緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



体重別大会
昨年の階級別優勝者として今年も入賞を果たしたい。
今年は前週開催のパタヤマラソンは不参加。
過酷なフルを走らなくて良いという安堵からか気づけば体重が67kg前後。
時には68kgを超えることも…(汗)
しかし2週間前に昨年同様60-67kg級ですでにエントリー済み。
開催間近には受付も締切り、今更階級を上げることも出来ない。
入賞しても計量オーバーで失格の可能性が…。
そこで以前から気になっていたダイエット本を一週間で頭に叩き込む。

やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい
『やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい』

内容は最近流行りの糖質制限ダイエットだが、ビール大好きな自分にとって減量の道が明るく開かれた。
ただこのダイエットを実践に移す余裕がなかった…。
それでもにわか仕込みで大会朝の体重を65kg台までに調整。

久しぶり(今年初めて)の10kmレース。
最初から一気に心拍数を上げる走りは苦しい。
前には数人、しかも体格は似たり寄ったり。
無理についていこうとすると自分でペースコントロールするのが不可能。
ちょうど黄色のランシャツのライバルランナーをみつけ彼のペースに相乗りさせてもらうことにする。
ただ普段の大会では彼は50代で別カテゴリーだが、今回は同じ60~67kgカテゴリー。
彼に勝たないと順位が一つ下がってしまう。
が2km過ぎた時点で、すでに折り返し過ぎたような感覚。
久しぶりのレースで苦痛の時間が長く感じる。
3km過ぎから黄色のシャツが遠ざかる。
そして5kmの折り返しで状況確認。
やはり先行していた似たり寄ったりの体格のランナーには同カテゴリーが多かった。
それに後方からは勢いよく追い上げてくるランナーもいる。
入賞圏外か…。
自分には後半追い上げる気力も体力も失せている。
後半やはり体格が似通ったランナー2、3人に追い抜かれ、完全に入賞はなくなったと諦め。

20160725-04BL.jpg
【終盤にも後ろからランナーが迫ってきているが為す術なし…】

体重を気にする以前に、体力の問題だったなぁと反省。
しかしゴールしてみると運よく5位の入賞札が残っていた。
不甲斐ないレースでの表彰台は後味が悪い。
朝ビールで忘れることにした。
20160725-01.jpg

スポンサーサイト
Tri Dash Jul. 2016
8月14日のホアヒントライアスロンに照準を合わせ新車投入の資金繰り。
エントリー費や遠征費も節約し大会参加も見合わせてきた。
そんな努力が実り想定よりも早く新しい自転車を手にすることができた。
そこでホアヒン前哨戦として毎月開催されているTri Dashに参加。
今回はトランジションをスムーズにこなすイメージ作りが課題。

会場ではバンコクスターズから数名、メンバー以外にも日本人の参加増えていてビックリ。
また明らかに勝てない相手だが、勝手にライバル視しているLandryさんとも挨拶。
(トライアスロンの大会では何故か公用語が英語で意思疎通を図るのが難しい…)

スイム400m。
200m付近で10秒後からスタートしている人に追い抜かれるが、後ろにくっついて泳ぐ。
水の抵抗が減って楽に泳げ体力温存して残り50mで再び追い抜く姑息な手段を使った。

バイク20km。
普段のチームの練習では風除けになってもらう事が多く、風をもろに受けるぼっち走はつらい。
想定通りLamdryさんが半周で追い抜いていく。
でも去年はあっという間に見えなくなる展開が今回はじわじわ離される感じ。
トライアスロン専用バイクで速度が上がった気がする。
しかし2周目に差し掛かった矢先、車の減速帯を乗り越えた衝撃でボトルが飛ばされる。
まだ一口も飲んでいないのに…幸運にも暑くもなく距離も短いので給水なしでもバイクパートは乗り越えられた。
Landryさん以外にも二人に追い抜かれたバイクパートもパンクなどのトラブルもなく無事終ろうとする時、バイクを走らせながらスピーディーかつスマートに降りようとすると短い足がバイクにひっかかりバランスを崩しコケて尻を強打、新車も派手に倒してしまう。
スタッフ、ギャラリーが多い中思わぬ失態を犯す。
スタッフにバイクを起こしてもらい、飛んでいったシューズも拾ってもらい大丈夫と気を遣ってもらう。肘をすりむいていたが平然を装った。
ラン中はアドレナリンで出ていたのか気にならなかったが、レース後尻が腫れて青あざができて痛かった。

ラン5km。
バイクで追い抜かれた二人はどこ?スタートは時間差だし、正確な順位は分からない。
ただ同時スタートのLandryさんには負けているのは確か。
折り返しで2~300mの差。
思ったより差が開いていない。
折り返しの度に僅かながら差が縮まっていく事に気づき頑張れた。
結果;Landryさんに続いての総合2位。
今年から設定されているのか?年代別40-49歳では1位
このTri Dashで初めて入賞できたのが嬉しい。
いっぽう課題も見つかって良かった。
ボトルを落とさない様に対策する事
バイクから降りる時は、しっかり止まってから降りる事
とりあえずこの2点には気を付けてホアヒンにのぞむことにする。

0710 TriDash-00B
【結果】

0710 TriDash-B1
【Landryさんと自分 やはりお腹が邪魔して前傾浅い。しかも後ろ気にしてるし…】