緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



体重別ミニマラソン 2015
今年も67kg付近を行き来する体重。
この大会、67kg以下と68kg以上でカテゴリーが分かれ、毎年どちらで参加するか悩む。
昨年も60~67kg級にエントリーし入賞者の最初の計量で68.0kg、濡れたシューズを脱いでなんとか計量パスと慌てる場面があった。
にもかかわらず今年も見栄を張って60~67kg級にエントリーしてしまう。
計量で焦らない様に、過酷なダイエットを強いる事にした。
しかし難しいのは、前週にパタヤマラソンがあり、カーボローディングで炭水化物をたくさん摂る時期。
タイムが挑めないパタヤマラソンに向けての調整は無視。
入賞が挑めるこの大会、そして今後の大会に向け体重を落とす事にした。
その過酷なダイエットとは炭水化物をちょぴり我慢、大好きなビールでの晩酌をウイスキーソーダ割りに変えるというもの。
思ったより効果あり、2週間で65kg前後まで落ちた。
前日懐かしの友人との呑みでちょぴり増量したが、当日朝66.0kgで大会をむかえる。
朝もバナナ1本、スタート地点でも空腹感があったが10kmなら影響ないはず。
場所取りが悪かったのか?混雑に紛れ込んでしまったのか、すでに前にはたくさん飛び出している。
でもライバルも少なく、圧倒的に速いランナーもいない。
が、この大会西洋人が多く、レース序盤、中盤からありえない加速をしてくる。
前にいるランナーの背丈と体格を見定め、だいたい入賞圏内まで順位を上げる。
折り返し、まずは体絞ったタイ人の軽量級48kg~59kgのランナーが連なる。
そしてデカくスライドの長い西洋人。
自分のカテゴリーはちょうど軽量級タイ人とデカい西洋人の狭間で以外と層が薄い。
100m先に背が高いタイ人、そしてすぐ前の小柄な西洋人が同じカテゴリーで自分は3位。
前のバテた様子の小柄な西洋人は射程圏内で折り返し後すぐ追い抜く。
なんとか100m先のタイ人に追いつけないか?と粘っていると、背丈、体格も自分より若干大きそうな西洋人が追い抜いていく。
後からゼッケンでカテゴリーは確認できなかい。
微妙なサイズと思いながらも、ついて行けず見送るしかない。
あくまでも目標は背の高いタイ人。
僅かに100mほどの差が縮まっている感じはするが追いつけない。
7kmでようやく追いつく。
西洋人のように加速して、一気に諦めさせたいがそんな余力なし。
じわじわとしか離せない。
残り距離は後ろから追ってこないかビクビクしながらのゴール。
中盤追い抜いていった西洋人はひとつ上のカテゴリーで年代別1位の札を貰う。

しかしゴール後もまだ気が抜けない。
計量が待っている。
水や食べ物を摂りたいところだが我慢。
まず体重計にのり入賞登録を済ませる。
今年は結果63.6kgで余裕のパスで60~67kg級優勝!
20150726-03.jpg

20150726-02.jpg
【難なくトロフィーGETしたものの、後日、主催者側WEBサイトで結果みると自分のフィニッシュタイムがない…(汗)。なんかチップとの相性悪い自分(泣)】

【ちゃんと走ってますよ~(怒)】
スポンサーサイト
パタヤマラソン2015
憂鬱ながら、過酷なコースと暑さのパタヤマラソンに今年も参加。
嫌々ながらもここ数年連続して参加している気がする。
振り返ってみると走り始めの頃から9年連続でフルに参戦していた。
これだけ毎年走れば、パタヤ攻略のセオリーが出来つつある。
『パタヤではタイムは気にせず無理しない。』
調子が良くても、いつ何が原因で失速するかわからないのがパタヤ。
前半は、後半に脚を残すため柔らかい着地を心がける。
そして息が乱れない巡航速度を保つ。
たとえそれが涼しいマラソンシーズンのペースより2~30秒遅い5分ペースであっても焦らずに。
調子が良ければ、残り10kmくらいでペースアップでサブ3.5は見込める。
気候は、パタヤにしては涼しくベストコンディションに近い。
にもかかわらず折り返し付近で巡航ペースが5分2~30秒あたりになる。
後半のペースアップ、そしてサブ3.5も無理と早々諦め。
気持ち良く完走できそうな5分2~30秒あたりのペースをキープ。
給水所では曇り空でも水をかぶって冷やし、水、果物もたっぷり頂いてエネルギー切れを防ぐ。
結果、給水所以外では歩かずすんだ。
いつも果てしなく続くと感じる海岸線も…
いつも果てしなく登ると感じる丘も…
いつもよりちょっぴり短く感じた

タイムは3時間42分と遅かったが、
パタヤ終盤の苦しさもほどほどで、楽しめたと思う。
来年も嫌々ながらも10年連続フル完走目指して頑張ろう。
20150720-02.jpg


