緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



チュラ大近くの学校?開催のミニマラソン
20151122-01.jpg
先週のバンコクマラソンで厚意で頂いたゼッケンの大会。
会場はチュラ大の敷地内なのか?
Traim Udomというのは学校なのか何なのか?
大会の意図も分からず参加。
スタート、ゴールは陸上用トラックで気分が盛り上がる。
が薄暗く気付かなかったが、このトラック タータンではなくアスファルト。
何となく怪しい気配を感じた。

スタート直後に携帯で話し始める女学生で道を塞がれるも、
先頭集団がトラックの出口を間違え引き返してきて遅れは取り戻せた。
構内の細い道をくねくね。
スピードが出しにくいと思ったが、時計をみると4分前後ペースで悪くない。
出張続きで練習不足の鈍った身体に、ようやく調子が戻ったか?
公道に出れば前も見渡せ、走りやすくなる。
走遊会K村氏のライバル黄色シャツランナー。
彼との差が100mほど開き縮まらない。
やはり調子まだ戻っていないのか5kmほどでペース維持出来ず黄色シャツとも差が開き見えなくなる。
第1チェックポイント。
輪ゴムを渡す人が一人だけ?人員少なくないか?と不安に思うも
案の定、第2チェックポイントではもたつく係員から輪ゴムを取り損ね、落ちた輪ゴムを拾いに戻るというロスがあった。
すでにバテ気味のところ、今度は前のランナーが誘導員がいるにも関わらず戸惑っている。
幅1mほどの扉を抜け、待っていたのは地下歩道。
本気かと疑ったが地下歩道にも誘導員がいたのでコース間違いではなかったのだろう。
レース終盤での階段2段跳びは辛かった。
その後は3.5kmの部と合流。
学生?が道幅いっぱいに広がって歩いているので走りにくい。
総合1位で走っていた走遊会N永氏は、この集団によって完全に足止めされたらしい。
距離も1kmほど短いという嬉しい曖昧さもあり、バテながらもゴール。
たぶん入賞圏内と思って、取れかかったゼッケンを広げてアピールするが皆気にする素振りなし。
完走メダルは渡されるも、入賞札を持った係員が見当たらない。
今日は入賞関係なしのファンランだったのか…と思っていると人混みの中の机の上に入賞札が並んでいる。
自分の年代の入賞札をいち早く見つけて取るというカルタの様なシステム…。
こちらも係員が少なく早々と追いつかなくなった様だ。
しかも完走メダル受け渡し場所より後方にある所では、誰が先にゴールしているかまったく把握できていない。
実際、同年代で5位の入賞札をゲットしていたランナーは札を取り損ねたと主張するランナーに入賞圏外に追いやられていた。
自分の時は前後の差が開いていて自分の年代3位の札が余っていたのて「これ貰うよ~♪」とパニックになっている係員に言って難なくゲット。
20151122-05.jpg

20151122-02.jpg
【遠足…?】

20151122-04.jpg
【豊富な食べ物も…】
20151122-03.jpg
【凄い人混み…。】




スポンサーサイト
バンコクマラソン 2015
タイ最大のマラソンイベント バンコクマラソン 2015。
今年はフル参加者が昨年の2500人から4000人規模となる。
4時間から15分置きにペーサーも走ってくれる。
先月の出張続きで練習量少なく、作戦としてはキロ5分ペースで行けるところまで頑張る。
今年はいつもより暑く感じるが、序盤キロ4分50秒前後のペースを刻む。
しかし最初の折り返し16kmまで到達するまでにまさかの失速。
やはり練習不足で、脚のバネが早々となくなってしまった。
ペースは5分30秒、6分近くと落ちる。
このままでは4時間のペーサー、そして4時間15分のペーサーにも追いつかれるのではという不安に駆られながらも
何とかサブ4は達成したいという僅かなモチベーションを糧に
サブ4ペースって何分何秒ペースだっけ?
序盤10kmの貯金で、どこまでペース落ちても大丈夫なのだろう?
など考えながら長い残り時間を気を紛らわせながら過ごす。
途中ランナーズハイか?5分30秒前後ペースまで巻き返せたり
35kmの壁か、また6分近くのペースに戻ったり
何とか3時間50分台で苦しいレースだった。
いつもながらフルは練習して臨まねばと痛感する。
20151115-01B.jpg