緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



名誉ある棄権か?完走の美学か?
ランシットの自宅前の道がハーフマラソンコースの一部となっている最寄の大会があるにもかかわらず、自宅から約90km、車で1時間30分離れたナコンパトム県のカセサート大学で開かれるスーパーハーフマラソン32kmに参加。
大会運営はタイ人から不人気のタクトチーム。
不人気のゆえ参加者少なく入賞が狙えやすし、年代別カテゴリーが3歳刻みと狭い。
参加費が700バーツと割高なのは、デカくて気味悪いトロフィー代込みか?
今回が走遊会T下会長の駐在期間のラストランということで、このデカいトロフィーを走遊会で独占しようと盛り上がっている。
自分も当然そのデカくて気味悪いトロフィーを持って帰るつもりだったのだが…。
150322-01.jpg

暗い、直前の大雨で木が倒れているなどの理由でスタート時間が30分以上遅れたり…
チェックイン時間にようやくコース案内表示の看板や水を積んだトラックが出発していったり…
このくらいのことは、タクトチーム主催の大会では、普通らしい。
そしてスタート。
大学敷地内で外灯がなく、まだまだ暗い。
スタート直後からトレイル?と思わせる不整地が続く。
たぶん考えていなかったのであろう直前の雨で地面はぬかるみ何度も足が滑る。
ずっとこのまま不整地を走らされるのかと思ったが、ようやくの舗装道。
足の裏について重くなった泥を地面にこすり付けて落とす。
そして先週勝てなかった年代別4位のランナー(自分は8位)と並走。
今回は3歳刻みの為カテゴリーが違い敵対心を持つことはない。
それに十分入賞圏内だろうと余裕をもって走る。
それが10km過ぎ右のふくらはぎが張った感じで着地の度に痛みを感じる様になる。
走っていればそのうち回復するだろうと楽観する間もなく12km付近で突然プチッと嫌な感覚がふくらはぎに生じる。
この感じ数年前に途中棄権したチェンマイマラソンで味わった事がある。
「肉離れっぽい…」
ただチェンマイの肉離れは歩くことも困難で復帰にも1~2ヵ月要した。
今回は、ふくらはぎの筋を伸ばさない様にゆっくりなら走れる軽い症状。
ここから「名誉ある棄権」か「完走の美学」のどちらを選択するか悩みながらゆっくり走る。
「残り20kmゆっくり走るにも距離長すぎるだろう」
「入賞がなくなったらこのレースを走る意味がない」
「悪化しないうちに早くやめて、次のレースに備えるべき?」
ここは「名誉ある棄権」か…と思う一方
「走れるのに棄権って?そんなプライドってまだあるの?」
「途中棄権って後ろめたさで精神的にあと引くぞ~」
「完走した仲間の話題について行けないぞ~」
とりあえずしばらくは走って考えることにした。
ペースはキロ4分30秒から、キロ7~8分へ。
地面を蹴り出すと痛みがありスピードを上げることはできないが、キロ7分ペースくらいなら痛みはそれほど感じない。
給水所ではふくらはぎのサポータと脚の間に氷を挟み込んだり、水をかけたりアイシングしながら走る。
走遊会のメンバー、他のランナーも大丈夫?といった暖かい声をかけてもらう。
自分はもうすっかり心拍数も落ち着いて体が冷えない程度のお気楽ジョギングなのに気遣ってもらって申し訳ない。
前日の雨で、この時期には珍しく涼しく気持ち良いジョギング日和。
いつもなら追い抜かれないであろう人たちが前を行く。
皆一生懸命それぞれの目標に向かって頑張ってるんだなと良い刺激を受ける。
自分も完走を目指すことにした。
トロフィーは貰えなくても、いい経験ができた。
やっぱり棄権せず、完走目指して良かったと思う。
それに肉離れ?の症状もホント軽く翌日には完治した感じでホント良かった。
150322-02b.jpg
【走遊会ですでに梱包済みトロフィー独占。自分は貢献できず凹】

【結果 フルマラソン?】
スポンサーサイト
アユタヤでのスーパーミニマラソン17km ってハーフマラソンでもマイペンライじゃない?
仕事がちょっぴり忙しく最近練習不足。
生活習慣も乱れ、休日に自主練で早起きする自信がない。
大会であれば、緊張感で早起きできるかも…と手頃な大会を探す。
アユタヤで16km(当日は17kmに修正)のミニマラソンがあるらしい。
だけど案内はタイ語のみ。
外国人にはハードルが高い。
そして場所は…あまりにも地図雑づぎないか!
150315-map.jpg
それにいろいろウエブサイトを探しても、この大会の案内が記載されてたり、なかったりで本当に開催されるのかも怪しい。
でもこうした広告下手な大会嫌いではない。
参加者少なければ入賞の確率が上がる。
それに16kmで参加費200バーツと割安。
(キロ当たりいくらという尺度間違っていると思うのだが…。)
そしてトロフィーにはランナーがのっかっているのではなく、何故かムエタイ選手がのかっている。
150315-01.jpg
きっとこの地区で有名な人なんだろう…。
でもこの異色なトロフィーが欲しい。

