緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHOMBUENG MARATHON
昨年はハーフを走って、次はフルを走りたいと思った大会。
 ハーフは10歳刻みで5位まで入賞→昨年1h26mで7位。
 フルは5歳刻みで10位まで入賞→毎年の記録の傾向から、3時間30分内で入賞可能。
という具合に、フルのほうが断然入賞狙いやすい。
フルで初めて入賞したい想いがあり、いっぽう翌週のコンケーンマラソンも走りたい欲望もあって、
2週連続フルマラソンを決め込んでいる。

前日のランチは走友N氏とカーボローディングとしてパスタをがっつり。
(でもN氏はチョンブーン回避。コンケーン1本と妥当な選択をしている。)
N氏とマラソンの会話で盛り上がる。

『N氏のマラソン理論』
前半は極力ペースを抑えてゆっくり走る。

後半でペースを上げれば、前半と比べて4、5分タイム短縮可能。

後半追い抜かれる事はなく、別格のスピードで何人も追い抜いていける快適なレース展開が可能。

フルは必ず終盤失速し納得のレース展開ができない自分にとってN氏の理論は夢のようなレース展開。
試してみるなら、チョンブーンが最適な場ではないか?という結論に達した。

バンコクから2時間弱の距離だが、フルマラソン午前4時スタートということもあり、前日テント泊。
そろそろテント泊にも慣れるかと思ったが、やっぱり寝れない…。
午後9時頃から寝ようとするが…
フルマラソンを控えて興奮してか?
近くでタイ人が遅くまで談笑していたり、
寝袋が合わないのか、まとうと暑く、まとわないと寒い。
深夜になると談笑がなくなり静かになったが、
今度は近くのテントから聞こえる豪快ないびきや
突然の犬の遠吠えが気になってしまう。

横になって目をつぶっているだけでも、睡眠効果ありとランナーズで読んだ記憶あり、
どうにかなるだろうとあきらめて午前2時から朝食のおにぎりとバナナ。
これも、ゴール予想時間(7時30分)の6時間前が最適なタイミングとランナーズで読んだ。

久しぶりのフル・マラソン。
昨年11月のバンコクマラソン欠場の為、7月のパタヤ以来。
フルの苦しさからの憂鬱よりも、ワクワク感のほうが断然大きい。

10k 45'24"
序盤はN氏の訓えどおり、呼吸が乱れないほどゆっくりペースに抑える。
でもこのペースでは、序盤から次々に追い抜かれ焦る。
ひょっとしてこのまま最後までペースを上げれず不完全燃焼で終ってしまうのでは?入賞も無理では?と不安がつのる。
後半ペースを上げて追い抜いてやる!とひたすら我慢して走る。
ハーフまでこのペースで我慢しようと思うも…。

21k 1:35'28"
ゆっくりペースを維持しているつもりでも、15k過ぎから追い抜ける様になる。
(これがN氏理論の走りか!感銘を受ける)
調子にのってか?我慢の限界か?ペースを上げるのはちょっと速いか?と思いながらも15k過ぎから10人くらい別格のスピードで追い抜いていく。
(後半イーブンペースで3h10m台。3h一桁は難しいが自己ベスト(3h16m)更新は大丈夫だろうとハーフ通過時点では推測していた。)

32k(残り10k) 2:26'25"
N氏の理論である後半ペースを上げれるほど、脚力が備わっていないのか?
前半のペースをもっと落とさなければならないのか?
ペースを上げて走っているつもりでも、時計では逆にペースが落ちている。
(前半抑えても、後半ペースをあげるN氏の理論はとても難しい。)
残り10kを5m/km内で走って何とか自己ベストを狙いたい。

37k(残り5k) 2:51'34"
32k~37kの5km区間タイムが25'09"。
5m/km内で走れない。
自己ベスト更新断念。

42k 3:19'18"
最低限の目標年代別入賞(5位)は果たせたが、タイム的には納得できず。
20101117-2-.jpg
20100117-2-.jpg

20100117-1.jpg
(今年早くも2個目のトロフィー。開幕ダッシュ!?)

次週のコンケーンでは、
3時間一桁は無理と悟った。
3時間15分内目標。

でも1週間では記録更新にむけての練習も減量もできない。
筋肉痛の足を含めた疲労をいかに取るかが最優先となってしまう。
チョンブーンマラソンの記録を更新して、怪我無く完走できれば御の字としたい。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/185-ea5492aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。