緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントーンミニマラソン
1ヵ月以上マラソン大会への参加がなく久しぶりの大会。
ゼイゼイするほど追い込んで走る練習していたわけでもなく、最近は自転車の練習多めでランの練習量は月間100kmほど。
最近の暑さの中、どれくらいのペースで走れるのか見当もつかない。
頼みのガーミンのGPS時計がスタート直前で充電切れでお眠りになってしまう。
会場はアユタヤ北隣アントーンにある巨大な仏像、そして地獄を描いた数々の像があるお寺。
なかなかの観光スポットだった。
20140518-1.jpg
【巨大な仏像のある大会会場】
20140518-b.jpg
【そして、巨大なお化け?】
お寺の敷地内は道幅が狭く、そしてお寺の門あたりになぜか車が進入しようと停車していてランナーと相まってかなりの混雑。
なかなか追い抜きが出来ないし、先頭がどんどん遠くになる。
この大会5歳刻みで10位まで入賞と大盤振る舞いな大会で、たぶん入賞はできるだろうと思っていたが、スタート直後から前にみえるランナーの数をみると早くも入賞が怪しい。
12kmという微妙な距離のため、10kmレースのペースで行けるところまで突っ込もうという作戦が、思った以上に息があがり苦しい。
3kmくらいで力尽きるのではという不安。。。
案の定、走遊会のT内さんが爽やかにに先行する。
たぶんこの大会がタイ駐在最後の大会というT内さん。
一緒に走れる最高の機会なのに、どんどん遠ざかる背中。
踏ん張って追いかけようと、無理押しのペースを続ける。
おかげで何人かのタイ人ランナーを追い抜くことができた。
折り返し。
すれ違う走遊会のメンバーにT内さんの後ろで頑張ってますアピールをする為、踏ん張り続ける。
いつの間にかT内さんの背中が近づいて並んで走ってる。
T内さんに先を促されるも、こちらはT内さんに追いつく目標を達成したところ。
先行する余力はなくすでにバテバテ。
このままT内さんのタイ駐在ラストランを仲良く一緒にゴールしたいが…
息が荒くドシドシと後ろについて走る自分を嫌っているのでは?と不安になる。
そのうえ後ろから黄色のランシャツの小柄なランナーが煽ってくる。
追い越されまいと、仕方なくT内さんの前を走る。
しばらくこの黄色のランシャツと並走。
やがて5kmの部の折り返しで残り2.5km。
角を曲がるとスタート地点の巨大仏像がまだ小さくしか見えず気持ちが萎える。
やっぱり10kmが限界の体力だった。
どんどんスピードが落ちる。
並走していた黄色のランシャツがじわじわ小さくなっていく。
表彰式で分かったが、このランナーが年代別優勝者。
そしてタイムは、電工掲示板で51分10秒くらいで年代別2位。
意外と上位で驚いた。
20140518-3.jpg
【充電切れの意味のないガーミンをつけて、電光掲示板のタイムを気にしているところ】
飯田表彰-b
【10kmくらいまで並走していた黄色いランシャツの彼が年代別優勝だったとは…】
飯田表彰 全体ー2b
【40~44歳の部入賞者達。一人KY的な体格…】


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/326-8a756677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。