緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サメット・バンペー トライアスロン
ラヨーンで開催されたトライアスロンに参加。
この大会サメット島からバンペーの海岸まで5.5kmという途方も無い距離を泳ぐ。 
その後は、バイク20km、ラン5kmというおまけの様な短い距離が続く。
ランよりスイムのほが長いというアンバランスなトライアスロン。
2013-12-07 -b
【ぼんやり見えるのがスタート地点となるサメット島】
前日の受付、ブリーフィングの後、チームのメンバーとシーフードを堪能、ビールも遠慮なく頂く。
フルマラソン前日みたいに神経質になることもなく熟睡。
5時半頃からバイクの準備を始め、6時頃から自転車で会場へ向かう。
今回は、近くでラヨーンマラソンの開催もあり、ホテルから会場まではマラソンのコース。
ちょうどマラソン、ハーフ、ミニ、ファンランの人たちを横目に力を吸い取りながらの会場入り。
会場で朝日を見ながら準備。
2013-12-08 -b
7時45分から船でサメット島に向かう。
サメット島への移動手段は乗合船やスピードボートをイメージしていたが、待っていたのは定員5名という適当なエンジンをつけたようなボロ船数台。。。
エンジンルーム(といっても木で覆われただけ)の上に腰掛けサメット島を目指す。
運悪くマフラー近くで排気ガスが風向きでちょうど顔に直撃するのと、エンジンの熱で尻が熱い。。。
目印として500m置きに直径1mの風船がブイとして置かれているとのことだったが、間隔もまちまちだし、最短距離ではなくジグザグに置かれいるとしか思えなかった。
そして乗っている舟には浮き輪も見当たらないが、復路では救護や給水を担っているのだろう。
でも船頭のオヤジが溺れている人を見つけ勇敢に飛び込んで助けてくれるとはとても思えない。
どんどん不安が増し、約30~40分ほどでサメット島に到着。
生還できるかという緊張からかスタート前の30分の間にトイレに2回行く。
命綱となるゴーグルも念入りに洗って、着け心地確認。
そしてスタート。
この少ない人数でこの長い距離だとスタート直後のバトルもないが、近くに人がいないと不安。
迷惑にならない間隔を保ちながら、泳ぐ。
事前説明では、一つ目のブイは左から通過、二つ目以降からのブイは右から通過するはずだったが、二つ目、三つ目から周りの人達は一つ先のブイも見計らってショートカットしている事に気付く。
確かにブイの位置も適当だろうし、 ブイも波で流されている可能性もある。
ブイの左から通過を律儀にまわって大回りするより、最短距離を進むのが生き延びる術たろう。
中程くらいからまわりに人がまばらとなる。
50mくらい右にも人がいるし、50mくらい左にも人がいる。
どちらを信じていいのか分からない。
とりあえずブイを信じて泳ぐ。
時々ピリッとしびれる様な刺激があったり、チクチクと痛かゆさを感じることがある。
きっと得体のしれない生物が潜んでいるのだろう。
右側でしか息継ぎができないので、あごひげが首と擦れ痛くなる。
そのうち血が流され、人喰いサメなどがその血をかぎつけ、自分の喉に噛み付いてくるのではと恐怖に怯える。
ようやく海岸が見えるがゴール地点がどの辺りか思い出せない。
そして目印のブイが見当たらない。
立ち泳ぎで見渡すもまわりに人もいないし焦る。
50mくらい先に、参加者のスイムキャップを発見。そのキャップを目印に泳ぐもあまりに小さすぎる。
少し泳いでまた前方確認すると見失ってしまっている。
しばらく自分の感覚で。だけど方向音痴だしその感覚も不安。
ようやくずっと左にゴール地点が確認。
まだ先だがゴールが見えればひとまず安心
やっとで脚がつくところになり久しぶりに大地を踏みしめる喜びを感じる。
131208-01b.jpg

フルマラソン完走後のメンバーの応援もあり、当然日本人メンバーのなかでは1番と思っていたのにO林氏が5~6分先行しているとの衝撃の事実を聞かされる。
泳力にそんな差はないはずなのに何故5~6分も…。
かなり遠回りしていたのか?O林氏のスイムのスタミナが半端ないのか?疲れた頭と体では状況がなかなか呑み込めない。
おまけと考えていたバイク、ランもゆっくりできない状況になってしまった。
でも5~6分をバイクとランで追いつくには距離が短すぎる。
そしてたしかに5~6分差で折り返してくるo林さんとの距離も縮まらない。
完敗でした。。。【記録;3時間14分36秒】
131208-02b.jpg
【来年は立場逆転したい。。。】
スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/317-1d0b5006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。