緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントーンスーパーハーフマラソン
土曜の朝連23kmLSDを終え、今年最後にバンコク近郊のミニマラソンに出て刺激を入れて締めくくりたい。
それで前日に大会情報を調べる。
バンコク近郊でミニマラソンは無かったが、タイのランニングクラブ等で調べているうちに載っていたり、載っていなかったりする怪しい大会がある。
場所はアユタヤの隣県アントーンのお寺。
(お寺の名前は覚えられない。)
タイ語だけの怪しい大会要項で場所をグーグルマップで割り出すのに苦労した。
そしてコース設定距離が5km、8km、16km、32km。。。
LSD練習での脚の重さがあり短い距離を走りたかったのに、なぜか32km以外は眼中にない。
ついつい一番長い距離を走らなければもったいないという貧乏性がでてしまう。
そしてカテゴリーが3歳毎の37~39歳で5位まで入賞という大盤振る舞い。
ますます怪しい。
この怪しさは3、4年前のタクトチーム主催大会を思い出す。
タクトチームといえば、大会急遽中止などが頻繁にあったようでタイ人には人気がなく、近年は見かけていない。
個人的には入賞狙いやすかったし、トロフィーがカッコよくそんな悪くないと思っていたが、もう大会運営から撤退したのだろうと思ってた。
自宅からも車で移動できる距離だが、年末帰省ラッシュを見込んで、早めの午前2時に家を出る。
もうラッシュのピークは過ぎたのか、午前2時という時間帯なのかガソリンスタンドが混んでいるくらいで道路はスムーズに流れていた。
見落としそうなお寺に向かう細い道に入るも、本当に大会あるの?といった感じの寂しい雰囲気。
でも距離表示をみつけ安堵して1時間弱で会場に到着。
当日受付を済ませ、飾ってあるトロフィーをみるとなかなかカッコいい。
これってタクトチーム主催の大会だ。
スタートのゲートに書かれていたタクトチームの文字をみて確信にかわる。
運営の不安より懐かしさとまだ大会運営に携わっていたことが嬉しかった。
会場のお寺にはアユタヤのより大きそうな仏像が横たわっていて雰囲気も良い。
2013-12-29 -3

もらったゼッケンも37-10恐らくカテゴリーで10番目なのだろう。
たぶん完走できれば入賞できる。
スタート地点、同じ年で圧倒的速さのタイ人Sさんを見つけ、挨拶するも彼は8kmの部でジョギングするらしい。
入賞枠にひとつ余裕ができホッとする。
そしてスタート。
今回は突如参加を決めたにもかかわらず、準備ができていた。
まずは寒さ対策のアームウォーマー。
いつか使うかもと数年前に購入していたものが役に立った。
暑くなったら外せばいいやと思っていたのに全く外す必要なし。
そして携帯用LSDライト。
これは田舎道を想定して自転車用に買っていたシリコンゴムで覆われている簡易的なもので2個100バーツ。
これが値段以上の役目を果たしてくれる。
足場が悪いところがあり、ゼッケンベルトに付け足元を照らしてくれるだけでもつまずく危険が減り、不安なく走れる。
前半ずっと併走していたランナーも自分のライトの恩恵を受けるため意図して併走していたに違いない。
あと心配は野良犬の攻撃。
自分はライトで道を照らすから、犬は追っ払ってくれと併走するランナーに期待するも、犬は吠えはするがアユタヤと違い追いかけてきたり、道の真ん中に群がっていたりしない。
15km付近で後ろから3人が追い抜いてくる。
なんとか追従して新たな二人と併走。
なかなかペースが速く、他は脱落していった。
お互い年齢を確認し、カテゴリが別々であると分かると、一緒に走ろうということになった。
2度目の折り返し。明るくなってゼッケン確認。
年代別2位。
密かに年代別優勝を狙っていたが、望みは絶たれた。
すでに一緒に走ろう協定は破られ、一人が飛び出す。
同じように追いかけるがじわじわ離され、さらに27km付近からペースが落ちる。
初導入のGPS付時計でタイムの落ち込みを最小源に抑えるためだけに頑張る。
終盤孤独になっても、ペースの落ち込みを最小限にしたいという気持ちで、諦めずモチベーション維持につながる事を発見。
そして目指すは2時間30分切り。
だけどじわじわとGPS距離と実際の距離が広がっていきGPSの距離が2~300m先行。
それでもギリギリ貯金はあった。
しかしラスト1kmなかなかゴールにたどり着けない。
そして32.6kmを2時間30分27秒で2時間30分切りできず。。。
37~39歳のカテゴリーで2位。
30代最後の大会を入賞で飾れた。
2013-12-29 -1

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/319-7fdbfd2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。