緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



体重別大会
毎年パタヤマラソンの1週間後に開かれるラマ9世公園での体重別大会に参加。
そして毎年の様に 60-67kg級か68-74kg級かのどちらに参加するか悩んでいる。
朝体重計にのると67kg。
これで60-67kgに参加するのは不利だ。
当日受付を済ませ、ゼッケンを受け取る時、チップが無くてもよいか?と聞かれる。
チップ???
2、3年前はチップ測定なんて思いもしないほど小規模で入賞の可能性が高い大会だったが、
今年はチップ計測を導入している。
そしてオンラインでも登録できるようになったらしく、事前登録している人がかなり多い。
タイの大会も最近当日受付は、参加賞のTシャツが無くなるなど厳しくなりつつある。
更には、60-67kgのグループのゼッケンがなくなり、68-74kg級のゼッケンが渡される。
チップ無しのうえ違うグループのゼッケンって入賞資格なくなるの?と心配になる。
アナウンスではチップ無しでも人為的計測もするとのことだが、自分のように違うグループのゼッケンをつけている人が沢山いる中そんな事は可能だろうか?
そもそもチップのタイプが紙のゼッケンに張り付いているタイプで、本当に計測できるのか疑わしい。
アナウンスを信じて、もし68級で入賞となったら、水や食べ物をとって体重を増やそうとたくらむ。
しかし、あくまでもこの大会の参加目的は入賞ではなくスピード練習。
心臓が飛び出すほど追い込みたい。
でもスタートの位置が中ほど。
スタートの合図がなっても、歩き出してのスタートとなってしまった。
外側から大回り、時にはジグザグで追い抜いていくが余計な体力を使ったのか、2kmほどで苦しい。
果たして10km持つのか…。
折り返しでは、体格のよい白人二人がトップ争い。どちらも60kg超え。
60kg級では入賞難しそうだろうが、68kg級ではどうだろう?
わずかな入賞の望みを残して、気力を維持。
先週フルマラソンを走っているせいか、思ったより心拍機能は持続できている。
体重をおとせばもっと軽快なスピードで走れそうなのだが、それは今後の課題とする。
それでも追い抜かれることは少なく前との距離もじわじわ縮まっていく。
そんな中、久しぶりにかつてのライバルを見つける。
残り3kmを併走。
彼も自分の存在に気づいて、ペースをあわせてくる。
苦しく会話できる状態ではないが、声を掛け合わなくても、お互いの調子など確かめあったり、暗黙に励ましあったりする感じが心地よい。
残り1kmでラストの追い込みの合図として呼吸のリズムを変える。
彼もついてくる。
そんな感じで先行するランナー一人を二人で左右から追い抜く。
それに触発されたのか、追い抜いたランナーが再びペースアップし前にでる。
自分だけ、この争いには付いていけず随分離されて40分43秒でゴール。
そしてゴールした時には60kg級、68kg級までも入賞枠もすでに埋まっており、結局入賞はいらない心配だった。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/303-55cd9756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)