緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナコンナヨックのダム沿いでのハーフマラソン
去年ここのフルマラソンを走って地獄を見た大会。
今年もフル部門があるが、ハーフ部門にエントリー。
理由は、今は無性にロードバイクが乗りたい。
会場周辺は、道が広く、交通量も若干少ないので、マウンテンバイク、ロードバイクなどの自転車乗りが多い。

今回のハーフマラソンの目標。
『惜しい入賞圏外!』
次週の30km大会に向け、ほどほど頑張って調子を確かめたい。
でも入賞してしまうと、フル・ハーフ・10KMとカテゴリーが沢山ある為、表彰式が長そう。
そうなるとバイクの練習時間が削られる可能性がある。

速い人達が沢山いて、頑張ったが、残念ながら入賞には届かずという展開が理想。
でも、他の場所でも大会があり、フル部門にも速い同年代の人達が流れたのか、入賞する顔見知りのタイ人が少ない。
チェックイン時に積極的に場所取りをするランナーも少なく、スタートは最前列。
200mほど走っても、トップと並走。
調子に乗り過ぎてしまいそう。
自分を取り戻し、自分のペースで走ることを心がけると、数人に追い抜かれる。
この大会は3,4度目でコース戦略も理解している。
最初のダムの堤防への上り坂があるが、ハイペースで突っ込まない。
下りは慎重に走る。
ここで無理すると、後半、足に疲労が出てきて、失速する。
頑張って走るのは、堤防を下りきってからの10km。
堤防の上では、景色を楽しむ。
ただ今回、開催が6月から9月へ、スタート時間も朝5時と変更になり、堤防からの景色は真っ暗。
景色を楽しめない。そして折り返しのランナーで年代別順位確認が出来ない。

堤防からの下り坂は、足に負担が掛からない様ブレーキをかけながら柔らかい着地を心掛ける。
やはり、後から勢いにまかせてバタバタと大きな音を立てて走ってくる3人に追い抜かれる。
下りきるまでの我慢と辛抱し、下りきってからペースをあげ500mほどで先ほどの3人をパス。
その前とも結構差があったが、じわじわ差を縮めてパス。
15km付近の折り返し。
総合1位は速く、同カテゴリ。2位が一つ若いカテゴリで、3位がまた同カテゴリ。
この人達は、走力が別格で、差は2kmほどあるし、前にはまだ数人いる。
(入賞圏外の)いい位置かもと思うも、次の同カテゴリーが走ってこない。
結局、2kmほどある差の間に同カテゴリーの人はなく、自分が年代別3位。
後の人達も失速してる人が多く、追い上げてくる勢いのありそうな人は見当たらない。
いっぽう自分はあと数キロしか残ってないのと思えるくらい調子がいい。
入賞圏外はあきらめて、さらにペースを上げる。
残り3kmほどで追いついた60歳台1位のタイ人ランナー。
自分のペースについてきて、一緒に2~3人をパス。
なぜその年齢でレース終盤このペースで走れるのと感動。
自分も負けじとペースを落とす事ができず、頑張れる。
残り500mでようやく振り切れた。
そして年代別3位。タイムは1時間37分で思ったより時間がかかっている。
心配していた表彰式も、マラソン女子の総合1位がゴールする前に始まり、入賞者が揃ったカテゴリーからの表彰だったので8時30分にはトロフィーを貰うことができた。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/246-fc51a0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。