緩走記@タイランド
メタボ脱却?からサブ・スリー目指して…タイで走り始めたマラソンの話題中心に、マイペースで書いていきます。トライアスロンも始めました。
プロフィール

アシックサ

Author:アシックサ
これまでのフルマラソン成績
2005.11 Bangkok 4:49 初フル
2006.11 Bangkok 5:46
2007.07 Pattaya 5:05
2007.11 Bangkok 3:45 サブ4達成
2007.12 Ayutthaya 3:54
2007.12 Chiang Mai 24km途中棄権
2008.07 Pattaya 3:27 サブ3.5達成
2008.11 Bangkok 3:16
2009.01 Khonkaen 3:16
2009.07 Pattaya 3:25
2010.01 Chombueng 3:19
2010.01 Khonkaen 3:20
2010.04 Songkarn 3:29
2010.06 Nakornnayok 3:4?
2010.07 Pattaya 3:28

2011.01 Khonkaen 3:16 自己ベスト
2011.07 Pattaya 3:29
2011.12 Rayong 3:28
2012.02 Bangkok 3:55
2012.07 Pattaya 4:07
2012.11 Bangkok 3:48
2012.12 Rayong 3:32
2013.01 Chom Bueng 3:31
2013.07 Pattaya 3:55
2013.11 Bangkok 3:28
2013.12 Ayutthaya 3:20



JogNote



Countdown



カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



ご訪問者カウンター



Nong Sua 病院 ミニプラスマラソン 14.2km
自宅から車で30分ほどの病院で開かれたミニプラスマラソン(で、14.2km)に参加。
参加費無料で賞金を出すという大盤振る舞い。
どれだけ大きな病院かと思いきゃ、こじんまりとした田舎の病院。
看護婦さんらが受付をするアットホームな会場だった。
(無料のためか完走メダルも入賞トロフィーもなし)
大会案内がタイ語のみで外国人には敷居が高く、日本人は自分一人か?
それでもケニア人が賞金狙いで数人参加している。
この大会、先行で自転車の部門もあり、参加資格として変速ギアのない自転車。
病院だから車イスかと思いきゃスタートラインに並んだのはママチャリや子供用自転車。
微笑ましいが、ライトや安全灯がついていない自転車で子供やおじちゃん、おばちゃんが暗闇に集団で飛び出していくのは危険過ぎる。
その為かスタートは明るくなり始めた6時20分頃。
スタートラインに並んでいると後ろから車が通るので道を開けてとアナウンスで後ろに気を取られていると、いきなり前が走り出している。
スタート直前まで二人でスマホの音楽をひとつのイヤホンを共有するバカップル、
前列に並んでスロースタートするオジサン、オバサン、
そしてジグザグ走行、ストップ&ゴーをかける子供達。
短い距離の部も同時スタートなので、初心者が多い。
道幅もそんなに広くなく追い越しに苦労する。
ようやく、顔見知りがいる集団に追いつく。
女性のタイ人トップ集団。
賞金レースだからだろう。女性の強豪が集まっていた。
安心のペースで華やかな集団で走っていたいと思うが、
後ろから追いつく様に走っていたので、スピードを落とすことも出来ず、前に出る。
前半は誰にも追い越されず走っていたのに、唯一年代が同じランナーに追いつかれ離される。
そして折り返し。
ケニア勢。
何か一般のゼッケンとは違うゼッケンを付けている。
総合順位だけを争う総合枠があるのか?
それとも海外枠?
だとすると自分も海外枠で走らないといけないのでは…。
でも受付の時は普通にアルファベットで名前を書いて、普通にゼッケン貰ったし…。
入賞圏内かも分からないので深く考えないことにする。
そしてタイ人の速い集団。
その中には、30代の四天王と呼ばれるランナーが同じカテゴリのゼッケンで走っている。
そしてまだ30代と思っていた圧倒的な速さのランナーが同じカテゴリーのゼツケン?
彼らいつの間に40代に?
他にも40代のシリアスランナーが続く。
やはり賞金レース。レベルが高い。
あっという間に入賞枠が埋まっていく。
諦めてた所、折り返しで先程唯一追い抜かれたランナーが5位であることが判明。
そしてそれほど差が開いてない事に気づく。それどころか、差が縮みつつある。
ついに並んだ。
彼の荒い息遣いを聞いた時、勝てると確信。
ここでスピードを緩まる訳にはいかない。
追いかける気をなくすくらい離さなければ…。
前にもゼッケンなしの背が高い若者二人。
多分カテゴリは違うのだろうが、不安要素は少しでも拭いたい。
前に出るが、一人の若者の闘志に火がついたのかまた追い抜かれる。
頑張って後ろにつく。
ついていかなければ気持ちが折れて、ズルズルとペースが落ちていきそう。
気持ちを切らさない様に集中。
そのうち落ちてきたケニア女性に追いつく。
頻繁に後ろを気にする。
後ろが見えないところではペースを落とし、そうかと思えばいきなりペースが上がる。
靴ひもも両足ほどけている様に見えるし、蹴り脚も自分の腰の高さまで上がってくる。
フォームもいろいろ気になるし、イーブンペースではないのでついていくのが難しい。
そのうち併走していた背の高い若者もいなくなり、ケニア女性に頑張ってついていく。
正直しんどいが、気を抜くと後ろから追いつかれそうで…腕を振るなどしてペース落ちない様に踏ん張る。
田舎道で車もなく、コースを楽しめそうだろうが、景色を見る余裕すらない。
ラスト2kmケニア女性がスイッチを入れたのか、自分のペースが落ちたのかあっという間に差が開く。
後ろの気配も無かったし、4分20秒くらいのペースで走っていれば追いつかれることはないだろう。
最近ミニマラソン走っていなかった為か、久しぶりの苦しいレースだった。
そして、折り返しで確認していたとおりの5位の札を頂き、普通に入賞登録。
表彰式ではインターナショナルの部でケニア人がアナウンスされる。
やはりインターナショナルの部があるのか?
ひょっとして外国人の自分は入賞資格ないのでは?
タイ人に指摘、非難されて失格となってしまうのでは?焦る
でも普通にタイ人枠の5位で名前を呼ばれ、普通に表彰台でCongratulations!と言われ賞金の千バーツ頂いてしまった。
そして封筒に書かれていた内容…
31~49歳の部 5位。
30歳代も同じカテゴリーだったとは…オッサンよく頑張った。

