緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



母の日マラソン
12日は王妃の誕生日という事で恒例のベンジャキティ公園で開かれている母の日マラソンに参加。
ただし今年は、ハーフの部が新設されていたので、もちろんハーフにエントリー。
約1ヶ月後の勝負レースのリバークエーに向け、最近こまめに大会参加しているので調子も上向きのはず。
ただ2日前のトライアスロン仲間の飲み会で、なぜか測定した体脂肪率が28.8%でメンバー最高値を記録したことが精神的ダメージが大きい。
体重増加は筋肉が増えた?との勘違いを思い知らせれる。
目標は、4分15秒ペースの維持で1時間30分くらい。
ハーフといっても10.5kmのコースを2周で10.5kmとのスタート時差は45分。
10.5kmの部がスタートする前に2周目に入らねば、人込みに紛れてしまう。
キロ4分30秒を下回るペースで走らなければならず、このちょっぴり厳しい関門にも気をつけなければならない。
スタート位置は、最前列を確保できた。
あとはタイではよくあるスタート時間の遅れで10.5km組との時差が削られないことを祈るのみ。
ラマ9世公園等の大会で場数を踏んでいるJog & Joy が豪華スポンサーの支援をうけてレース運営に当たっている為、ほぼ定刻の5時15分スタート。
想定したとおりケニア人が追い抜いて、どんどん薄暗さに紛れて消えていく。
その走りに触発されてか、ハイペースで入ってしまった。
2km通過がほぼ8分で、4分ペース。
そんなペースでも実力のあるランナーが追い抜いていく。
しかも呼吸と足音が全然違う。
5kmほどで、もう4分15秒ペースは維持できていなかっただろう。
2周目を走りきれるか体力勝負の我慢の走りになってしまった。
ラマ4通りにでると皆、立体交差の陸橋をのぼっていることに驚く。
去年まではひたすら平地を走っていたのに…。
交差点での交通整理、陸橋のアップダウンでコースに変化をつけるという事でこちらのほうが良いのだろうが、
坂の上り下りすることは全く考えていなかったので、突然の仕打ちに正直心が折れそうになる。
いままであまり気にせず走れてた体重が上りでいっきに重力の影響を受ける。
この体重を前へ運ぶ筋力も備わっていない。
一気に心拍数があがり、疲労が増す。
その分下りで速くなるかというと、着地時に重い体重を支えなければならない為、膝への負担が大きそうでビビッて突っ込めない。
そんなアップダウンを2回繰り返し、1周目44分台。
この段階でハーフ90分は無理だと悟ってしまった。
横目でスタート場所をみると10.5kmの部はまだスタートしていない。
とりあえず人込みを避けて走る体力の消耗は避けられ安堵。
走る前は2周目からペースアップという妄想を抱いていたが、現実はペースダウンを抑える我慢の走り。
ふたたびスクンビット通りに出て、MBKをまっすぐ目指すが、1周目とコース変えた?と思うほど長く感じる。
結局、ペースアップすることなく我慢の走りが続いて、1時間31分31秒で30歳台男子9位。
結果
1時間30分切りを目指すリバークエーに向けて課題が山積みすぎる。。。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/306-b70f81d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)