緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着圧ストッキング効果
パタヤマラソンまで残り約3ヶ月となった3月19日。

チャオプラヤ川を越えたところにあるSIRIRAJ病院で開かれた12kmレースに参加。
(要項では11kmと書かれていたが、スタート前に12kmあると訂正。)

4月になって初の大会参加。
3週間ぶり。
この日までの月間走行距離が75kmと少なめ。
内容は、ジョギングばかりでスピード練習ができていない。

おまけに鼻がムズムズでだるく、参加控えようかと思ったが…。

次週に、入賞狙いたいシンブリ・ハーフマラソンがあるので、
それまで短めのレースでレース感を取り戻そうと参加。

課題。
無理はしない。
練習の一環と思って走る。
着圧ストッキングの評価。

着圧ストッキングとは、走遊会I場さんのお勧めの一品。
zamst  着圧ストッキング

ふくらはぎの疲労が軽減されるらしい。

僕もふくらはぎの故障が多いので、この故障とうまく付き合う方法を考えなければと、日本帰国時に購入。
このほかにもSKINSのパワーソックスも購入。
skins パワーソックス

I場さん情報では、ザムストの着圧ストッキングほうが圧迫感があってオススメ。
SKINSのほうは洗濯すると文字が剥がれてきてイマイチ。とのこと。

大会会場ではスタート場所が狭いせいか、かなり多くの人が参加しているように感じた。
ケニア人もみられた。

チェックインが行われそうなところで並んで、走遊会K並さんと雑談していると、
すでにK並さんチェックイン済み。
列の後方で行われていたチェックイン場所までもどりチェックインを済ませ戻ると列の半ばくらい。
この大会、入賞3位までで関係ないし、今日は練習と割り切っているから、これくらいの位置で場所取りでも良いかと…。

いつ始まったかわからないスタートの後、ペースを抑えて走ろうと思った以上に、まわりのペースが遅く前がつかえる。
コースは、結構交通量が多く、空気も悪そう。2、3箇所くらい橋のアップダウンがある。
1kmくらい周りを避けながらゆっくり走って、だんだん邪魔されることもなく、まわりとペースがあってくる。

これくらいのペースで最後まで走ろうと思いながらも、
前のランナーに追いついたらペースが合わないと感じ、次のランナーを目標とし、徐々に追い越し。

残り5.5kmくらいの折り返し地点を折り返してきた走遊会T本さんとすれ違う。
たぶん100~200mの差。
折り返してから、
前半抑えたせいか?
着圧ストッキング効果か?
T本さんが見えたせいか?
あと5kmしかないと普段は思わないことを思う。
それでまたペースをあげる。
残り3kmくらいでT本さんに追いつき、今度は追いつかれない様、また前を目指す。
そろそろ走遊会仲間のタイ人Rさんがいてもいいのになと思いながらも姿がみえず。
ようやく残り1kmでRさんをみつけ、追いつけるか微妙と思いながらも
残り300mくらいでラストスパートで追い越しゴールへ。
タイムは49分15秒くらい。
思ったより走れたのではないかと満足。
今回のようなジワジワペースをあげていける様な展開は、気分的にいい。

これで、次週のシンブリ・ハーフマラソンも着圧ストッキングで頑張れそう。



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/141-6d5809d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。