緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



River Kwai Half Marathon 2017
今年も毎年恒例の勝負レース River Kwaiハーフマラソン に参戦。
今年もこの大会の為に1ヵ月ほどトライアスロン練習を封印し、ラン練習に集中。
不安要素は今年参加してきた大会で脚が攣って立ち止まったり、肉離れ寸前で歩いたりと満足に走りきれた感じがしない。
大事を取って二日前から練習をやめ、マッサージで身体をいたわり、本番を迎える。
作戦は日本から参戦の60代ベテランランナーS藤さん、そして昨年年代別4位のY家さんがレースをまとめてくれるはず。
後方から二人を見ながら、お手本にして走ろう。
ところがスタート直後、前のランナーを追い越そうとした際にか、いきなり太ももがピシっと攣りそうになる。
まさか数十メートルで脱落か…と焦る。
大丈夫?と確かめながらスピード出して走ってみるとと攣りの予兆は無くなり安堵。
ただその間にお手本にしようとしていたS藤さん、Y家さんより前に出る形になってしまった。
21457690_1891776604173807_6692408933484105222_o.jpg

59b531e4bcc17c472a05e5b4.jpg
お手本がいなくても、これまでこの大会10回くらい走った自分の経験を信じることにした。
二人より前を走っているが決してオーバーペースではないと言い聞かせて…。
ようやく6km過ぎでY家さんが前に出てくれたので折り返しまで後ろをついていく。
折り返しではタイ人2人が先頭、そして2~300m開いて数年来のライバルのタイ人が3位、また2~300m開いて自分とY家さんが総合4位5位争い。
今年のゼッケンは年代別を判断できないが、総合5位圏内だから、年代別での入賞は間違いなし。
バテて失速だけは避けたいので、Y家さんにペースを抑えようと持ち掛けようと思った矢先、ベテランランナーS藤さんが追いつき更にペースが上がる。
S藤さんについていけば自分も好タイムでフィニッシュできるに違いない。
3位のライバルランナーの背中も近づいてきて、さらに上位で入賞できる可能性も出てきた。
このままゴールまで一緒に連れてって~と願うも、13km付近でハイペースについていけず、早々と離脱。
そこからの下りでどんどん差が開いていった。
S藤さん とY家さん が自分の数年来のライバルに追いつき、追い越しているのを後方から見届ける。
自分はバテて失速しているのか…。
でもライバルとの差はS藤さんのペースアップ効果で縮まった100~150mの差を維持、背中も見えている。
後ろからランナーが迫ってくる気配もなかった。
きっとあの二人が速かったのだろう。自分なりには健闘したと思うことにする。

結果去年より2分遅い1時間36分25秒
そして総合6位で年代別5位入賞。
上位は総合3位のS藤さん以外は皆40代と厳しい年代で入賞危うかった。
20170910_121538207_iOS.jpg
今年はミズノがメインスポンサーから降りた影響か期待していた質感の高いトロフィーが、大きさだけの粗悪品に替わっていた。
表彰式で並べてあるものにもすでに壊れかけているトロフィーがいくつもあり、修理で後送りとなってしまった走遊会メンバーも…。
20170910_034608463_iOS.jpg
【今年もバンコク走遊会で大漁トロフィー】

スポンサーサイト