緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LMP Triathlon & Duathlon International Championships 2014
赤服の集会がパタヤであるらしく赤旗を掲げて移動する車の群。
そして雨季の到来を告げるような豪雨。
そんなダブルパンチで起こった渋滞で自宅から200km弱の距離を5時間以上かけ到着したのがラヨーンのメーピンビーチ。
ここで参加者100人程の小規模のトライアスロン大会に参加。
夕方、チームのメンバーと合流しシーフードレストランで決起会。
20140323-01b.jpg
レース前夜と気に留めながらも、やはり普通にビールを呑んでしまうメンバー…。
短い距離だから楽しもうとしていたが、同部屋のo林氏が自分との勝負にこだわってくる。
レース展開を予想しているうちに、過剰な緊張感をもってレースに臨むことになる。
今年から40代でo林氏とも同じカテゴリーで参加。
バイクラックで参加者の数と速そうなバイクを確認。
同じカテゴリーのバイクの数は16台。
うち5人が同じチームの日本人。
20140323-02b.jpg
ひょっとして入賞もあるかも…と期待。
まず前夜のo林氏とのレース予想で勝負がほぼ決まるという結論にたどり着いたスイムから。
20140323-03.jpg
年末のサメット島で5.5km泳いだ事でOPEN WATERにも抵抗がなくなった感がある。
それに前日の豪雨の影響もなく、波も穏やか。
スタート後の込み合いを避けるため、外側から回り込む作戦。
特にぶつかることもなく、泳ぎ出すことができた。
でも2~3m先をo林氏が先行しているのが見える。
やっぱりサメット島で6分も差がついたのは実力の差だったのか。
せめてバイクとランで挽回できる差に抑えたい。
しかし2箇所のブイを回って浜辺を目指す頃には10m程差がつく。
ヤバイと思いながら頑張って泳ぐと段々差が縮まってきた。
1度浜辺へあがって折り返し。
浜辺の僅かなランでo林氏の真後ろにつけ2周目もほぼ同時スタート。
なぜ参加者のなかでチーム内のo林氏と張り合うことになるのか…。
また2mほど先をo林氏が先行しているのが見える。
o林氏との間に一人泳いでいて効果があるのかどうかわからないがドラフティング効果を狙い、この人の後ろ斜めにつきo林氏を体力温存して追いかける。
2回目のブイを回ってあとは、浜辺を目指すだけ。
残り種目にほぼ影響しない腕に残っている力をすべて水を押し出すことにつぎ込む。
残り200mほどでo林氏に追いつき先行。
逃げ切って、バイクへのトランジション。

続けてバイク。
ガーミンでトライアスロンの測り方を前日チームのメンバーに教えてもらったのに、ラップのボタンを押すとすでにランパートの測定となってしまった。
使いこなせていない。。。(トランジションタイムも別に測定するよう設定したつもりが測定されていない。)

トータルタイムだけでも測れるようバイクパートをランモードで走り続ける。
どれだけの回転数でペダルをまわしているのかわからないが、o林氏に追いつかれない様ガムシャラにペダルをまわす。
バイクで順位を確認しようとするも、集団で番号までわからずカテゴリーまで判断できない。
でも集団って、ドラフティングじゃない???
そんな自分も追い抜いた人がぴったりついてくる。
一度はまた前に出られたが、あまり速くなく自分がドラフティングしている様になってしまう。
ゼッケンをみると女性。
このスピードではまたo林氏に追い抜かれる可能性があるので、頑張って前にでる。
その後残り十数キロはぴったり後ろにつかる。
同じカテゴリーなら腹が立つだろうが女性には寛大。男気を見せ、引っ張る。
ランへのトランジション。
すでに同じカテゴリーのバイクラックに掛けてあるバイクは2台?
少ない。
もしかして入賞圏内?
そして最後のラン。
マーキングでカテゴリー確認しながら走る。
やっぱり前に同じカテゴリーでは二人か?
でも見落としや、すでにゴールしている強者もいるかもしれない。
ランでもO林さんとの差を確認しながら。
すれ違いには入賞狙える!と励ましを頂き、やっぱりO林氏も自分が入賞するかしないかの位置にいることを感じている。
客観的にも入賞という言葉で元気がでた。
でもその元気は続いて数十メートル。
暑いし、2.5km離れた折り返しが長く感じる。
もう一か所中間に給水あれば良いと思いながら我慢。
2周目スタートと2.5KM離れた折り返しでの給水所ではペットボトルを2本貰って、体の内からと外からも冷やす。
残り2.5kmの距離がやけに長く感じて走るのやめたい。
でもやめるとO林氏が先行して、O林氏入賞で自分が圏外に落ちるという最悪のシナリオ。
それだけは避けたいと、踏ん張る。
そしてフィニッシュ。
(ガーミンでタイムをみるとやはり終盤ペースがガクッと落ちている)
20140323-04.jpg
20140323-05.jpg

でも終わった後の達成感は半端ない。
間もなく、O林さんが差を縮めてフィニッシュ。
いいレースが出来たのもO林さんをずっと意識してたから、大変感謝。
苦しさは忘れ楽しさだけが残る。
そして気になる順位。
20140323-06.jpg

手書きで計測している学生さんに恐る恐る尋ねると年代別3位。
トライアスロンで初めて年代別入賞できた!
涙がでそうなくらい嬉しかった。
20140323-10b.jpg
20140323-09b.jpg
【レース結果】
http://www.thaitri.org/?cid=2018273
各パートいい加減。。。
ガーミンのデータから推測すると
Swim 1.5k 28分39秒
T1 1分20秒
Bike 40k 1時間11分19秒
T2 2分06秒
Run 45分05秒
Total 2時間28分29秒
年代別(40-49) 3位
総合11位
スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/324-25cc4b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。