緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重別大会
入賞激戦区の60kg以下になったら参加やめようと思いながらも…

今年で3回連続出場してしまっている。がっくり
この大会通常の年齢別カテゴリーではなく
男子の場合
45kg以下(学生?)
45-59kg(激戦区)
60-67kg(市民ランナーレベル?)
68-74kg(2年前はこのカテゴリーで参加)
75-84kg(白人多し)
85-94kg(デブ白人多し)
95以上(えっ~!? その体で走れるの?と驚愕の表彰式)
20090726-3.jpg

となっている。
(女子は、失礼な大会と思うが49kg以下、50-59kg、60-67kg、68kg以上となる)
普段入賞にはほど遠い人でも、活躍の場を与えてくれる大会。
スタート前の光景でも普段アップしなさそうな重量級ランナーが、軽くジョギングしてたりして驚く。
現在64kg前後の自分が走るカテゴリーは60kg-67kg。
59kg以下と比べると走力は格段と落ちるが、それなりに頑張らないと入賞できない。
昨年は5位。

10kmのスピードレースは最初から最後まで気が抜けず、先週フルを走って疲労が残る身ではつらい。
でも目標は入賞して…
ハンデ(重い体重)を負って頑張っていることを証明し、自分を少しでも慰めたい。
体重を絞ればサブ3も見えてくるのでは…という希望を持ちたい。

スタートでも前のほうに並び、最初から飛ばしていく。
1km表示で3分40秒くらいだったか…。
先週のフルとは全く違い、ハイペースで1kmから息があがる。
通常のレースとは違い、ゼッケンを見なくても後ろから体格でだいたい同カテゴリーかが判断できる。
前をみると、自分より重そうなのは…。

走遊会のN中さんぐらい。
(75kgのカテゴリにしては別次元のスピード)
2.5kmくらいの給水所あたりでNさんに追いつく。
でもN中さんも譲らず、攻防が4kmくらいまで続く。
N中さんのほかにも、昨年同大会で最終盤で抜かれた人や、その他2、3人との攻防が続く。
ペースを落として楽することも出来ない10kmレース独特の展開。
最後まで持つか不安になるが、ゼイゼイの呼吸でN中さんの前にでる。

折り返しでカテゴリー別順位確認。
やはり60kg以上は少ない。
入賞圏内。
でもこのペースでは、いつバテるか分からない。
折り返してから、知人に声をかける余裕も全くない。
ペースが落ちない様、前を走るランナーを目指す。
でも後ろから複数の足音も聞こえる。
前を走っているランナーに近づきながらも、後ろから2,3人に並ばれる。
フルならこんなバトルないのに…。

この集団で同カテゴリのゼッケンを探す。
身長が同じくらいで筋肉質のタイ人が同じカテゴリであることを発見。
でも年齢は自分より上っぽい。
同じくらいの身長、体重ならば年齢が若い自分のほうに勝算あり。
負けるわけにはいかない。
ラスト800mのカーブでさらにペースをあげ引き離す作戦。
でも、1km前で集団から軽そうなランナーが飛び出した。
やばい。
他のランナーも続くか?と焦る。
自分がついていかなければと思い1km弱を残して長めのスパート。
軽そうなランナーのスパートにはついていけずじわじわ離されるが、後ろからの足音も聞こえなくなった。
38分49秒でゴール。
2位入賞。
今年も、重い体重なりに頑張っていることを証明できた。
体重を落とせば、記録の伸び代がまだありそうという希望も持てた。
20090726-2.jpg


20090726-1.jpg


ただどうやって体重を落とすかは、暗中模索…。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/157-891de20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。