緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Tri Dash Aug. 2015 今回はハンディキャップ戦

続きを読む
スポンサーサイト
ホアヒン トライアスロン 2015
20150816-00FB.jpg
会場の華やかな雰囲気がこれぞトライアスロンって感じのホアヒン トライアスロン。
スイムは、800mコースを2周。
昨年は1周して陸地にあがりチップ計測してから2周目を泳ぐコースが今年は陸にあがらず2周続けて泳ぐ。
20150816-03FB.jpg
【30-39歳の部を除く、自分らオリンピックディスタンスの部のスタート!!】
5分先行で参加人数の多い30-39歳の部がスタートしているにも関わらず、スタート直後は混雑。
前がふさがっているし、後からは自分の体の上に乗ってきたりで思うように泳げない。
終盤も遅れてスタートしているスプリント部門の周回遅れ、ほとんどが平泳ぎで邪魔。
でも前週もため池で泳いでいる為か、焦らず泳ぐことができた。
【公式記録1.6km 33分55秒 総合34位/400人 でも年代別3位/123人中と健闘していた】
スイムが終わり、バイクへのトランジション。
やはり大きな大会だけあって、自分のバイク置き場までが遠い。
20150816-01FB.jpg
【広大なトランジションエリア】
前週の泳いで10メートルほど走ったら自分のバイク場所というわけにはいかない。
20150816-05FB.jpg
【T1…2分15秒】
そして鬼門であるバイクパート。
20150816-06FB.jpg
先月のバンコクトライアスロンでもパンクしているし、最近の練習でも頻繁にパンクに見舞われている。
レース前のトランジションエリアでは何度も空気が入っていることを確かめ、レース中パンクしないことを何度も祈願する。
それに加えてホアヒンの最初の数kmは路面状況良くなく、所々道路に穴もあいているうえカーブも多い。
序盤と終盤はTTポジションをとって果敢に攻めることはできず、慎重に走る。
実際この区間でボトルを落とす人や、タイヤをパンクさせる人が多くいる様に思えた。
20150816-07FB.jpg
【序盤】
20150816-10FB.jpg
【終盤】
レース前の願いが通じたのか無事パンクなしでバイクパートも終える。
【公式記録43km 1時間15分04秒】
【バイクパートでの順位は約400人中60位と相変わらず遅い…。】
ランへのトランジション。
自分のトランジション場所を数メートル通り過ぎてしまうというロスあり。
【T2…3分11秒】
ランパートはすでに暑い。
アップダウンのあるコースを2周。
一部、砂利道があり個人的にはシューズが滑るので苦手。
3年間ずっとこんな状態なのに、いい加減舗装してくれないかと嘆く。
20150816-12FB.jpg
【1周目は水もスポンジも豊富にあったのだが…】
2周目になると給水所の水が2か所続けて尽きている。
バケツの底にあった氷をひとつ握り、溶ける水で体と喉の乾きをしのぐ
最終の給水所にも水がなっかったら倒れそうという不安からかペースは落ちる。
最後の給水所で僅かな水を確保でき、ようやくゴールを目指す気力が湧く。
すでに前後の差も開いている。
20150816-13FB.jpg
【いちおうカメラに向かってポーズをとっている様だが、まったく記憶なし…。】
フィニッシュテープが自分のためにに用意されている。
これもトライアスロンの醍醐味。
極度の疲労のうえに、滑ってテープはうまく持ち上がらなかったがホアヒンで初めて満足できるレースだった。
ゴール後はスポーツドリンク数本飲み干すぐらい、渇水状態だった。
【公式記録11km 51分04秒 ラン総合8位/400人】

そしてここからが長い。
ひょっとして入賞狙えるのでは?という思いがあってチップ結果待ち約3時間。
これだけ待たされて入賞圏外だったら…

そして貼りだされた結果。
年代別3位入賞!
待った甲斐があった。
20150816 result
【結果】
20150816-14FB.jpg
【トロフィーと副賞のバック。そして賞金3000バーツGET!!】

