緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



パンタイノラシン
「このお寺って有名?」
ここの大会に初めて参加する走遊会のメンバーに聞かれる。
たしかここにまつわる話があった様な…思い出せない。
ネットで検索してみると
走遊会の御大Kさんが紹介している。

「パンタイ ノラシン物語」

タイ日辞典 冨田竹二郎 養徳社より転載
パンは階級名、(千の意味もあり)。
タイはナーイタイで舟のかじ取り(首席船頭)、ノーラシンが名。

2247年(1704年)のある日、つり好きのスア王はサムットサーコン県の曲がりくねった運河を通っていたが、流れが強く操舵が難しく、ノーラシンはついに船首を岸上の樹の枝にひっかけて折ってしまった。
当時の法律では国王座乗船の船首を折損した者は首をはねるように規定されていた。
彼は岸に跳び降り、小祠を作り折れた船首を祭り、自ら首をはねて共に祠に供えようとした。
王は罪を赦すと仰せられたが、ノーラシンは「国法を曲げてはなりませぬ。後々の示しがつきませぬ。」と言う。
王は泥土で彼の像を作り、その首をはねて済まそうとしたが彼は承知せず、王はやむなく処刑させたが、妻子に多大の恩賞を与え、三万人を徴発してまっすぐな新しいコークカム運河を掘らせたという。

4年前に初めてトロフィーが貰えた思い入れのある大会。
ハーフの5歳刻みなら最近はかなり高い確率で入賞できるのに、ここの大会は4年前から入賞できていない。
ここの大会はベンジャロンのトロフィーで綺麗な為、今年こそは入賞狙いたい。

毎年この大会頃から暑くなりはじめる感がある。
暑さからか?体重増加からか?練習不足からか?ペースが上がらない。
距離も1kmほど短い様だったが(1時間30分30秒)、はるか遠く感じた。
そして入賞もはるか遠かった(5位の入賞タイムで1時間23分)。
20110213-01B.jpg

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/226-1e5edee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)