緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



はしごラン1軒目 アマリ・ミッドナイトラン12km
約1ヶ月ぶりのレース参加。
バンコクマラソンが控えているにもかかわらず、最近、怠けがちになっている日頃の練習。
追い込んだ練習もしなければと、思いついたのが、レース会場のはしご。
これは、早朝レースが多いタイのランニング事情のなかでも、異色の深夜0時スタートという大会アマリ・ミッドナイトランがある為、可能となる。
その後、バンコク近郊のブッタモントンでもハーフマラソンが5:30スタートである為、時間的には出走可能。
でもこのレース会場のはしごは、超人といわれる走遊会会長が過去にゴール後病院送りとなった伝説を残すほど過酷と聞いている。
まず初戦。
アマリミッドナイトラン12km。

ほぼ夜通しで走るため、睡眠をとらなければと思い、夕方6時頃から寝ようと試みる。

案の定こんな時間から寝れるはずがない!!。

結局、寝れず会場へ到着。22:30頃。
スタート1時間半にも関わらず、すでに多くの人で賑わっている。
外国人の参加率も高く、多くの日本人もみかけた。
スタート地点は、6kmの部と12kmの部が同時スタートで大変な込みよう。
でもホテルを出るとすぐ大通り(ペッブリー通り)にでる為、走るのにはあまり影響なし。
久しぶりの大会だけど、足取りは軽く、楽しめた。
眠らない街バンコクの中心部(ペッブリー→アソーク→スクンビット→再びペッブリー)を走るため、深夜でもなぜか沿道からの応援が多いのがこの大会の特色。
心持ち、次のレースも意識しているのか、抑え気味のいいペースで走れる。
6kmくらいからずっと並走していたランナーがいて、自分の調子がよかったのでラストのUターンからスパートして離そうとして考えていたが、その前から我慢できなくなりペースをあげてゴール。
タイムもまあまあ。
この時は次のレースの余力も残せたつもり。
この大会最大の醍醐味、ゴール後の生ビール一杯無料サービスも我慢して、ペットボトルシャワーで汗を流し次の会場へ向かった。


081012-1.jpg


081012-2.jpg

今年の参加賞ランシャツはPUMAのロゴがはいりちょっぴりレベルアップ?
でもLサイズにも関わらずちょっぴりタイト。
招待券を友人から頂いてタダで走らせてもらったので、文句は言えません。


【レース結果】
47’35”

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/110-1c9b1f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)