緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Tri Dash May. 2015
仕事が忙しかった5月。
(で、ブログの更新も大幅に遅れ…。)
皮肉にも休日出勤途中、パッタナゴルフ場で開かれていたトライアスロン大会のバイクパートの交通規制にひっかかる。
車窓から眺めるトライアスロン。
客観的に見てもカッコいい。
とても自分が同じ競技をしているとは思えなかった。
その大会の前週の5月10日、忙しい合間に参加した恒例のバンプーゴルフ場での短いトライアスロン。
これまでのシーズンポイントは5位と健闘してることに驚く。
season point
上位二人は圧倒的な力の差があり、自分の得意とするランでも歯が立たない。
何とか3位、4位のタイ人を追い抜きトップ3位の仲間入りできないものか…。

最近この大会には偉そうに重役出勤。
受け付け6時開始でスイム最初の組が7時スタートというスケジュールなのだが、自分の会場到着は7時。
それでも自分のスイムは最終組でスタートまでに1時間ほどあり、十分に準備できる。

練習不足でも距離が短い分、苦手のバイクで致命的な差はつかないだろう。
できればトップ5を狙いたい。
前週のマラソンで暑さを経験していたせいか、暑さはそれほど苦にならなかった。
でもタイムは1時間8分25秒で8位
ベストより約2分遅い。
やっぱり暑さのせいにしょう。
result.jpg

【目立つバイクの遅さ。上位に太刀打ちできるような高級バイクあれば…とバイクのせいにしよう。】
【エリートランナーのHenrikさんも初参戦で6位!? ランパートであり得ないスピードで追い抜かれた…。】
スポンサーサイト
アンパワー水上マーケット12.8K
水上マーケットで有名なアンパワーで開かれたミニマラソン12.8km。
4月は日本に行ったり来たりで、練習不足そして体重増加。
快適な日本からだらしない身体となってタイに戻ってくると、暑さで練習さえもまともにできない。
翌週のトライアスロンで地獄をみない様に、暑さのなか追い込むことを課題とする。
バンコクから1時間弱と離れているし、タイも連休真ん中だし、こんな暑い中走ろうと思うランナーは少ないはずと当日受付余裕だろうと会場へ向かう。
しかし会場はランナーで溢れ、そして受付では当日受付できる雰囲気さえもなく、同じく当日受付狙いで来たランナー達が路頭に迷っている。
恐るべしタイのランニング人気。
しかも同日にはこの暑い時期に10時間マラソンも開催されてそちらも早々と定員達したと聞くから驚かされる。
ゼッケンなしで走るか…と諦めてたところ、タイ人ラン仲間にゼッケン1枚余っているタイ人を紹介してもらい幸運にもゼッケンをゲット。
20150503-01.jpg
朝6時スタート前で27℃とすでに暑い。
この暑さのなかでは4分30秒くらいのペースでまとめれば合格だろう。
スタート直後の込み合いを抜け追い込んで走るも、前には数十人先行している。
ランニング人口が増えた分ランナーのレベルも上がっているのか?焦る。
コースは大小さまざまな橋の嫌なアップダウンが続き、それに12.8kmという微妙に長い距離。
そして暑さ、過酷な展開が予想される。
追い込んで走るのは危険過ぎる。
もし途中で歩いたら灼熱の中次の給水所目指して彷徨わなければならない。
完走を目指す為、体力と相談しながらレースを組み立てることに意識するも暑さで朦朧としてくる。
そんな中いいペースで並走してくれるランナーがいて、心折れずに走れた。
どんどん強くなる日差し、早く暑さから解放されたい一心で踏ん張り57分17秒でゴール。
周回コースの為、自分が何番目を走っているのか分からなかったが、40-44歳の年代別4位入賞。
譲り受けたゼッケンが無駄にならず良かった。
レース後水浴びをしても、表彰式の頃にはまた滝のように汗が出てくる。
ホント暑かった。
20150503-02b.jpg
20150503-03b.jpg
【ベンジャロン焼きのトロフィーは嬉しい!ゼッケン譲ってくれた方に感謝!】