緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は10km
15日はチュラロンコン大学で開催されたミニマラソン(10km)に参加。
去年も参加したが、実際の距離が長かった(13km)印象が残っている。
10kmレースのつもりで臨んだら13km持たないと思い、事前にコース確認。
大会パンフレットによると、今年はコースが若干変更して短縮している。
20100815-1B.jpg
たぶん10kmないだろう。
これなら最初から迷いなく思いっきり走れそう。

自宅から車で向かうとバンコク方面に雷の光がみえる。
ひょっとして雨?去年も雨が降った気がする。
会場はやはり雨で、駐車すると学生が大きな傘をもって受付まで送ってくれる。
雨の大会運営も慣れた感じだ。

バンコク市街地を走るにも関わらず参加者少なめ。
やはり雨が降ると参加者減るようだ。
でもこの大会、Over allで1位3000B、2位2000B、3位~5位1000Bと賞金がでる。
賞金がでると、どこからともなくやって来るのがケニア人。
今回は3人が参加。そのうち1人は同じ30代。
そして12日の大会で全体1位となった30代タイ人もいる。
12日の大会のようにover all枠が年代別と別枠ならば彼らが抜けて年代別で入賞狙えそう。
雨でアップする人はほとんどいない。
スタート前に服やシューズが濡れるのは避けたい。
雨が当たらない場所で柔軟をして、スタート前小雨になり100mくらい走っただけでスタートラインに並ぶ。
先週の人込みとは違い、前から3列目くらいで並べる。

スタート後、スムーズに前に出れる。
思ったより視界が開けるのが早い。
気付くと隣にケニア人もいる。
つかの間のトップ集団で気持ちいい。
その集団で学校を出て左折。
曲がり角には水溜りがあり、集団の真ん中にいた自分は思いっきり水溜りに突っ込んだ。
せっかく濡れない様にしていたシューズがはやくもビショビショ。
そこからは、やはり実力とおりにじわじわ離されていく。
同年のサブ3ランナーや50代の憧れのタイ著名人ランナー・Nさんに追い抜かれる。
なんとか後ろ姿がみえる位置で、少しでも長く走りたい。
途中、走りに熟練さを感じる40代ランナー(たぶん50歳近いだろう)と並走することで刺激になっていた。
一度追い抜かれたランナーやバテたランナーを追い越していける。
でも前半に思い切って行きすぎたのか、ペース維持が辛い。
そのうえバンコク市街地コースは排気ガスや騒音が煩わしい。
走っている前にバスが停留していて、発車時の黒煙を浴びてしまった。
マーブンクロン前を左折してチュラ大へ向かう。
学校の入り口はまだか?と思ったより長く感じる。
じわじわ並走していた40代ランナーにも離される。
ようやく学校の入り口。
スタート時はあっという間に過ぎた区間だが、ゴールがやけに遠くにみえる。
最後の力を振り絞って37分15秒でゴール。

年代別5位の入賞札が渡された。
思ったより前に30代が走っていたんだな~とギリギリ入賞という結果にいまいち不満。
ゴール後、12日の全体優勝のタイ人がいたので声をかけてみた。
「また1位?」
「ケニア人が3人いたからダメだった」
と2位と4位の札を見せてくれた。
『え…。何故入賞札が2枚…。』
そして同じ年のサブ3ランナーに
「良かったな」と声をかけられ、彼がもっていた4位の札を見せられる。
『え…。何故4位が2枚…。』
走った直後で混乱している。
ようやく冷静になって、もしかしてこの5位の札はoverallを含めた年代別順位!
(over all5人は別枠としてトロフィーがあるわけでなく、年代別トロフィー+賞金となっていた。)
30歳台 1位ケニア人(全体1位)2位タイ人1位(全体4位)3位と4位は35分台。その次が37分台の自分。
タイムも違うし、トロフィーも小さかったが実力者の中に割り込めて、とても嬉しかった。
ケニア人を含むエリート達と並んだ表彰式の写真がほしかったが、壇上のスペースが小さく、一人づつしか上がれず並ぶことなく終了…。
20100815-3B.jpg

20100815-2B.jpg
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/209-102c43ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。