緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Tri Dash June. 2015 今回は勝ち抜き戦!
バンプーゴルフ場での恒例のトライアスロン。
ただ今回は初の試みとして、勝ち残り戦らしい。
第1ラウンドは全員参加のswim400m bike20km run5km。
第2ラウンドは第1ラウンドの上位50%が参加できるswim200m bike10km run 2.5km
そして最終ラウンドは上位8名でswim100m bike5km run1km。
目指すは、AKBの神7になぞらえて神8と勝手に呼ぶことにする上位8名の最終ラウンドまで残ること。
ただ今回は、スイムの順番がいつもの最終グループからその10分前のグループになっていた。
とうとう降格されたのか?あるいは速い人達が多いのか?
最終ラウンドまで残れるか不安を抱える。
第1ラウンドはパンクでもしない限り通過は余裕だろう。
最終ラウンドまで見据えて体力温存か?
でも第2ラウンドまでは体力回復の時間もたっぷりあるし、距離も短いので、そんな気負いして策略をめぐらすこともない。
潔くその場しのぎで頑張ることにした。
まずは第1ラウンド。
強豪がいるであろうスイム最終組のグループを考えると、この組ではトップ付近を維持したい。
自分の泳ぐ順番は7コースの先頭。
前を気にする必要なく泳ぎやすいが、左右の人がが先行している様にみえる。
最近の練習の成果か後半ペースダウンすることなくスイムを終える。
続いてのバイク。
同じグループにも、後続のグループにも10人くらいには追い抜かされただろうか?
そしてラン。
今度は数人は追い抜き返しただろうか?
そして長いチップ結果待ち。
食糧や水分補給、プールでのアイシング、ストレッチをする時間は十分にあったが、それでも待ち時間が長く体がガチガチに固まって、何かの拍子で攣りそう。
第1ラウンド通過タイムは1時間29分台らしく、自分は1時間8分台でまずは順当に通過。
それより気になるのは順位。
この順位次第で、最終ラウンドも意識しなければいけないのか?あるいは第2ラウンドまでと諦めつくのかある程度の判断基準になる。
結果6位。
とりあえずの神8圏内。
第2ラウンドも気合いで頑張るしかない。
タイム遅い順に1コースから4名ずつ並んでいく。
7コース、8コースのメンバーが第1ラウンドの上位8名。
マークすべき相手は、だいたいここでわかる。
スイム200m。
第1ラウンドと異なり、レベルがぐっと上がる。
後から追いつかれ脚を触られゾッとするも、前の一人を追い抜く。
続いてバイク。
また数台に追い抜かされる。
中には同じチームのI藤氏にも。
すでに神8から脱落していることは明らか。
何とか見える距離でバイクを終え、ランで巻き返しを図る。
20150621-01.jpg
20150621-08.jpg

結果6位通過。
これで最終ラウンドまで残れたという達成感は味わえた。
そして華やかであろうファイナルラウンド…。
のはずが、もう皆帰り支度で誰も見ていない。
でもスイムでは1コースを一人で泳ぐという今までにない贅沢感を味わえる。
スイムは7位通過。
でもバイクへのトランジション後ではすでに8位。
苦手のバイクで張り合えるわけでもなく、差は広がるばかり。
そしてランへのトランジション。
3ラウンド目となると疲れと暑さで脱水症状気味なのか脚が攣りやすくなっている。
中腰で濡れた脚でのランシューズへの履き替えは、なかなか難しく両足が攣る寸前。
ランでの巻き返し…と思うも最終組はランのレベルも高い。
そして1kmという短さではすでに差を縮めることもできない。
結果8人中断トツの8位。
何分か後でスタートしている女性トップにも一人タイムで負けている情けない結果。
最終戦まで残れた喜びよりも、最終戦の不甲斐なさ、悔しさのほうが大きかった。
20150621-05.jpg

スポンサーサイト
Super Sports 10miles International Run 2015
先週まさかのハーフで歩くという失態をおかし、今回は走り切れるかという不安を抱えのぞんだバンコク中心部で開かれたスーパースポーツ主催の10マイルレース。
同日には、強豪が集う賞金レースのラマ8世橋での大会。
そしてカラフルでオシャレな参加ウエアが人気のルンピニ公園でのレインボーラン。
バンコク都内であも3か所大会がありランナーばらけると思っていたが…。
10マイル部門枠で5000人という余裕の定員も満員となるほどのランニングの人気が過熱している。
大半が若い子ばかりで目の保養にもなる。
完走後、完走メダル片手にスマホで自撮りしている姿は微笑ましい。
朝5時スタートでも会場のセントラルワールドを出た直後の大通りが車渋滞。
5000人が車と車の隙間をぬって走るというまさかの状況。
参加人数が多くて誘導しきれなかったのか、終盤コースを間違うランナー多数。
自分の今回の目標は歩かない。
10kmまでは抑えて走る作戦。
振り返ればいつも走遊会のK村氏。
「あいつハーフに続いて10マイルでも歩いてた」という走遊会の笑い種になるわけにはいかない。
そんなプレッシャーで気持ちが切れることなく、イーブンペースで走り切れたのが良かった。
結果1時間09分。
総合23位 年代別8位(上位にもショートカット疑惑のランナーもいて実際は6位か…?)
20150614-1b.jpg
【この直後から車の渋滞の中を走らされる。前のほうからスタート出来て混乱少なくて良かったものの、後方のランナー達は悲惨…】

20150614-2b.jpg
【ほぼイーブンペースで走れ満足。次は月末のツインロータス・ハーフでリベンジ!!】


アントン県でのハーフマラソン(走りきれてないけど…)
20150607-1.jpg
アントン県の巨大な大仏のある地獄の光景が広がるお寺で開催されたハーフマラソンに今年も参加。
スタート前の顔ぶれで年代別入賞きわどく厳しいレースになると焦ったのか。
スタート直後で飛び出すランナーが僅かなのを見て、入賞圏内維持しなければというプレッシャーがあったのか。
序盤並走するランナーの息遣いが荒いのに惑わされ、自分もオーバーペースで走っているのに気付かなかったのか。
折り返しでは年代別4位。
2~300m後ろには同年代ランナーが軽快に走っていて逃げ切れるか不安があったのか。
自分のペース感覚に反してキロ5分まで落ちていくペースに動揺したのか。
案の定、同年代ランナーにも追い抜かれ年代別5位に下がって気持ちが切れたのか。
まだ入賞圏内にいて6位とは差がわからないほど距離があったはずなのに、いずれ追い抜かれるだろうとあきらめてしまう。
気が付けば、脚のバネがまったくなく、身体が重い。
ペースが更に落ちていくし、心拍は上がりっぱなし。
一度給水所で気持ちを落ち着かせようと休憩しようと立ち止まる。
入賞あきらめてジョギングしようと走り出しても次の給水所が遠い。
また給水所で休憩し、走り出すも次の給水所までジョギングでさえたどり着けないのではないか不安になる。
で、歩いてしまった。
心拍が落ち着くまで歩くことにするも、1~2km歩いても落ち着かない。
給水所で十分に休んで、再び走ろうとしても予想以上に脚が重く、また歩く。
体調不良や故障でもない。
フルマラソンの失敗レースの終盤と同じような苦しい状況。
まさかハーフで経験するとは、情けない。
ハーフは無理だったけど、次週の10マイルだったら走り切れるだろうか…。
20150607-2.jpg
【どんどん落ちていくペース…。結果2時間…。】