緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パタヤマラソン 2010
20100718-6B.jpg
1週間前までは憂鬱でしかなかった。
5月、6月の月間走行距離が150km程度と少ない練習量。
6月初旬のフルマラソンの苦しさをまた味わうのか?
暑いパタヤでは記録も期待できない。
せめて4回目になるパタヤでの去年の自己ベスト3時間25分台を更新しようと思うも今年はコースが大幅変更。
昨年の記録と比較もできない。
暑い中、何の為に苦しい思いをしてフルマラソンを走らないといけないのか、価値観を見出せなくなってしまった。
自己ベスト更新という強迫観念があり、それが長らく更新できないもどかしさで練習も嫌気がさしはじめていたのかもしれない。
マラソンは辛く苦しいだけじゃなく楽しみもあったはず。
ここは開き直って、記録に拘らず「マラソンを楽しもう」と考えることにした。
そう考えると、いままでの憂鬱感が不思議とワクワク感に変わる。

スタート前、走遊会メンバーやマラソンを通じて知り合った日本人達そしてライバルのタイ人達と挨拶。
走り始めて多くの人たちと知り合い、毎年増えていく事が嬉しい。
今年からコースはほぼ周回するコース(フル4周・ハーフ2周)となっている。
スタート地点の市役所からビーチへ向かい、1周目は距離合わせの為か右折する。
この区間が唯一ランナーが往来する区間となる。
まだまだ序盤だが、すれ違う走遊会メンバーにお互いの健闘を祈って手を振る。
またパタヤ特有の異色な声援も序盤から受ける。
特に夜明け前のWALKING STREETまだまだテンションが高く、酔いどれ白人やお姉さん(ほとんどがオカマ?)達の応援は楽しい。
給水ポイントには大きくWATERと書かれた看板、そしてDROP AREAと区別されたコップ捨て場所もあり運営が向上した感じを受ける。
途中、経過時間の大きな電光掲示板が数箇所設置されていて豪華になった感じも受けた。
WALKING STREETを過ぎると、変更後のコースで一番の難所かと思う坂があり頂上付近でチップ計測ポイント。
例年のパタヤ終盤の坂と比べると楽だ。
坂が終るとセカンドロードを北上して戻る。
ここも賑やかで応援が絶えない。
酔っ払いなどの交通規制もしっかりしている。
サポート重視した集約型のコースも悪くないと思った。
キロ表示を見かけなかったが、1周回れば大体の距離が把握でき、不便とは思わなかった。
パタヤ北のロータリーを曲がって2周目。
ハーフと合流しはじめるが、懸念していた混雑もそれほど影響なく走れる。
前後に間隔が開き孤独で走るよりも、気が紛れて良い。
夜明けの海岸は清清しく、景色も楽しめる。
3週目に入ったところでケニア勢が追い抜いてくる。
あれがマラソン終盤の走り?と驚かされるが、間近でトップ選手の走りがみれるのは貴重だった。
そしてファイナルラウンド。
まだそんなに気温が上がっていない感じを受けて例年より走りやすく感じたが、
計測ポイント前の坂では、勾配上がった?と思うくらい足取りが重くなってしまった。
でも6月初旬のフルよりは断然楽に感じる。
あの苦しみも無駄じゃなかった。
この付近でまだ3時間経過していない。
ひょっとして3時間25分内で走れるんじゃない?と期待が湧く。
ファイナルラウンドのみ終盤右折することになる。
ここまで来ると残り3km。もう少しで終ってしまう寂しさがあった。
でも最後にまた上り坂があり、簡単にはゴールさせてくれなかった。
勾配はゆるやかだと思うが、思った以上に長い。
坂を上りきり左折するとゴールが見える。
ここからも長く感じたが、ゴールの賑わいや声援を受けフル完走の達成感に浸るには丁度良い。
3時間28分台でゴール。
平凡な記録でも、やっぱりマラソンは楽しかった。
20100718-2B.jpg
20100718-4B.jpg
20100718-1B.jpg
20100718-7B.jpg



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/205-489740cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。