【久しぶりにガーミン復帰。やっぱり距離とペースが分かるって素晴らしい!!】
スポンサーサイト
アユタヤマラソン2014
約1ヵ月前のバンコクマラソンは練習不足と直前の発熱で課題のサブ3.5は絶望的と判断。
(結果3時間36分)
年内にフルマラソンでサブ3.5達成したくバンコクマラソン前日に受付していたアユタヤに嫌々ながら参加してみる事にした。
嫌々というのは、コース大半が暗闇で野良犬に追いかけられるコース。
おまけに途中のチェックポイントでチップが計測されず失格となってしまった忌々しい大会。
もう二度と参加しないと思ったが、今年はコースが大幅に変更との情報。
改善されている事を願って、2014年最後のフルをサブ3.5目標として参加を決める。
サブ3.5目標と掲げているにも関わらず、相変わらずの少ない練習量と意気込み。
無理だったら来年のコンケーンで!と申し込み済ませ、予防線も張った。

前日会場にゼッケンを受け取りに行くと、チップがついていない。
今年は怪しいチップが無いらしい。
ニンマリ。
そして当日参加者が去年と同じように少なくニンマリ。
補給のジェル、ワセリンそして携帯ライトまで久しぶりにフルマラソン用に準備満点で臨んだつもりが、肝心の勝負靴アシックスターサーを自宅に忘れてしまった。
運よく車にあったトレーニング用のミズノウエーブスペーサーで臨む。
会場では、数年前からフルマラソンでタイムと年齢が近いS木氏と会う。
ただ先月のバンコクマラソンでは3時間17分というタイムで走っていて、明らかに走力が上がってそう。
勝てる見込みはなく入賞枠ひとつ減ったことに落胆する。
(結果S木さんがサブ3で総合優勝。)
でもまわりには速そうなタイ人がいない。
あとは走力予測不可能な白人ばかり。
スタート最前列も大会写真狙いのおじさんばかり。
スタート直後もすぐに視界が開ける。
めったにない機会だし先頭走ってやろうかと思うも、トップには身軽な若者が出てついていけないのは明らか。
2番手で追いかけてるとトップの若者がスタート直後の交差点を左折。
ん~直進じゃない?
確かに誘導員が立っているが、適当な立ち位置と誘導で紛らわしい。
止まって後ろを振り返ると皆もどっち?と戸惑っている。
直進という結論に達し、数メートルのロスをしてスタートダッシュ失敗。
前から数番目という順位になってしまった。
20141214-01.jpg
【先頭から2番目で飛び出すも、コース間違いでスタートダッシュ失敗…】
S木氏との雑談しながら走るが、タイ人二人を含んだ小さな集団のペースはスタート直後でもついて行けない。
あきらめてスタートからすぐに単独で走ることとなった。
遺跡のまわりを回っている様だが、暗闇でまったく景色は見えず、コースはくねくねしていて走りづらい。
そのうえ犬の遠吠えが連呼する恐怖。
出来れば集団で走りたい。
犬に威嚇されながら、いつ追いかけられるか冷や冷や怯えながら走る。
去年のコースはこの暗闇+犬の恐怖コースが長かった。
今年は短く序盤でため池の傍にあるナレースワン王記念碑に到達。
暗く記念碑の上にある王様の像がみえる時間帯でもなく、見えるのはコース沿いにある巨大な闘鶏の像くらい。
ため池沿いの道を折り返し点に向かって走る。
風が強い。でも涼しく快適で汗はかかない。
