664d67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。