緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



初めてのロードバイクレース
2014-07-20 -2
急なハノイ出張で残念ながら参加を諦めていたラーチャブリー県でのロードバイクレース。
出張が一旦出直しとなり、参加の希望が見えた。
2週間前の落車で自転車屋にメンテナンスで出していたロードバイクを大会前日受け取りに行く。
ホイールの歪みが取れず、買い替えになるらしい。
2014-07-19 -1

そのホイール価格が2900バーツから23000バーツとピンキリ。
割れたヘルメットを買い直したばかりだし、金銭的にきつい。
ショックで即答できず、とりあえず昔完成車で購入した時に付属していた鉄下駄ホイールと言われる重量感半端ないホイールで臨むことにする。
今回が人生初のロードバイクレース。
大会会場ではマラソン会場とは違うアウェー感。
2014-07-20 -3

皆バイクが馴染んでいて、とっても速そう。
一方の自分は、ロードバイクレース初体験でおどおど緊張している。
どういった感じでレースが進むのか?
どういったペースで走るのがいいのか?
集団で走るときのルール、マナーは?
練習でも経験のない休憩なしで100kmを完走できるのか?
わからないことだらけ。
落ち着かず、ぎこちなくスタート時間を待つ。
20140720-01.jpg

1000人近くの参加者があり、100人ぐらいのグループで5分置きにスタートするウェーブスタート。
自分をふくむ外国人部隊は最初のグループに振分けられている。
交通事情(朝の市場が賑わう時間と重なったらしい。)で予定時間より30分遅れの朝9時スタート。
マラソンのように人をかき分けて前にでる事は出来す、流れに身を任せる。
100台くらいの集団。
その最後尾あたりを走る。
下りで見える集団が連なって走る様子は壮大。
まるでツール・ド・フランスを体感している感じでテンションがあがる。
でもそんな優雅な時間は長くは続かす、アップダウンを繰り返しているうちに、何故か集団に離せれる。
苦手じゃないと思っていたヒルクライム的なコースで、皆との力の差を早々に痛感させられ、自信喪失。
一度離されると、精一杯の力で追いつこうとしても無情にも追いつくことができない。
序盤の10km過ぎから一人旅という地獄。
同じく集団からちぎれた人達をポツポツと拾っていく我慢の走り。
辛抱していると見慣れた背中。
同じトライアスロンチームでライバルO林氏。
何故またこの人と…。
ただ今回はトライアスロンの大会のように張り合う感じではなく、傷をなめあう。
ロードバイクはチーム競技。
ライバル心は封印して協力して完走めざす作戦。
バテていたO林氏を後ろに携え、脚休みして復活したら前で引いてもらおう。
20140720-03.jpg
【脚を休めているはずのO林氏。自分の後ろで写真撮影の余裕あり…】

そんななか18度勾配という激坂が目の前に現れる。

激坂の様子

ジグザグ走行でしか登れない。
突然一緒に走っていたO林氏が脚をつった様で自転車を降りる。
こんな激坂で止まったら頂上まで再び自転車を漕ぐことは出来ない。
O林さんを見捨てるという苦渋の決断。
頑張って~という断末魔の叫びを後にして、再び一人旅。
追い込む体力もなくスピードも落ちているせいか?まわりの景色もみえてくる。
素晴らしいコース。
レースじゃなくサイクリングがしたい。
まだ先は長いなぁと思っていると、5分後にスタートしている第2集団が颯爽と追い抜いていく。
その集団からO林氏の自分を呼ぶ元気な声が…。
幻聴かと思うがこの集団に便乗して復活してきたらしい。
自分も敗者復活をかけ集団に便乗。
一人で走るのと集団で走るのは全く違う。
体力回復しながらも今まで以上のスピードで走れる。
離されまいと頑張って2周目。
激坂までは集団の片鱗に付いていけた。
でもそこから集団がばらけまた一人旅。
苦しい時間が続く。
GPSの距離表示をみながら、あと何分で苦しみから開放されるのだろうか考えながら我慢。
途中、10~15分後でスタートしているグループの先頭集団が追い抜いていく。
再三の敗者復活号に便乗と企てるも、数メートルも後ろについて行けく体力が残っていない。
悲しく見送るだけとなる。
残り5kmの表示。
GPS距離表示では100kmだと7kmほど短い。
この表示は本当か?疑いながら走る。
そして残り3kmの表示。
コースが短いと確信が持てると僅かな元気がでた。
93km 2時間55分で無事完走。
でも順位は、暫定181位。
2014-07-22.jpg
前に200人近くいるって…ロードバイクの難しさ、奥深さに凹む。
もっと勉強して真摯に練習しなければ。
でも初参加で新たな世界が広がり、素晴らしい経験ができた。
20140720-map.jpg
【コースはミヤンマー近く…】

20140720-02.jpg
【日本人参加者 バンコクジャパニーズサイクリングクラブBJCCの皆さんとバンコクスターズ】

chart for blog
【左が自分で、右が8位入賞のBJCC T中さんのデータ。スピードが別次元…。】

meal.jpg
【マラソン大会より充実していた食事やフルーツ。消費したカロリーを取り返せた!】
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/331-42275c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)