緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



River Kwai Intarnational Half Marathon
リバークエー国際ハーフマラソンの醍醐味といえば…

まわりは山できれい、空気が新鮮(カンチャナブリからも約60km離れている)
終始アップダウンが続くコースで、飽きない。
交通量が少なく、道幅をほぼ独占して走れる。
男子は5歳刻みカテゴリーで、主催のスポーツメーカーにより入賞者にはトロフィーのほか豪華副賞がある。(ただし今年からミズノからニューバランスに変更)
バンコク走遊会の指定大会でもあり、多くの日本人も走る。
そのうえ大会名は“国際”と名乗っていて、一応公認で距離もほぼ正確のうえチップによる計測。

ということで去年に引き続き2回目の挑戦。
去年と違うのは、入賞(豪華賞品?)を目指すこと。
その為、去年のゴルフ&ランは封印。(去年はレース前日に1.5ラウンド。レース後に1ラウンドを敢行)
今年はそんな無鉄砲なことをせず、大人しく走りに専念しようと臨んだ大会。

14日早朝、レース会場で走遊会メンバーと合流。
今年は、何と20人以上が走遊会から参加しているらしい。
スタート地点でも主催者から、外国籍の参加者も多く、なかでも日本の参加者が一番多いと紹介。

何故にこんな僻地まで苦しい思いをしに走りにくるのか?自分を含めた物好きランナーを疑問に思う。
おまけにケニア人もみかける。

いよいよスタート。
10kmの部と同時スタートなので、混雑を避けるため結構前のほうに陣取る。
おかげで、結構スムーズに走り出せた。
気候も涼しく、走り始めは清々しく感じた。(3kmくらいまでは…。)
山々が朝霧に包まれ、景色も最高~と思う。(3kmくらいまでは…。)

この日の作戦。
前半4分15秒ペースで頑張って走れば、下りの多い後半は、何とか勢いで走りきれるのではという安易なもの。
1kmの表示では、調子にのって4分をきるペース。
2kmを8分15秒くらい。3kmを12分30秒弱。
結構調子良く走れ、ひよっとして起伏コースむいているのでは?と自画自賛。(3kmくらいまでは…。)
そんななか10kmの部が折り返してくる。
いいな~。ここで折り返したいな~とはやくも弱気。

9kmくらいで今度はハーフの部で折り返してきたランナーとすれ違う。
同カテゴリーのゼッケンを数えて、運命の順位確認。
トップは、タイ人とケニア人の二人。
ここで、衝撃…
そのケニア人がつけているゼッケンは、僕と同じカテゴリー。

次々と、同じ年代あるいはそれ以下のランナーが走り抜けていく。
入賞の夢がどんどん打ち砕かれていく。
まだ、タイ人著名ランナーの二ワットさんやいつも同カテゴリーで優勝しているランナーがまだ見えないのに~。
レベル高~。
ニワットさんがすれ違い、そして同年代優勝常連のランナーが年代別5位。
そのすぐ後にも同カテゴリーランナーが6位で続くのを見る。

この段階で入賞は絶望的。
後半何を糧に頑張ればいいのと思うと、どっと疲れが出た。

やっとで折り返し。
(現在、年代別7位)
走遊会の他のメンバーと挨拶を交わす。
励まされると元気がでる。

入賞の夢は潰えても、せめて例年の入賞圏内タイム(+走遊会オネスト申告タイム)の1時間30分内を目指したい。これを達成できれば自己満足ができると…。

15km地点。この5km間のタイムが22分台。また16kmまでの1kmが4’20”。下りが多い影響か、疲労のわりにはタイムが落ちていない。

残り1kmで1時間25分30秒弱。
30分切りは微妙だけど、頑張れば切れるかも…。
でもこの時点での頑張りは非常につらい…。

最終盤。
もう、すでにゴールしたケニア人が悠然と歩いている。
マラソンで例えるならば、競技場へはいったというところの、表彰会場となっているホテルへ続く道にはいる。
ゴールは見えるけど、なかなか辿り着かない。
残り500mのキロ表示。
急にみぞおちあたりが傷みだす。
残り100m。みぞおちから腹筋全体が痛みはじめ、腹がちぎれそうな感じで苦しい。
でもここでゴールの電光表示時計は1時間29分になったばかり。
1時間30分は切れると安堵。
司会者が日本人がゴールと盛り上げてくれる様子だったが…
愛想も返せず、ヘロヘロでゴール。

でも、タイム的には、大満足。
念願の入賞は…。
来年またここへ来る目的ができた。

来年こそは…
『速い人が来ませんように…』


【レース経過】
5km 21’34”
10km 42’59”
15km 1:05’12”
20km 1:25’32”
21km 1:29’24”

スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


コメント

お疲れ様でした。その調子だと、バンコクマラソンで3時間15分切りですね。
[2008/09/15 23:38] URL | TORA&TOMO #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://jogdiarythai.blog121.fc2.com/tb.php/105-ff88e76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)