緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



またまたハーフ自己ベスト更新か !?
7日、8日タイは祝日。
8日サラブリー県で開かれたハーフマラソンに参加。
20090708-1.jpg

この大会、年代別カテゴリーが5歳刻みで10位まで(女性は7位まで)入賞。
走れば入賞かなと思うが、目標は5位以内で入賞したい。

コースは平坦な田舎道。
10km部の折り返しまでは1km毎に距離表示があった。
キロ4分20秒くらいのペースで5kmを21分25秒。
10km部の折り返しをハーフは直進して右折。
じわりじわりと前に追い上げることができ調子がいい。
スタートから30分過ぎ、横から自転車が猛スピードで…

『コース違う!!』

と駆け抜けていく。

この時は、まわりの数人のタイ人ランナーも平静だったので、自分の聞き違いかと思った。
たぶんあの自転車が一人コースを間違えて走って戻ってきたのだろうと…。

それから暫くして、前を走っているランナーが立ち止まるのが見えた。
なかには引き返そうとするランナーも。
(え、マジ!?)
やがて前の集団に追いつき一旦立ち止まる。
だれもどこで間違えたか定かではない。
間違えるとしたら2kmくらい手前か?
引き返すには長すぎる距離。
順位も関係なくなってしまう。
後続のランナーもついて来ている感じだし…。
『とりあえずこのまま走ろう』ということになる。
『どこで折り返す?』と誰かが聞くと
『タイムを計ってるから、10Km相応のタイムで折り返せばいいだろう。』と誰かが答える。
(なるほど…)納得。
『そろそろ10km?』と誰かが言う。
(明らかにまだ早すぎるだろう…。)
入賞のトロフィーは貰えるのだろうか?不安を抱きながら走る。
やがて先導車が折り返してくるのが見え、トップが続く。
先導車がコースを間違えたのか?あるいはあの自転車の勘違いか?
すぐ近くの小さな建物のあたりで、何のチェックもなく自分を含んだ20人くらいの集団が折り返す。
一気に前との差が縮み仕切りなおし。
でも一度緩んだ緊張感を戻すには、結構大変。
おまけに本来のコースではないせいか給水がない。
でも後続も皆同じコースを走っている様なのでレースとしては成立しそう。
ようやく給水。
これでやっとレースに集中できる。
最近の走りこみの成果か、コースが短いせいか、最近のレース終盤のバテる感じがない。
久しぶりに終盤からペースをあげて前を目指す。
前の2,3人に追いつく。
そのうちの一人が同年代のカテゴリー。
自分のゼッケンが同年代ということに気づいた様でペースをあげてくる。
残り2kmを並走。
何度かペースをあげ仕掛けてみる。
でも頑張ってついてくる。
たぶんラストスパート勝負になるなと思う。
まあ自分としてはここまで走れたことに満足。
入賞10位までで入賞確実だし、ここで一つ順位をあげても大差ないし。
おまけに相手は長身。足の長さで勝てない。
最後は彼に譲ろうと思う。

でも、簡単には勝たせまいと思い、残り500mで更にスパート。
ここで彼があきらめる感じだったらそのままゴールしてしまおうと思ったが、彼も負けじと必死のスパート。
やはり足の長さで勝てない。
彼がちらちら自分との差を確認しながら5mくらい差をつけてゴール。
ゴール後、完全に息が上がっている彼と、健闘をたたえて握手。
彼が5位で、自分が6位入賞。
目標の5位以内が達成できず、正直この年代のレベルの高さに驚く。
タイムは1時間20分54秒。
また距離が2~3km短い…。
20090708-2.jpg

ここから入賞者多数の為、長い長い表彰式。
トロフィーを受け取るまで、約2時間30分待ち。
今後は入賞者が少ない(10歳刻みで5位まで)大会で入賞できる様、頑張りたい。
20090708-3.jpg


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/154-b26e60c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)