緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



PEA Mini Marathon
この大会完走メダルではなく電力公社マスコットの人形が貰える。
昔は入賞するとさらに巨大な人形がトロフィーの代わりに貰えた。
20150927-PEA-05.jpg
【左は2010年第1回の入賞人形。右は第3回完走賞の人形。マスコット痩せた?】
かつては娘のために入賞目指して頑張ったものだが、今や娘もぬいぐるみには喜ばない年頃。
この人形がどうしても欲しいという事もないので、近年はこの大会への参加機会は減っていた。
今回は長年走遊会と交友が深く、電力公社勤務でこの大会の発起者でもある著名ランナーの二ワット氏の呼びかけ、
そしてネパールからM樹さんが帰国途中にバンコクによって走るということで走遊会メンバー大勢が参加することになった。
20150927-PEA-04B.jpg
【今回参加の走遊会メンバー】
自分は月間走行距離100kmほどの少ない練習量を補う為、負荷重視で最初から追い込むことが今回の目的。
スタートは前から5列目くらいと大勢いる参加者の中でいい位置で並ぶことができた。
20150927-PEA-02B.jpg
追い越しに手こずるがキロ4分を切る速いペースでの序盤の1~2km。
そんなペースでも、まわりには走遊会K村氏、T木氏やライバル達がたくさんいる。
このハイペースどこまで続けるの?と序盤から我慢くらべを強いられる。
折り返し付近ではすでに思考能力が低下気味。
前を走るランナーの数やゼッケンのカテゴリーも気にする余裕なし。
チェックポイントで貰ういつもの輪ゴムとは違う腕飾りの付け方が分からない
公園内で迂回させらているような錯覚、10kmではなく10マイル走らされるのでは?という恐怖に襲われる。
公園を出ると残り2km弱であることを理解できたが、あと2km呼吸が苦しい。
追い打ちをかけるよう工事中の道路で砂埃が舞って呼吸するには最悪の環境。
苦しさ紛らわす為、終盤は落ちてきたランナーと並走していたが、ラストスパート仕掛ける気力も体力もなしでズルズルとゴールをむかえる。
20150927-PEA-03B.jpg
【終盤は苦しさで口が開きっぱなし…】
ゴールでランナーを出迎える二ワット氏の『おめでとう!!』という声と拍手。
完走を称えてくれているのかと思ったが、その先には年代別5位の入賞札。
全く意識していなかった入賞で嬉しかった。
20150927-PEA-06B.jpg
【5位入賞のベンジャロン壺?と1回目から比べると激やせの電力公社の人形。娘も興味なさそうなので自分の話相手になってもらおう…。】

【41分台で時計止めたつもりが、42分まで止まってないのに気付かず…データみると10.2km 41分45秒くらいの結果】

スポンサーサイト
Tri Dash Sep. 2015
バンプーゴルフ場でのお気軽レースTri Dash(swim400m Bike20km Run5km)。
なぜか直前にスイム順番がかわり、いつもより早めのスタートになる。
なぜか会場のゴルフ場に入る曲がり角で渋滞。
事故で通行止め?と心配するも10分くらい待たされて車がようやく動き出す。
なぜか警官が多い。
厳戒態勢でお偉いさんのゴルフコンペか…?
ゴルフコースの傍らでのトライアスロンレース開催はドタキャンとなるのか?
普段はないトライアスロン駐車場案内があり大会開催される様だが、かなり離れた場所に車を停めさせられる。
予想外の渋滞と、スタートから離れた場所での駐車で遅れ気味。
いそいで準備して自転車にのって会場に向かうと何か雰囲気が違う。
会場が華やかに飾り付けられ、普段はなあなあに始まる大会が
開会式やコース説明をアナウンスしている。
20150920TriDash-09.jpg
そしてまわりに警備員やお偉い役人さんらしき人がいっぱい…。
20150920TriDash-08.jpg
まさかこんな小規模な大会に
20150920TriDash-03.jpg
王様の孫娘パチャラキティヤパー王女だったらしい。
しかも来賓ではなく参加者として
そして気付かなかったがアイアンマン世界王者の経歴をもつMACCAも
20150920TriDash-02.jpg
20150920TriDash-10.jpg

