緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソンクラーン・マラソン
密かにタイで最も過酷なマラソンでは?といわれるルンピニ公園でのソンクラーン・マラソン。
その過酷さの所以は、猛暑。
タイで最も暑い季節のうえ、マラソン個人の部で午前6時、リレーの部で午前9時という通常の大会より遅いスタート時間となっている。

1月のコンケーンマラソンから7月のパタヤマラソンまで間が空く為、この時期にフルを走っておきたい気持ちがあった。
でもこの時期に近場でのフルマラソンは、この大会しかない。
その為、走遊会でリレーの部に参加する企画もあったが、個人の部で参加。
でもリレーで人数の不足があれば、リレーも走ろうという意気込みもあった。

練習の一環という気持ちがあり、疲労をとるために練習量を落とすというような事もせず、軽い気持ちで臨む。
5分/kmで走れば、サブ4は達成できるだろうと、1周2.5kmを12分30秒くらいを目安とする。

まだ薄暗い個人の部スタート時刻午前6時でも暑さを感じる。
ゼッケンが通し番号なので、およその参加人数がわかる。
参加者は男性50名、女性10名くらいで少ない。
毎年暑さで途中でやめる人が多く、完走率は良くないらしい。
走遊会からは3名、他の日本人も合わせると10名くらいで、結構日本人が占めている。
1周2.5km弱のコースを17周。距離合わせの為か?、スタート位置だけ100mほど先。
20100404-3B.jpg
気負いなくゆっくりスタート。
半周くらいで、前を走るのは8人くらい。
その中で、速い人は4人と、既に順位の目処がついてしまう。
途中の給水所で輪ゴムを渡される。
事前に聞いていたが、これで周回を確認するらしい。
とり忘れは命とり。
追加で走らされるかも…とのことだった。
途中で何周したかわからなくならない様、自分の時計で1周毎ラップも記録することを心がける。
5周目あたり(午前7時頃)からはやくも日差しがきつくなりはじめ、サングラス着用。
暑い季節のなかでのレースは、視覚的に疲労軽減させる為にもサングラスは必需品。
苦しくないペースで余裕を感じながら走り続ける。
午前中のルンピニ公園は人が多く、追い越しのライン取りに気を遣う。
あと5周、暑さと周回コースの単調さで疲れが出始めたところ
リレーのメンバーが集まりはじめ、声援を貰える。
あと3周。
お腹が空きはじめたかなと感じた途端、気持ちが悪くなり吐き気も感じる。
やばい。
35kmの壁か?
熱中症か?
急激に気力・体力を奪われる。
ペースも落ち、マラソンの怖さを感じる。
給水所での水分補給や日陰で若干は回復するが、1周2度の給水所での水分補給は不可欠。
しかも1杯は飲んで、2杯目は頭からかぶり、氷を帽子の中にいれて走る。
それでも日が当たる場所は地獄。歩きたい衝動に駆られる。
あそこまで走れば日陰になるから…
あそこまで走れば給水所があるから…
あそこまで走ればスポンサーのゲータレードをお姉さんに手渡しで貰えるから…
あそこまで走れば走遊会メンバーの応援があるから…
と何とか気持ちを繋いで3時間29分で総合5位でゴール。
20100404-1B.jpg

1周目=9'28"
2周目=11'18"
3周目=11'30"
4周目=11'39"
5周目=11'54"
6周目=12'24"
7周目=12'01"
8周目=12'20"
9周目=12'42"
10周目=11'58"
11周目=12'13"
12周目=12'25"
13周目=12'29"
14周目=12'42"
15周目=13'45"
16周目=14"01"
17周目=14'13"

続けて、9時からスタートしているリレーの部の応援。
幸いメンバーが5チーム×4名の計20名も揃っていて自分は走らずに済んだ。
もし頼まれても、走る気力は残っていなかった。。
マラソンが終ってリレーが終るまで約4時間。
さらに暑さは過酷になり、日陰も少なくなる。
そんな中、走遊会のメンバーが走るのを応援。
まるで運動会のような雰囲気で楽しく盛り上る。
リレー部門でも入賞チームがあり、大健闘。
(しかもリレーのトロフィーのほうが個人のトロフィーよりも断然格好よかった。)
引き続き、メンバーの送別会も兼ねた反省会を近くのタイ・レストランで。
ビールも一際おいしく、楽しく時間が過ぎ、気がつけば夕方4時。
マラソンの辛さはすっかり忘れ、楽しく過ごせた1日だった。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/197-c37d7b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。