緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオヤイ ヒルクライム 第4弾
20120623-2.jpg
バンコク トライアスロン以来バイクに乗る時間が無かった。
2週間ほど間があくと無性にバイク乗りたくなる。
休業日となる土曜日が待ち遠しい。
思う存分バイクを楽しむ為、カオヤイでのヒルクライムを計画。
当初一人の予定だったが、前日走遊会S氏から仕事の都合がつき行けそうとの知らせあった。
自転車好きが集まるプラチンブリ側料金所手前のホテルで待ち合わせ。
他にハイソっぽい数人のタイ人が高級バイクの準備をしている。
その中にS氏がペダリングを伝授してもらったというタイロードバイク界で有名な日本人K氏がいて、挨拶。
K氏の話では、今日はパクチョン側ゲートまで往復する為グループでゆっくり1時間20分くらいかけて上るらしい。
1時間30分の実力の自分にとっては次元の違う話。
でもS氏は何処までついていけるか試したいらしい。
それに上手い人の後ろにつけば、ペダリングやギアチェンジのタイミングなど勉強になるとのこと。
そしてヒルクライム開始。
自分は皆の邪魔にならない様最後尾からスタート。
S氏が頑張って先頭の5人くらいのグループについていっているのが分かる。
バイクやバイクジャージをみると格段に速く見えても、中にはそんなに速くない人もいた。
2~3人序盤で追い抜く。
今日の課題は、後半までペース配分を考え、何としても1時間30分切りを果たす。
そのうちS氏が見えてくる。
スタートから集団に着いて行っていてバテてるのか?しばらく後ろにつく。
自分の存在をアピールしようと、上り坂で前に出る。でも下り坂で差を縮められ再び前に出られる。
12km付近のチェックポイント。
通過が30分切るか切らないかのタイムで通過。
このままバテなければ1時間30分きれる。
そして前回1時間23分で走っていたSさんに出来るだけついていけば1時間30分切りは確実。
その後も隙を狙って2度ほどS氏の前に出るが、すぐまた前に出られる。
まだバテてないようだ。
25kmくらいまでついていけた感じ。
そこから長い下り坂が続いてノーマルクランクとコンパクトクランクのギア比の差が出たのか若干差が開く。
最後の上りはたち漕ぎが出来るだけの体力が残った。
そしてS氏の背中もまだ見える差でゴール。
タイムはS氏の1時間20分台に対し1時間21分台。
(スタート直後ストップウォッチの操作にもたつきはっきりした秒までは計測できず。)
あれほど苦労してた1時間30分の壁が何故かいとも簡単に越えられた。
しかも10分ほど大幅短縮。
かなりうれしい結果。
前にお手本となるペースメーカーがいたからだろう。
たぶんひとりではこのタイムでは走れなかっただろう。
それにしても1時間20分くらいでゆっくり走るはずの集団は何処へ。
全く見えなかった。まだまだ速い人達がいることに感心。
20120623-3.jpg
【昼食後シカに遭遇】
20120623-1.jpg
【帰りの下りの途中、野生の象の群れに遭遇。危険なので森に戻るまで足止め】
スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/267-d9f24366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【カオヤイ ヒルクライム 第4弾】

バンコク トライアスロン以来バイクに乗る時間が無かった。2週間ほど間があくと無性にバイク乗りたくなる。休業日となる土曜日が待ち遠しい。思う存分バイクを楽しむ為、カオヤイでのヒルクライムを計画。当初一人の予定だったが、前日走遊会S氏から仕事の都合がつき行け...
[2012/06/24 07:49] まとめwoネタ速neo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。