緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ
4月26日 シンブリ県でのハーフマラソンに参加。
昨年の同じ大会で、残り十数mくらいで抜かれ6位、年代別入賞を逃した大会として記憶している。

昨年のブログはこちら

今年は、何としても年代別入賞で、昨年の雪辱を果たしたい。

会場へ向かう車中は、激しい雨。
こんな中走るのと思いながらも、幸い会場は小雨になっていた。
約1時間前の受付で、年代別の登録者で25番目。
まあまあ参加者少ないほうか?
入賞常連者もあまり見かけない。
速い人は、よくラマ9世公園の練習でみかける長身のアメリカ人くらい。

スタート後、雨はやんでいたが、路面が滑る。
時々、着地して蹴る瞬間、ズルっと滑り思うように前に進めない感じ。
1年くらい使っているターサーだから、グリップ力なくなってきたのかなと思いながらも踏ん張る。

朝5時スタートの為、暗い。
外灯の少ない細い道にはいると結構足場が悪く時々水溜りに足をいれ靴の中がグチョグチョ。

体調面では1週間ほど鼻詰まりを引きずっていて、呼吸がしづらい。
一応ランパンにティッシュを2、3枚忍ばせていたが…
実際、入賞狙いでは、それを取り出して上品に鼻をかむ余裕がない。
ちょっと汚いがタイ人ランナーがよくやっている手鼻に挑戦。
暗いし、前後のランナーと距離があいている状態では、あまり迷惑?がかからない。
給水所の水で顔と手を洗う。
結構使えるテクニックだなぁと実感。
結局レース中、数回手鼻をかんでしのいだ。

折り返しで、年代別のゼッケンを確認しようとしても薄暗くてわからず。
でも自分が折り返して、数十メートル後方にあのアメリカ人が走っていた。
何とか、逃げ切らないと入賞枠が一つ減る。
10kmのタイムが42分45秒。
ラストスパート用に温存していたつもりの体力もいつの間にか使い果たしている。
鼻づまりの影響か?前半のペース維持がしんどい。
並んで走っていた人に徐々に離される。
後ろからも二人に抜かれた。
なんとかついていかなくてはと思いつつ、15km通過が1時間4分20秒。
15-16km,16-17kmが4分35秒ペース。
いつアメリカ人が追いついてくるか冷や冷や。
曲がり角で後方確認。視界にはだれもいなかったのでちょっぴり安堵。
でも残り4kmほどあるので気が抜けない。

10kmの部と合流して、人込みの橋を2箇所上り下り。
辛い。
それが終わると、約2kmくらい続く直線。
ゴール付近とみられる信号がはるか彼方にみえ、一向に近づいてこない。
もう後ろの足音は、ハーフ参加者のものか、10kmの参加者かわからない。
信号を左折、いよいよゴール前の部門別のパイロンが並ぶ。
去年はここで抜かれた記憶が蘇り、ラスト十数mを瀕死でスパート。

入賞は?と思い入賞札を探す。
最初見当たらなく、絶望しかけたとき…

係りの人達の奥のほうで年代別4位の札が下がっていた。
それ僕のと手振りで確認したところ、頷いて渡してくれた。
1年越しのリベンジ達成!
タイムは1時間32分12秒。(昨年より遅い…。

あとでアメリカ人にタイムを聞いたら、同じ1時間32分台で入賞圏外。
危なかった…。今年はラスト十数mのスパートが効いたかも。

でもゴールからトロフィーを受け取るまで、約2時間半待たされた。
入賞は嬉しいが、この待ち時間は何とかしてほしい…。
singburi.jpg

(このトロフィー、スイッチをいれると光ります。)


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/142-0ca4be20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。