暗闇でゼッケンでの年代は確認できないがトップは白人。
総合で数番目くらいの順位だろうか?
折り返しを機に後ろから2~3人に追いつかれる。
頑張って並走。
一人はペースが同じくらいのよく見かける30代後半タイ人。
そしてもうひとりはウルトラやトレイルによく参加している60代の有名な白人。
きっとこの熟練白人ランナーがいいペース配分で走ってくれるはずと期待して
しばらくこの3人で走る。
そして涼しい。涼しいだけでこんなにも走りやすいとは。
100kmくらいこのペースで走れそうな気がする。
21km地点で1時間37分。
この時点で一緒に走っていた二人が止まって給水するようになり、ぶつからない様自分が前に出る。
ランナーズハイか調子が良く、残り半分ペースを上げて突っ込もうか?それとも30km付近まで我慢するか葛藤。
まだ冷静さが残っていたのか、我慢することを選択。
25km付近、メナム河を渡る橋。
ちょうどこのタイミングで朝焼けが始まり、眼下には優雅に流れるメナム河と壮大な景色を味わえた。
ただ真横を走るトラックの爆音と排気ガスが残念だったが…。
そして橋をわたると、向かい風区間が3kmほど続く。
ペースが落ちているのは風の影響なのだろうが、疲労から脚が重くなったと錯覚してしまう。
風よけにしたい背の高い白人が遠くに見えるが、まだまだ先。
反対車線ではサイクリングを楽しんでいる集団をたくさん見かける。
彼らは追い風できっと快適なサイクリングを楽しんでいるに違いない。
そしてまたまた犬区間。
日が昇り明るいので前にいる白人が犬に追いかけられているのもわかる。
そして自分も…。
犬の群れにも縄張りがあるようで、追いかけてくる犬を振り切ったと思えば、次の群れが待ち構えていてまた追いかけられるの繰り返し。
追いかけられる度に心拍数が上昇し、フル終盤に強制的にインターバールを強いられられた。
日本人村を感慨深く通り過ぎ、アユタヤの町を抜けようやくハーフやミニと合流。
遺跡の間を駆けぬける良いコース。
皆ゆっくりペースで楽しそうに走っている。
ここまで続いた地味なフルの孤独感とはまったく別世界。
せめてフルのランナーを尊敬の眼差しで見られていると思いこんで、軽快に走ろうと心がける。
すでにゴール付近の賑やかさは感じるのだがフルは距離合わせ為か、ハーフ・ミニが右折してゴールへ向かう道をフルは1kmほど直進。
フルとハーフの人混みで分からなかったが、2~300m先にランナーが一人見えた。
序盤トップを走っていた白人だとわかる。
ここまで順位が落ちてきたということはペースが落ちているにちがいない。
勝機あるかもと残り僅かな距離も頑張るが、なかなか差が縮まらない。
追い抜く事は諦めたが、時計はまだ3時間十数分。
3時間20分切れるんじゃない?とラストスパートをかける。
そして3時間18分30秒。
年代別3位の入賞札を渡され、今年は丁重に受付へ案内され、すぐに入賞登録完了。
チップ結果発表まで長く待たされたあげく、まさかの失格となった去年とは大違い。
入賞できて去年の悔しさも晴らせたし、運営、コースも良い大会となったと思う。
後は犬の問題を解決してくれれば、申し分ないのだが…。
20141214-04b.jpg
【日本の若手とラストスパート勝負。元気を貰えた!】