緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



River Kwai Half Marathon 2011
この大会では、唯一ハーフマラソンを真剣に走る。
でも今年は30回記念で30kmの部がある。
イベント性を強調されると、どうしても参加したくなってしまう。
今回の30km大会は39歳以下と40歳以上の2つのカテゴリーしかない。
実質30歳以下は、10代、20代といった若い年齢の参加は少なく、同年代での競争になるだろう。
スタート地点の人込みの中、日頃入賞する同年代のタイ人を3人見かけてしまった。
あと速そうなオーラを放つ若い白人が、目の前にいた。

30kmの攻略は難しい。
昨日ロードバイクでコース下見をしたところ、難所は11km過ぎからの長い上り坂だろう。
前半は体力温存しつつ後半勝負が妥当な戦略だろう。

スタート直後、前には十数人。
中には予測していたとおり、同年代のタイ人3人と若い白人もいる。
そして走遊会のKさん。
ついて行くにはペースが速すぎる。
また上り坂では、走遊会仲間のフランス女性が呼吸を乱さず颯爽と追い抜いていく。
前半はは我慢して自分のペースを乱さない。

11kmからの上り坂を過ぎ、14kmでトップのあの若い白人とすれ違う。
独走。そして同じカテゴリー。
総合2位も同じカテゴリー。
同じカテゴリー3位、4位もライバル。ただ自分とは差がかなり開いている。
折り返しではカテゴリー別6位。
だれかが脱落するのを期待するしかない。

と思った折り返し直後、同じカテゴリー(同じ年代)に追い抜かれる。
この人にも過去勝てたことがない。
なぜまだこの位置にいるの?
後半に体力温存していたのか、どんどん離される。
もう入賞は無理…。
後半ペースを上げる事は出来ず、ペースが落ちるのを我慢して走るのがやっと。
結果
2時間19分。
総合11位。
カテゴリー別6位。
もう一つ順位があがれば入賞圏内だったが、それ以上に入賞者達と実力差が開いていると痛感させられた。
20110911-01B.jpg
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/250-14cf7347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)