プロの泳ぎを間近で見られて感動。
そして自分のスイム順。
プールの水もいつもより澄んでいる。
10秒前スタートの80番、10秒後スタートの82番は顔見知りの人。
スイムの力は似通っていて、前後の間隔がある程度離れて泳ぎやすい。
ただ練習不足で400mがとても長く感じたが…。
バイクへのトランジション。
丁度80番、そして81番の自分、82番のバイクが続いて並んでいる。
他のエリアはすきすきなのにこの3台の場所だけ3人が数秒差でトランジットに入って狭い。
しかも真ん中…。
最初にコースに出るも、1周目で二人に追い抜かれあっという間に離される。
バイク遅すぎるだろう…。
凹みながらも今回のコース。
100m置きに警備員が配置され、安全面は万全。
素晴らしい。
そしてMACCAにも圧倒的なスピードで追い抜かれる幸せ…。
上半身がまったく振れず、下半身が機械的に無駄なく動く。
一方自分はバイク20kmがやたら長く感じる。これも練習不足か…。
そしてラン。
SPらしき二人に挟まれ走る女性(大会中は彼女が王女であることは存じなかったが…)にすれ違いざま励ましの声をかけてみる。
(気軽に声をかけて良いものだったのか不安になったが…)
すぐに王女自ら爽やかに声をかけ返してくれて、感動。
純粋にトライアスロンを楽しまれている様で良かった。
20150920TriDash-07.jpg
【パチャラキティヤパー王女様の成績 女性総合7位と輝かしい】
王室を巻き込んで今後タイのトライアスロンが盛り上がれれば良いと思う。
そして自分の結果総合6位。
ちなみにバイク漕ぎ出すまで先行していた80番と82番は、4位と3位。
バイクでそこそこ太刀打ちできれば表彰台も見えてくるんだけど…。
20150920TriDash-06.jpg

River Kwai Half Marathon 2015
8月はトライアスロン重視で苦手のバイク、スイムに練習の比重をおいていた。
マラソンの大会は8月12日以来約1ヵ月ぶり。
おまけに9月に入ると、連日の飲み食いがあり練習不足。
今年も調整万全とはいかなかった。
というよりマラソンではタイム更新は限界を感じ、意気込みもなくなりつつある。
ただタイで最も素晴らしいと思うコースは毎年走りたい気持ちはあり2ヵ月前には申込みを終える。
しかし近年常宿としていたホテルが2ヵ月前にいっぱい。
会場から30km離れたサイヨークという小さな街にあるバンガロータイプの宿に900バーツで宿泊。
20150913-09.jpg
720150913-09.jpg
近くにセブンイレブンもあり特に問題なし。
特にすることもなく、夜9時には静かに就寝し朝4時出発。
会場には30分未満で到着できるのだが、駐車場がなく路駐となる。
なるべく早く到着したほうが、会場から近くに車を停めることができ、歩く距離が短くてすむ。
これも長年の経験。
案の定スタート間際でも会場に向かって歩いてくる人たちがたくさんいた。
スタート地点にも15分くらい前には並ぶ。
これも経験。
10kmの部も同時スタート、それに500mほどホテルの細い道を走る為、できるだけ前に並んだほうが有利。
おかげで混雑なくスタートできた。
ホテルの細道を抜け、左折。
序盤からきつめの上り坂が続く。
経験からこの序盤の坂で調子がわかる。
20150913-01.jpg
【いつもより軽快に上れた序盤の上り坂】
今年はいつもより身体が軽いしペースも悪くない。
練習不足が良い疲労抜きになっていたのだろうか?
でも調子に乗ってはいけないのも経験済み。
下り基調の後半への足を残さなければならない。
たぶん前から10数人で折り返し。
入賞狙える?と期待膨らむも、
今年のゼッケンは年代別表示が小さく自分が年代別では何位なのか判断しづらい。
でもすでに走力が格段に違う知り合い二人は先行している。
バイク練習の賜物か?下りもブレーキがかかることなく攻められる。
最大の難関は19km付近の去年おととしと歩きそうになったのぼり坂。
今年は、ん?短いと感じられるほど難なくこなせる。
そして、ん?GPS時計壊れた?と思うほど時間が経っていないのに気付く。
20150913-02B.jpg
720150913-08B.jpg
最後までタイム疑いながらも、自己ベスト1時間29分6秒で総合8位 年代別(40-49歳) 4位入賞。
自分でもビックリする成績。
720150913-10B.jpg