緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしごラン 2軒目ブッタモントン21km
次のレース会場ブッタモントン到着が午前2時半。
貴重な睡眠時間を確保しようと用意したのがこれ。
081012-3.jpg
アイマスク&耳栓 by ダイソー60B

おかけで僅かな時間ながら熟睡できた。
でも目覚めると体が重く、もう少し寝たいと思いながらも受付へ。
なんか受付の要領が悪く、領収書がなくなったとかの理由で、皆長い間蚊の攻撃を受けながら待たされる。
スタート地点でアマリと連続して走ろうとする異色なランナーもみられた。
走遊会でも僕以外に2人。うち1人は70歳以上でハーフを走ると聞き驚く。
ひょっとして自分の挑戦は、一般的な事なのでは?と変な錯覚に陥る。

ハーフの部スタート時間(AM5:30)が迫っているのに、まだ給水を置くテーブルなどをトラックに詰め込んでいる最中。
しかも学生ボランティアのやる気が感じられず動きが鈍い。
案の定、ハーフの部スタート時間が30分繰り越しでミニ10kmと同時スタート。
公園内を走るため、道が狭く、追い越しが難しい。
しかも3kmくらいでやはり体が重い。
いつものハーフの感覚と全く違う。
自分がイメージしているスピードと実際のスピードがかなり違い1kmがやたら長く感じる。
なんか給水所も無いなと思いながら走る。
5kmくらいでテーブルがみえやっと給水かと思うと、何とテーブルが置いてあるだけ。
コップが並べてあるわけでもなく、係員も居ない。
ひょっとして給水なしの過酷なレースなのかもという不安が募る。
その後しばらく走っても給水所はみえず、タイ人が水~と叫びながら走っている。
やっとで8kmくらいで給水。
(10kmの部では、給水所はここの1箇所しかなかったのではと思う。)
ハーフは10kmの部と一緒に走った道を折り返してほぼ逆走する様なコース設定。
折り返しタイムが45分台。
折り返し後も同じペースで走れる余力はすでになし。
やはり体力的に厳しく、うわさ通り過酷。
ハーフなのにまるで、フルマラソン後半を走っている感覚。
気持ちはもっと速く走らなければと思いつつも、体がついてこない。
10人くらいに抜かれた。
いつもの調子だったら抜かれないのに…と凹みながら完走を目指しマイペースで走る。
後半は、給水所は若干増えたが、今度はお腹が空いてきた。
たぶんエネルギー切れ。
15km(通過タイム1:03’54”)から1km毎の距離表示でゴール予測しながら走る。
このペースだと1時間34分くらいがゴールタイムかなと思う。

しかし20km表示(1時間28分台で通過)を過ぎて、なぜかゴールからどんどん遠ざかっていく。
結構前を走っていたはずのランナーが、まだ街路樹を挟んだ道を折り返して走っている。
だけど一向に折り返しの表示もみえず、前を行くランナーの間でなんかおかしい?という雰囲気になり、街路樹の間を横切っている。
自分もどこで折り返せばいいかわからず、折り返しを目指して走っていると一般人が「みんな適当に折り返していったぞ」と声を掛けられ、自分も街路樹の間を横切った。
おかげで前のランナーとの差がちょっと詰まった。
たくさんのランナーがコース間違いをして、皆、気力が途絶え(自分は早々と途絶えていたが)談話しながら走っている。
表示も誘導もなくコース間違いをするのは当たり前など。
ようやくラスト500mの表示がみえ、1時間37分台でゴール。
少なくとも500mは余分に走たと思う。
なかには1kmから2km余分に走らされたランナーもいたみたい。
受け取った完走メダル?(薬きょう?)にさらにがっかり。
081012-4.jpg


おまけにゴール後の給水所では水はあるがコップがない。
(たぶんコップは使い回されてたと思う)
食事もほとんど残っていない。
(でもかなり空腹で、普段のレース会場では食事をとらないが、今回は唯一残っていたおかゆを2杯頂いた。)
タイ人の間でもつまらなかったと酷評の大会。
僕の今までのタイ・レース経験でも、運営面で残念な大会ではないかと思う。

まあこの大会参加の趣旨は、自分の練習不足を実感することで、それは痛感できた。
翌日から、筋肉痛で階段の上り下りが辛いです。

【レース結果】
1:37’18”



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/111-d0e1bdc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。