緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



バンコクマラソン 2014

大会までの1ヵ月、食欲の秋真っ盛りの日本出張10日間もあり走行距離は100km弱。
しかも事前の30km以上の距離走となると7月のパタヤマラソンからご無沙汰である。
早々記録は諦め、バンコクマラソンは練習と位置づけることにした。
それで普通なら疲労抜き期間でもある4日前の夕方にも突貫での10km走。
もろくも翌朝体調が崩れた。
発熱で怠く身体が思うように動かない。
ベッドから洗面所への十数メートル歩くのもかなりの時間を要する。
数メートル5分ペースの状態で、残り3日弱でキロ5分弱のペースで42kmも走れるまで回復するのか焦る。
しかも食欲が湧かない。
遠慮なく食べれるカーボローディング時期なのに…。
何とかラヨーン出張の仕事はこなしたが、出張者との食事は無理言ってキャンセル。
夕食もビールも取らず、薬を飲んでV字回復を願ってひたすら眠る。
そして翌朝の金曜、奇跡のV字回復。
走りに影響しそうな、せき、鼻水の後遺症もない。
大会当日は午前2時という寝れそうにないスタート時間でも、寝過ごしそうになるくらい睡眠十分とれた。
練習不足を除けば、例年以上の良いコンディションで大会にのぞめた。
とりあえずのペース設定はキロ5分。
でもペースが一目でわかるガーミンは只今修理中。
ただ序盤集団で走っていると、周りのランナーのGPSの距離設定音で距離がわかる。
最近のタイでのGPS普及率凄いと思いながらもおこぼれ頂戴。
キロ5分は切っている。
悪くない調子。
序盤は、ロードバイク界では雲の上の人と崇めるT中君を従えて少しずつ前を目指す。
フル2回目のT中君にバンコクマラソン攻略法をバンコクマラソン9回出走の経験のある背中で語っていきたい。
遠くに見えていた走遊会のK村さんも16km折り返し前で吸収し並走。
折り返しではさらに先に走遊会T木さんが走っているのが見える。
20km過ぎでT木さんも吸収。

でもこの頃から脚が前に出なくなる。
この集団のペースにはついていけない。
少しペースを遅らると、すぐにK村さん、T中君が遠く暗闇に消えていく。
こうしてバンコクマラソン2014 終了。
後は一人ぼっちで20km淡々と消化。。。
ROOT_0123.jpg
【終盤のスピード感も情熱もない走り。。。結果3時間36分】

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/340-38751a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)