緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオヤイ・ヒルクライム
走遊会Sさんに誘われカオヤイへ。
皆で仲良くツーリングを楽しむのかと思いきや、
Sさんが、マラソン・レースでも見た事がないウォームアップを始める。
そして、メンバー。
走遊会Sさん。フランス女性Cさん。
(マラソンではもはや彼女には勝てない)
コラートから現地合流したTさん。
(彼もランナー。しかも走力は互角以上。)
マラソンでも健脚揃いの彼らが、タイム・トライアルをするらしい。
ひょっとして場違いかも…と不安がよぎる。
ハンディとして5分後にスタートするTさんにスタート前いろいろ教えてもらう。
・マラソンよりロードバイクは辛い
・途中のVIEW POINTまでが険しい上り。そこから普通の上り・下り
・VIEW POINTを30分前後で通過すれば1時間30分前後でゴールできる。

自分を含む3人が先行でスタート。
ダンシングせずにパワーで上っていくSさん。
TTバイクなのに器用に山を登るCさん。
すぐに離され置いていかれる自分…

すぐに息がゼイゼイ。
心拍数がマラソンでも経験した事がないくらい上がる。
しかも坂は続き、休む事は許されず、漕ぎ続けなければならない。
前の二人は辛くないのか?
これがフラットべダルとビンディングペダルの差なのか?
自転車の性能の差か?
経験の差なのか?
体力の差なのか?
それにしても差がありすぎる感じがする。

20分経過後、5分遅れてスタートしたTさんが颯爽と上り坂で追い抜いていく。
何故あんな軽快に上り坂を上れるのか?
ひょっとして2時間くらいかかるかと覚悟しながら一杯一杯で走り続ける。
そしてVIEW POINTと思われる通過タイムが32分。
予想より悪くない。これから普通の上り・下りになるはずだし…。
時々の下り坂。時々吹く冷たい風が一瞬苦しさを和らいでくれる。
緑に囲まれ鳥、動物の鳴き声に癒される。野生の猿とも遭遇。
交通量も少なく、自転車には最高のコース。苦しいけど楽しい。
ゴール地点のT字路が見えた時には、格別の嬉しさ。
1時間32分。フラットべダル&ランニングシューズのわりには健闘したタイムらしい。
Tさん 1時間7分
Cさん 1時間15分
Sさん 1時間19分
レベルが違い過ぎる。

その後コラートへ戻るTさんとは別れて10km離れた滝へ。
一部坂をのぼり切れず、自転車を降りて歩くという屈辱を味わった。
また途中道を間違えたかと思い引き返し余計な体力を使う。
スタート地点までの戻りは下りだから、漕がなくても進むから楽というSさんの言葉と裏腹に地獄を味わう。
腰、首が痛くなる。
そして途中手、足がしびれて動かなくなりそう。
思考能力も低下。冷静にギアの切り替えが出来ない。
ついには大した上り坂でもないのに自転車から降りてしまう。
うまく歩けない。再び自転車にまたがろうとすると太ももの内側がつりかける。
少し休んで、またゆっくり自転車で下る。
下り坂なのにとても時間が長く感じる。
何とかスタート地点まで辿り着いた。

自分はフルマラソン以上の疲労を感じているのに
疲れや痛みを感じていない二人が信じられない。

でもこれだけ苦しい思いをしたのに楽しかった。
そしてロードバイクは奥が深い。次はもっと速くなりたい!!
スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/252-01c9623e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。