会場はアユタヤでも北に隣接するアントーン県近く。
到着500m前くらいまではホントに大会開催されるの?といった感じの静けさだった。
トロフィーのモチーフとなっている選手のモニュメントがあり、学校がある。
校庭?にはムエタイのイベントがあるらしくみすぼらしいリングの設立が始まる気配がする。
やはり参加人数は少なめか?
しかし同年代の40代で勝てない相手すでに3名発見。
うち二人は今年から40代に上がった強者、去年の40代ルーキーイヤーの恩恵は終わった…。
残り2枠。
ウォームアップから速そうなランナー体型の同年代を見定めておく。
体型から判断すると、皆自分より速そうですっかり自信を無くしてしまった。
15分遅れの6時15分スタート。
すでに明るく、何人のランナーが前を飛び出しているかも確認できる。
想定通り勝てない3人は既に先行しているのが見えた。
そして並走しているランナーも同年代。
序盤から入賞瀬戸際の攻防が始まり、気が抜けない。
そしてアユタヤといえば犬。
何十頭も見かけ吠えられるも時間帯が遅めの為か、沿道にも応援の人も多く、飼い主らが犬の追っかけを抑制してくれる。
相変わらずの二人で並走が続く。
相手の呼吸、表情、足の運びなどを時折確認。
相手は沿道の応援に応えたり、犬に追いかけられるのを抑制してくれたり、そして車が来たから危ないから寄れと案内してくれるなど周りが見えてる余裕を感じる。
でも昔からの入賞常連者ではなく、面識はない。
経験の浅さで後半失速するのを期待しょう。
そして中盤の7km過ぎ。
別の40代のランナーが並んで来る。
明らかにスピードが速い。
聞けばスタート時トイレで出遅れたらしい。
すぐに見えなくなる。
また入賞枠が減った。
アユタヤマラソンのコースにもなっているナレースワン王記念碑を折り返し。
ここで年代別順位を確認するとやはり併走している彼と6位と7位ですでに入賞圏外。
上位5名はペース落ちそうにもないし、並走の彼にも失望感があった。
自分もペースも落ちる…。
後半流そうと思っても、彼がまだ自分にペースを合わせてくる。
前半の張り詰めた感じはなくなったが、お互い励まし合いながら、フィニッシュしょうという意図か…。
自分も踏ん張ってペースを合わせる。
でも残り3km付近でまた別の40代に先行される。
「自分はダメだけどついて行け~」といった感じで促されるも、そんな余力ないしここまで一緒にきたから見捨てるわけにはいかない。
そしてフィニッシュラインがみえた。
お互いの健闘を称え、最後は握手でもと彼をみると、
150315-02b.jpg
まさかのラストスパート…。
3150315-02b.jpg
えっ?
150315-09.jpg
【日本人特権でゴール直後、大会主催者に奥のミスアユタヤ?の綺麗なお姉さんと写真撮ってもらった。手前の偉い?オバサンも一緒だったけど…】
150315-10.jpg
【若きムエタイ戦士?ムエタイ関連の学校なのだろうか?】

【結果。やはり入賞諦めてからペースも落ちている…】
Tri Long Dash 2015.3
20150301-01b.jpg
【これまで一緒に大会を楽しんできた主要メンバーの何人かが帰任。チームのレベルが上がってきただけに寂しい。。。】

バンプーゴルフ場で開催のTri Long Dash。
ロングといってもオリンピックディスタンスより短い
スイム800m バイク40km ラン10km
ウェーブスタートのスイムではほぼ最後尾からのスタート。
プールでは同じコースで10秒先行してイケメン俳優のNavin Tarさん。
1月のレースでは何とか1秒差で勝利していて、好敵手。
前回の結果では、スイムは力の差なく変動なく終わる計算だった。
それがイケメン俳優Tarさんがスタート順番の勘違いで数秒遅れスタートし、すぐ後ろで泳ぐことが出来た。
ドラフティング効果で体力温存できラッキーかと思うもつかの間、すぐに離され、最終的には十数メートル離された。
スイムパート 16分36秒 24位
続けてのバイク。
トランジションではイケメンを拝むことはできたが、バイクを漕ぎ出す時にはもう見ることはできないほど速く、力の差は圧倒的。
バイクパート 1時間12分48秒 20位
そしてラン。
この時間帯では殺人的な暑さで、得意のランなのに追い込めず歩かず走るのが精一杯。
給水所でのスポンジ、水を摂らないと生死にかかわる。
イケメン俳優とも1kmほどの差が縮まらなく、何とか完走したつもりが…
ランパート 44分00秒で3位!!!
周回数え間違えたかと思うほど、上位で驚く。
結果2時間15分30秒 総合6位
ちなみにイケメン俳優Tarさん2時間12分18秒 総合5位
シーズンポイントは逆転され8ポイント差。
Narvin Tarさん博士号も持っているらしく知的だけどおごらず、謙虚で清々しい好青年。
20150301-02.jpg
【可愛い彼女?高級バイク、そして速い…】
何一つ勝てない…。
嫁も娘も彼を応援しているが、オヤジ卑屈にならず、ひたむきに頑張るしかない。
20150301-03.jpg
【爽やかの欠片もない必死さ…】