緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユタヤハーフマラソン
クラブタイランドカフェでも受付するなどの宣伝効果か、会場では多くの日本人を見かけた。
会場では珍しく日本語通訳のアナウンスもある。
バンコク走遊会のメンバーも十数名が集結。

来年30歳代最後の年で入賞回数を増やす為、
(40歳代になると層が厚くなり、入賞は困難。)
来年に向けて、先週バンコク(42km)、今週アユタヤ(21km)、来週ラヨーン(42km)と痛めつけ調整期間とした。
先週、来週のフルはゆっくり走るので、今回のアユタヤは追い込んで走ったほうがいいか。
しかし久しぶりのハーフなので自分がどれくらいのペースで走れるかも分からない。
とりあえず100分以内を目標としてみる。

スタート後、暗闇の中を走る。
足元に注意せねばならず、ライトアップされているだろう遺跡には目がいかない。
日本人は多いが、参加者全体数としては少なめか。。。
先頭集団があっという間に見えなくなるほどの圧倒的な速さで離される感じでもない。
序盤、走遊会T内氏とT野氏についていく。
この長身かつ足の長い二人についていくのは惨めさも感じる。
負け惜しみで無理してついているのでは?、このペースでハーフ走りきれるか?自問しながら走る。
やがてT内氏にはどんどん離され、T野氏とも差が開く。
7km過ぎの折り返し。すれ違う走遊会メンバーやラン仲間に手をあげて挨拶するが、声までは出せない。
でも調子は悪くなさそう。呼吸もまだ余裕あり、脚もまだ動く。
中盤でT野氏に追いつき、T内氏を目指す。
しかしその後2、3回の折り返しでT内氏との距離を確認するも、どんどん離されているのは明らかだった。。。
だけど1時間32分5秒でゴールして受け取ったもの。。。
20121125-01b.jpg

今年は諦めてた年代別入賞(30-39男 4位)。
久しぶりの入賞は、嬉しかった。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/283-f8d9dba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。