母の日ハーフマラソン
毎年8月12日の母の日にベンジャキティ公園で開かれる大会に参加。
賞金もあり、ケニア人やタイ人強豪ランナーが集まってきてスタート前から入賞は無縁であることがわかる。
最近ランの練習の比重は減っているものの、週末のホアヒントライアスロンに向けスイム、バイク練習もそれなりにこなしている為、それなりには走れるはずという不確かな自信があった。
しかし走り出すと…関節がギスギス、身体が重い、大量の汗が出る。
特に腰の張りが着地のたびにズキズキくる。
真面目にウォームアップしとけば良かったと後悔。
追い込んでるつもりでもスピードに乗れない。
序盤2~3kmで疲れがたまりまくっている自分に気付く。
1周でやめようか正直考えていた。
150812-01.jpg
【スタート直後。すでに身体がギシギシ悲鳴をあげていた…。】
6km過ぎでようやく体がほぐれたのか、関節、腰の痛みがなくなり体が動くようになる。
とりあえず1周目はコースの様子見。
給水はかなり取りやすいように改善されている。
後半には2か所立体交差の坂があり結構キツイ。
コース誘導が「そのタイミングで車流す?」という事が多々あり、いまいち。
(実際2周目は足止めされた)
1周目終盤には6時、6時15分スタートの部への参加者の車やタクシーで渋滞。
車の間を走ったり、デコボコの歩道を走らざるをえなかった。
だいたいのコースを把握して2周目からペースアップ。
1周目の体の重さが嘘のように快走。
10人くらいは追い抜けただろうか。
1周目の平均ペースが4分36秒/kmに対し2周目が4分21秒/km。
1時間33分11秒でゴールでした。
150812-02BL.jpg
150812-04BL.jpg
【1周目と2周目。足取りが違うなぁ…。】

150812-07BL.jpg
【それにしても毎年ランナー増殖され、すごい人。】

VSANO Triathlon 9. Aug. 2015
家から車で約30分という近場のVsano Adventureというスポーツ施設?で開かれたトライアスロン大会に参加。
しかし前日トライアスロンチームのK子氏との起伏に富んだコースで140kmバイク練習。
連日の追い込みは大丈夫かという不安があったが、アイアンマンK子氏の「余裕ですよ!」という言葉を鵜呑みにしてしまった。
もはや筋肉痛は翌日に出ないが、首と腰はガタガタで、かなり疲労がたまっている。
でもバイク練習中もずっと前を走り、自分のパンク修理中も10km多く走っていたK子氏も参加するため、前日の練習のせいにするわけにもいかなかった。
この施設、車が高速で行き交う幹線道路沿いにあり、こんな所でトライアスロン大会開催?という雰囲気。
駐車場をあけるのが朝5時(ちなみにスタートは6時30分)。
トライアスロンならば受付、バイクセッティング、コース説明等で準備が慌ただしいはずと思いきや、5時に到着した時には自分の車だけで人けもなく野良犬のみ。
本当に開催されるのか?開催される場所間違ってないか?心配になり何度も案内を見直す。
5時過ぎようやく会場の電気がつき、駐車場にも車が入ってきて一安心。
トライアスリートの主催者が土地を開拓して練習用?イベント用?に500mのため池を作った施設らしい。
20150809-06.jpg
華やかなトライアスロン会場とは違って素朴でいい雰囲気。
それに参加者は50人ほど小規模のため、受付なども混乱がない。
皆の準備が出来てからスタートしましょうという適当な感じ。
しかしトライアスロンを始めようと思っている人が対象の大会かと思いマウンテンバイクでの参加が多いのかと思ったが、やはりお金持ちのスポーツなのかタイ人のお金持ちらが体格に似合わない高級バイクを持ち込んでくる。
20150809-05.jpg
【場所に合わない高級バイクが結構並んでいる】
20150809-04.jpg
【なあなあな感じのコース説明】
ため池の水質はそんなに悪くない、水深は1.5mほど何とか足も着く。
20150809-14.jpg
最初の1ラップは250M地点で折り返し500m、次の2ラップは500m地点を折り返し1kmの計1.5km。
250mほど中央にコースロープが吊るしてあり、方向確認しなくてもある程度真っ直ぐ泳いでいるか確認できる。
前には数人、すぐ後ろにK子氏でスイムを終え、バイク。
20150809-15.jpg
620150809-16.jpg
【K子氏と並んで泳ぐ】
さすがに幹線道路は走らず、ため池の横のあぜ道を500mほど走り交通量の少ない田舎道へ。
20150809-09.jpg
5km弱の折り返しコースを4往復。
K子氏からぎりぎりドラフティング距離にならない距離を保ち交代しながら走って体力温存していこうという提案があったが
自分がK子氏についていけないのは明らか、じわじわ差が開く。
しかも途中一部の路面状況が良くないところ、減速の為に引かれている数本の白線の凸凹がアルミバイクのTTポジションでは振動が首にかかり辛い。
終盤の路面悪い所では、ドロップハンドルのブレーキブラケット部を握って上体を起こして風を受けながら辛さをしのぐ。
20150809-10.jpg
そしてラン。2.5km付近を折り返しで2ラップ。
この時間になると暑いし、給水も2.5kmおき。
前後の差も開きすでに順位も確定していてモチベーションがあがらない。
一人ランで落ちてきている人がいたので、終盤追いつくことを目標に頑張る。
20150809-11.jpg
20150809-13.jpg
結果 総合5位 年代別2位 2時間30分19秒。
年代別ではK子氏とのチームでワン・ツー・フィニッシュを達成できた!
(3分以上も差をつけられていたけれど…)
20150809-01.jpeg

次週の勝負レース ホアヒントライアスロンに向け、良い練習が出来たと思う。