バンコクトライアスロン2015
20150704-06.jpg
昨年は開催されなかったバンコクトライアスロン。
やはり都心での開催は交通規制などで無理があるのだろうか?
もう開催されないであろうと思っていたバンコクトライアスロンがISUZUが主催者となり復活。
最近のISUZUトライアスロンに積極的に力を入れ、今年はThailand Tri-Leagueとしチャーム、バンコク、パタヤ、プーケットで大会を開催する。
20150704-01.jpg
以前にも増して華やかな大会に変貌した。
華やかさは表舞台だけで、スイムコースのチャオプラヤー河の汚水の酷さは変わらないだろうと思っていたが…
スイムコースを750mを2周の周回コースにし幅5m程のコースロープを設定。
そのコース内は徹底してゴミを取って掃除している。
狭いコースで込み合い必死と思いきや、申請タイム順で9名づつ10秒間隔でスタートさせる為、バトルや混雑が少ない。
スイムが苦手で100m 2分45秒以上かかると申請している人には、キャップの色も変え、浮き袋もつけさせる。
監視員も10m毎にいたのではないかと思うくらい安全面を徹底している。
水質は最近の雨の少なさか、以前より透明感があったように思える。
あまりにも快適に泳ぐことができ、以前のチャオプラヤーを泳ぐという醍醐味が薄れてしまったという寂しさもあった。
20150704-07.jpg

バイクコースはバンコクマラソンでお馴染みの高架道路を走る。
マラソンではつまらないコースだが、バイクで走れば路面状況も良くほぼ真っ直ぐなコースは快適。
片道は向かい風となるが、圧倒的なスピードで追い抜かれる。
見慣れたTri Dashの入賞常連者も、この大会では目立たないほど強者揃い。
路面状況は良いはずと油断していたのか、唯一アスファルト陥没していた場所に乗り入れてしまった。
ガツンと大きな音と衝撃が前輪から伝わる。
自転車が無事で~と祈りながら走り続ける。
その嫌な衝撃を忘れ安心した矢先、バイクの挙動が乱れふらつく。
みれば前輪が凹んでいるのがわかる。
やっぱり…。
ここまで調子良かったのに…。
何とかタイムロスを最小限に抑えるため路肩に自転車を止めひっくり返し急いでタイヤを外す。
ある程度パンク処理も経験しているし、5~10分でレース復帰できるはず…
と思いきや、携帯ポンプを取り出し、空気を入れようとすると空気が入っていかない。
焦るが時間だけ経過していく。
予備タイヤまでもパンクしているのか?あるいは携帯ポンプが壊れているのか?
いずれにしても終わった。
バイクに乗ることさえも出来ない。
バイクコース1周目の26km付近で棄権…。

丁度バイクコースの1周目Uターン付近。
スタッフが回収車を待つか?またはバイクを呼ぼうか?と声をかけてくれる。
次のトランジションまでは3kmほど。
歩いて戻ることにする。
次々と2周目を終えトランジションに向かうバイクが通り過ぎる。
ラマ8世橋の最上まで2kmほど歩いただろうか?
これまでスタッフ、警官、選手いろいろな人に声をかけられパンクしたと説明していく。
そんな中マウンテンバイクで来て応援していた人が、これ使うかと携帯ポンプを差し出してくれる。
空気漏れが携帯ポンプの原因ならば…と祈る気持ちで使ってみるとタイヤがみるみる硬くなっていく。
バイクであっという間にランへのトランジションエリアにたどり着く事ができた。
2周目走ってないのですでに失格だが、まだランを走る時間はたっぷりある。
折角なので走ることにした。
王宮周辺を走るのだが、土曜の午後近くは交通量、観光客が多い。
道を横断する時は必ずといっていいほど、交通規制で止められて時間ロスするが、
スイムコース、バイクコース、ランコースともに良かったと思う。
結果を見ると
スイム1.5km28分36秒 年代別(40-44男)5位
ラン10km 51分22秒 年代別(40-44男)3位
バイクを1時間40分前後で走れていれば年代別(40-44男)3位入賞圏内タイム。
パンクがなければ年代別3位に滑り込み入賞できたかもしれないと思うと悔しくてしかたない。
20150704-04.jpg


Twin Lotus Mini Half Marathon
20150628-2.jpg

1週間前のラマ9世公園で開かれたツインロータスミニ・ハーフマラソンの話。
この大会、最近のランニングブーム前から人気があり、数年前からすでに当日受付出来なかったと思う。
ようやく学習し、かなり早く申込みを済ませておいた。
賞金も出るため、タイ人の強豪も集まる。
ケニア人も2,3人いただろうか?
レベルが高いと、入賞意識して気負う必要なく、気楽に上位争いを観戦できるのが楽しみ。
4分30秒前後のペースを淡々と刻む。
気付けば、圧倒的な速さのランナーがいるものの思ったより多くない。
強豪が10kmのミニマラソンにも流れていることに気付く。
そして自分のゼッケンをみて、カテゴリーが5歳刻みであることに気付く。
あれ?ひょっとして入賞圏内?
ゴールしてみれば、4位の入賞札を手にすることができた。
賞金800バーツも!
20150628-1b.jpg
20150628-5b.jpg