緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



rayong marathon 2012
翌日早朝からのジャカルタ出張を控え、また10日ほど走れない日が続くだろう。
走れる時に走り貯めをしておきたい。
プーケットではアイアンマン70.3が開催されていたが、さすがに準備時間も気持ちも余裕がない。
手軽なラヨーンで開催されるフルマラソンに練習の一環で参加する事を決めた。

走り込み期間として、バンコクマラソン、アユタヤハーフマラソンと毎週大会参加してるし、この大会に向けて練習量を落として調整しているわけでもない。
気が付けば、かなり慢性的な疲労が貯まっている気がする。
そこで前夜ラン仲間との夕食の後、久しぶりにタイマッサージに行くことにした。
スタート時間が午前4時と早いため、1時間のコース。
担当のおばちゃんも上手かったが、背中のマッサージを始めるとビックプロブレムだと言い出す。
肩、背中の凝り過ぎているらしい。そのおばちゃんではお手上げらしく店の先生らしきおばちゃんに交代。また凝りをほぐすのに1時間では足りず、2時間に延長。
おかげで鉛のような肩、背中、腰の重さはなくなり、短時間ながらもよく眠れた。

今年は、男子は上位40名まで2500バーツの賞金を振舞うらしい。
しかも賞金稼ぎのケニア人はシンガポールなど高額賞金レースに参加している様でフルで1名のみの参加。
賞金の誘惑はあるが、賞金受理資格として3時間45分内で走らなければならないらしい。
2週間前のバンコクマラソンが3時間48分の自分にとって微妙なタイム設定。。。
とりあえずゆっくり入って、最初の7km過ぎの折り返しで順位を数えてから、決めよう。。。
スタート後キロ5分30秒で入ると話していたjognote仲間のT氏の後ろを走る。
2km通過が10分弱で、あれ~5分30秒ペースと違う~(泣)。とペースを自制する。
7km付近の最初の折り返し。総合順位で賞金圏内かを確認。
70人くらいまで数えて、数えるのを諦めた。
序盤で尿意を感じる。
スタート前に済ませたのに。。。
我慢して走るのも嫌だし、小問題を解決する場所を探し始める。
適度な薄暗さ、広大な海、波の音などベストロケーションを見つけ、小休憩。
前のランナーとは離されたが、順位は変わっていない。
ようやくレースに集中になった。
体も軽くなった感じがしてペースも上がり、再びT氏発見。
15km付近からずっと併走させてもらう。
20km通過が1時間40分41秒。
ほぼキロ5kmペースで、想定外の速いペースで走れている。
このペースで30km過ぎで更にペースアップできるのだろうか。
そもそも最後まで走りきれるのだろうか。
そんな心配とは裏腹にT氏はペースを落とさないどころか、ペースアップしている感じ。
また差が開く。
27km付近の折り返し。
去年はここでペースアップして、終盤まで持たなかったな~と記憶がよみがえり、今年は残り10kmからのペースアップを目標にまだ我慢。
30km通過が2時間34分25秒。20~30区間5分22秒ペースで若干ペースが落ちていた。
それでもまたT氏に追いついて併走していたが、痙攣の予兆があるようで、先を促される。
そしてラスト10km、何とかペースを一段上げることが出来た。
呼吸は荒くなるが、脚はまだ動く。
前からの日差しは厳しくなるが、時折の海風、波の音が心地よい。
疲れのみえるN氏を含めたランナー達を拾っていく。
ラスト2km付近の上り、昨年ペースアップのタイミングが速すぎたため、この辺で走遊会I氏に追いつかれ引き離された記憶が蘇る。
今年はペースアップのタイミングがよかった。30kmから4分48秒ペースで3時間32分01秒でFINISH。
年代別入賞予備札12位(入賞10位まで)は貰ったが、特に入賞、賞金に絡む事もなし。
ただ練習の一環としては上出来過ぎる記録。
やはりゼッケンをつけると真面目に走ってしまう。
20121202-02b.jpg

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/284-b8c73d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)