緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



バンコク・トライアスロン
バンコク・トライアスロン。
結構大会の規模が大きく驚く。
新たに日本人トライアスロン仲間とも知り合いになれて良かった。
先週のラヨーンでのトライアスロンは波の高さで結果デュアスロンとなり、スイムを含めたトライアスロン・デビューは未遂に終わる。
バンコク・トライアスロンのスイムコースはチャオプラヤ川。
20120603-1.jpg

波の高さはないが、水質が…。
この水質で体が蝕まれる事を避け、スイムのないデュアスロンに変更する人も多いようだ。
でも先週も経験したラン→スイム→ランのデュアスロンでは走ってばかりで嫌気がさしそうで避けた。
それに事前情報では川の流れがあり、通常より速く泳げるらしい。
トランジットエリアからフェリー?で参加者が1.5kmほど離れた上流まで搬送される。
トライアスロン・ロング(スイム1.5km+バイク55km+ラン10km)の部の参加者だけでも200人は超えてそう。
白人の若そうな女性も多く、皆で泳げば怖くないという根拠のない安堵感が生まれてきた。
スイムは1分置きに3つのグループに分かれてスタートする。
最初のグループでスタート。
水の中の視界はほぼない。
周りの人とぶつかり合いながら泳ぐ。
気づけば斜めに泳いでしまい、頻繁に前方確認が必要となる。
自分がどれくらいの速さ、位置で泳いでいるのかわからない。
前には沢山の人が泳いでいるように見える。
まわりに女の人も泳いでいる。しかも時折平泳ぎ。
大昔スイミングスクールに通ってた事もあり、スイムはそこそこ出来るだろうと思ったが、
ひょっとしたらスゴい遅いのかもしれないという不安にかられる。
そして船の近くでは、何となく水からオイルの臭いがする。
川岸からの打ち返しの波で体がプカプカする。
そして何度か水を飲んでしまった気がする。。。
ようやくトランジット。
まだ沢山のバイクが残っていたので、それなりの位置で泳げたのでは。
続けて未熟なバイク。
スイムで腕は酷使しているが、脚の疲れはほとんどない。
それでも、先週と同じように前半からまるで風を切り裂いて走るTTバイクに数台抜かれる。
後は、追い抜いたり、追い抜かれたりのレース展開。
どちらかと言えば追い抜かれるほうが多かったか…。
まだまだ課題が残る。
しかもバイクの距離は、55kmと長め。
息があがり、なるべく意識して使っていた太もも裏やお尻の筋肉も疲れバテはじめる。
速度も時速1~2km落ちた感じ。。。
やはりバイクも持久力が重要だ。
ランへのトランジット。
今回はトランジット時間短縮の為、用意したのがゴム紐。
昨日の受付会場で売っていた。
使い古しのターサーに紐を通し、トライアスロン専用シューズとする。
20120603-2.jpg

前回はマラソンの大会でルーチンワークとなっている紐を下から順番に締め上げて、最後には解けないよう二重結びをしていた。
今回は、靴のべろを引っ張って足をいれワンタッチで紐止めするだけ。
わずかだが時間短縮できる。
でも走ってタイム短縮するより全然楽。
心配していた履き心地は、若干ホールド感が損なわれる感じだが、10km程度距離で、もはやスピードが出せなくなっている状態では、タイムへの影響はない。
ラン開始ですでに2時間10分。
漠然とした目標の3時間切りはキロ5分ペース。
普段の10kmレースなら難なくクリアできそうだが、スイム・バイクを終えた後では厳しい。
ランでは皆バテてるのか、それほど速くないペースでも沢山の人を追い越すことができた。
ランは2.5kmのコースを4周。
周回を重ねる度に、日陰が少なくなり暑くなる。
給水所では、スポンジ+水で体の内外を冷やす。
冷やさないと体が蒸発しそうだ。
マラソンと違って、ここまであらゆる筋肉を総導入してのレース。
無駄についている贅肉が憎い。
もっと体を絞らなければと思う反面、今は浴びるほどビールが飲みたい。
3周目終盤、あと1周で終わってしまうのか…と寂しくなる。
すごい疲れているのに、暑さでバテてるのに、もう少し走っていたいという不思議な気持ちになる。
でも時間は3時間切れるか微妙で、のんびり走らせてはくれない。
時間を見ながら、大丈夫か?と気に掛けながら最後の1周走る。
結果、自分の時計で2時間57分36秒。
フルマラソンではもはや達成できないであろうサブ3という時間を、とりあえずトライアストン・デビュー戦でクリアできて良かった。
20120603-3.jpg

次はオリンピック・ディスタンス(スイム1.5km+バイク40km+ラン10km)で2時間30分切りを目指したい。
スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ


コメント
デビューおめでとうございます
トライアスロン本格デビューおめでとうございます。
長年の夢を着実にかなえて、よかったですね。
私たちも同じ日に上海トライアスロンに参加してきました。
またどこかでご一緒に走りましょう。
[2012/06/04 08:13] URL | Tora & Tomo #mQop/nM. [ 編集 ]


Tora & Tomoさん。
やっとで同じ土俵に上がる事が出来ました。
今後も宜しくです。
[2012/06/04 21:37] URL | アシックサ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/264-e6044ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)