緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10キロとハーフではどちらが辛いか?
と質問されれば、今は間違いなく10キロと答えるだろう。
以前は、距離が短く、早く終る10キロのほうが楽と思っていたが、
最近10キロレースのほうが断然辛い。
何故なら、最初から最後までアクセル全開。
ハーフなら前半は抑えて…などレースの組立てなど考えるが、
10キロの場合、抑えどころがなく、最初から飛ばしてひたすら我慢くらべといった感じ。

場所はおなじみのラマ9世公園。
(去年は、まぼろしの入賞に終った)DONBOSCOミニ・マラソン。
体調は万全。
ここでのコースレコード(自己)を出してやる!
と意気込むが、今までのベストタイムが何分か把握していなかった…。
会場には、スタート1時間前についたが駐車場にはいれない。
この時間に駐車場満車になるの?と不思議に思いながらも公園近くに車を停める。
公園の門でも警備が厳しく、普段はありえない手荷物検査。
20100214-3.jpg

その訳は、今年もやって来た。
20100214-2.jpg
アピシット首相。
スタート地点で記念写真後、間もなくスタート。
やっぱりラマ9世公園はスタート直後の道幅が狭くは混雑して危ない。
自己ベストを狙っているのに、スタート直後の追い越しの苦労にいらだつ。
1km弱のコーナでまだ先頭がみえた。
前には20人くらいか?
すでに息はゼイゼイ。
呼吸が楽になる様、ペースを落として回復という余裕もなく、我慢。
ひたすら追い込む。
これだけ呼吸を乱して走っているから、いつもより速いペースだろう。
でも呼吸が苦しい。
やはりハーフのほうが断然楽だ。
折り返し付近で旧知のアメリカ人に追い抜かれる。
あのアメリカ人同じ年だから、これでまた順位が下がったなと思う。
後半は前半のペースが維持できず、ばてる。
追い抜かれることが多くなった。
(後半ですでに10人くらいに追い抜かれたのでは…)
足音(時には幻聴?)が聞こえると、曲がり角で振り返ってしまう。
すでに気持ちは後ろ向きだ。
もう入賞の可能性はないだろう。
何のためにこんな苦しい思いをして走っているのかと思うと挫折したくなる。
残り1kmをきって、あまりの苦しさで時計をみてしまった。
これも良くない。
ゴルフと同じで、スコアを予測して、最終ホールで崩れてしまうメンタルな弱さはマラソンでも通じるものがある。
今日も自己ベスト更新できなさそうと思うと、自然とペースが落ちる。
そんななか残り200~300mで散歩中のタイ人のオジサンから「4位、4位」と声をかけられる。
『ウソでしょ?』
『ところで何でこの年代の順位数えてるの?』
怪しいと思いながらも、もし本当ならもう追い抜かれるわけにはいかない。
怪しいオジサンの言葉を信じて、最後の力を振り絞って39分13秒でフィニッシュ。
最後の入賞札「5位」が渡され、昨年の幻の入賞が今年は現実となり嬉しかった。
20100214-4.jpg

20100214-1.jpg

でも自己ベストではないのは確か。
いったいラマ9世公園での自己ベスト何分?と過去のブログで振り返る。

2009年2月 40分20秒
2009年3月 38分48秒(←ラマ9世公園折り返しコースでの自己ベスト)
2009年7月 38分49秒
2009年9月 40分54秒
2009年10月 38分50秒

今度は38分前半を狙います。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/189-b1c19c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。